千思万考・なじらね掲示板&ブログ

15’秋RGレース連盟総合序列●クリック
16’春RGレース連盟総合序列●クリック
16’春PNレース連盟総合序列●クリック
16’桜花賞レース連盟総合序列●クリック
17’春SCレース連盟総合序列●クリック
17’春RGレース連盟総合序列●クリック
17’春PNレース連盟総合序列●クリック

月日():
 福江365日+:            
月日():
 福江365日+:            
3月27日(水)曇り:
 福江365日+:約二ヵ月半の書き込みになります。最近は書き込みがおろそかになっていますが、私は至って元気に頑張っています。今日ゴメール氏より、ジョス エンゲルス氏がなくなった言う悲報が入りました。兄のジョス氏には大変御世話に成りました、奥さんが亡くなられてから急に元気が無くなり、自分の持分の鳩は弟のジュール氏と分けて残りの鳩はオークションにかけられました。処分寸前まで気にかけて頂き有難かったです。御冥福をお祈りいたします。レースが終了すればベルギーに行くのでよって期待と思います。本当に故ジョス氏は優しく、私のことを良く理解してくださいました、ありがとうご冥福をお祈りいたします。合掌             
1月5日(土)雨:
 福江365日+:2日から巨匠ジノ クリケファミリーを東京まで迎えに行き4日まで有意義なお付き合いが出来ました。疲れているので詳しい話は後ほどにして、当鳩舎はバルセロナ LOFT JAPANについてジノ レーシング ピジョンJAPAN名を戴きました。ジノ氏、私の部屋に飾ってあるE・リンブルグ(ランブール)氏から頂いたナショナル(KBDB)のメダルの多くに驚き!ジノ氏が言う!私もKBDBから頂いたメダルをプレゼントしようと話してくれた、嬉しいことです。感謝&感謝です。勝と言う名のお守りをお互いに持ち、今年度の活躍をお互いに誓いました。            
1月1日(火)曇り:
 福江365日+:2019年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。毎年、参拝後には神社でおみくじを引くのですが、今年はなんと、色事には特に気をつけるようにとありました、神様は良く見ておられる、今年は、夜の蝶には特に気をつけなければと天を仰ぎ、其の人数を心の中で数えましたが、数えるほどは居なかったので安心、念のため、ズボンのベルトはトイレ以外にはけして外す事のないようにと、玉と肝にシッカリ命じました、その様子を隣で見ていた家内は大笑いをしていたけど。此の歳になると色事は?、今年は年男ですが、運勢が悪いので慎重かつ落ち着いて行動をしたいと思います。明日2日は昨年ベルギーで大暴れした、名匠ジノ クリケご夫婦と娘のゴールデン プリンセス嬢が、来岡されます。此れまでに、本場ベルギーから多くの友人達が遊び残られました、其の方々は全てベルギーにおける第一人者ですので本当に嬉しく思います。まだまだ天下銘血コレクションが、始まったばかりです。お金では導入できない真の銘血CH、そして納得の出来る鳩、名も無い愛鳩家は、足で蹴飛ばすほどヨーロッパにはいます、此れからも頑張って導入に専念したいと思います、常日頃、私が話している”裸の王様”には成りたくないものです。今年は鳩レースに専念して頑張りたいもので、少数羽数でトライしていきます。今年も宜しくお願いいたします。            
 福江365日+:気がついたら12月も残すところ4日となりましたが、遅くなりましたたがメリークリスマス!!。サンタも随分遅れたらしいがようやく落ち着きました自分にメリークリスマス。12月もベルギーでしたがE・リンブルグ氏から記録鳩やCH導入。先日は、ハウスオブカトリス(カトリス ブーゼリンク)からニュードライヤー号が日本記録鳩として始めて日本に来ました、100年以上の名門&銘血です。モン レー ベ(私の夢)に向かって頑張っています。デブクワのスーパートランプ号は素晴らしいし1月2日には名匠ジノ クリケご夫婦とゴールデン プリンセス嬢が私の鳩舎に訪問されます、再開が楽しみですが、ジノの系統を使翔しているうさぎちゃんは、ジノの鳩で結果を出したいるのには、正に日本の此の世界では一流だ。当連合会のO氏が委託して今秋300Kで3438羽中総合4位はジノ氏のスーパープリンスの系統だし茨城連盟RG2727羽中総合優勝鳩は、両親ジノ クリケ氏作の100% だ、うさちゃんお見事ですよ。貴方は日本ではまれに見ない天才ですよ。            
11月22日(木)雨:
 福江365日+:久しぶりのブログに成りますが、10月11月と2ヶ月続けてのベルギーでしたがどうしても12月にもう一度行かなくては行けなくなりました。レース中にベルギーに行った割には今秋の鳩レースは最終400Kで総合6・11位でした。こんなもんかな?家内が大分息子と協力してやってくれたお陰かと思い感謝してます。それにしても12月参っています。最近はRUNと言う曲を毎日聞いていますが、何故か寂しい気持です。鳩飼育を中断や辞めると言う人の話をあちこちで耳にします、如何したんでしょうか?此れも世の中の流れでしょうか?。本日協会からアンケート用紙が来ましたが誰がこんな協会にしてしまったのでしょうか?KBDBの協会の会長が変わっても名前すら分からないらしいし、KBDB協会の名前を使用しているわけだから、せめて会長の名前ぐらいは知って欲しいと私は思う。世界から見た日本鳩界は如何見られているんでしょうか?。昔が懐かしい。アンケート用紙の質問は?です。日本鳩界は何処に向かっていくのでしょうか?            
10月28日(日)晴れ:
 福江365日+:お見事、おめでとうございます。念願の秋の天皇賞“スピルバーグ”以来今年名馬“レイデオロ”で制覇された藤沢 調教師、念願の天皇賞取れたと涙交じりでお電話を戴きました。本当におめでとうございました。藤沢調教師とは、G・インブレックス導入依頼、永いお付き合いをさせて頂いております。平成最後の天皇賞を制覇!!いや〜〜〜素晴らしい、感動しました。何時もG1優勝したときは、記念品を家内と、息子と私の分と数多く戴きます、有難うございます。グランプリー目指して頑張って下さい、応援してます。            
10月26日(土)雨:
 福江365日+:ベルギーから7月28日帰国、10月23日帰国そして11月にまたしてもベルギーだが、若しかして若しかして12月も?。今回の最大の目的は最強スカイブルーのゴールデンファミリーのジノ クリケ鳩舎買いに買い捲りましたが、次回も買い捲ります。又、日本で初めてカトリス鳩舎の記録鳩“ニュードライヤー号”100年以来の銘血です。そしてデルバール鳩舎からの記録鳩。バルセロナ ゴールドウイエングのセレモニー出席と忙しかったが、次回はKBDB(RFCB)の表彰式の出席です。            
7月28日(土):
 福江365日+:昨日ベルギーから帰国したのですが、時差ぼけで眠れそうもありません。偉大な人物、R・フレーカー氏が96歳の生涯を終えた。御冥福をお祈り申し上げます。故R・フレーカー氏とは生前親しくしていただき、私の鳩人生で本当に有難い思い出と共に人一倍可愛がって戴きました。時代の流れを又ひしひしと感じ、親しくお付き合いをして頂いた方々が、亡くなられていく事に寂しさを感じてきました。日本人として最後までお付き合いをして頂いた、故M・ローセンス氏、故A・リタール氏、故E・マテレヌ氏、故G・カルトース氏、故L・マリット氏を初めJ・デノー氏の奥さん、G・セイズの奥さん、皆さんには大変可愛がって戴きました。厚く御礼を申し上げると共に御冥福をお祈り申し上げます。今回のベルギーの旅で何故?と言う疑問が解けた気がしました。其れは、故G・カルトース氏のところにペルピナン号の交渉にRデズメットーマタイス氏といったときでした、故カルトース氏は、私を見るなり良いアイデアだなと話された、其のとき私はロジャーとはベルギーではギド同様3兄弟ですと云うと、俺も兄弟で4兄弟と話したときは、その意味が分からないままOK、OKとロジャーと笑っていたのだが、その意味が今回の旅で少し理解できたような気がした。故G・カルトース氏“銘鳩リモージュ号”の母方はデズメット マタイス氏の系統を汲んでいるからそう話されたのかも知れない。次回Rデズメット マタイス氏に会うので詳しく聞いてみたいと思います。今回ベルギーは高温で参りました、レスチャン デメルメスター氏バルセロナN2位、E・リンブルグ氏の2年連続バルセロナN5位、ジノ クリケ氏のシャトローUN優勝鳩、3D鳩舎のブールジュN優勝鳩などを見ることが出来ました事は、何よりも代えがたい勉強になりました。又G・インブレック氏のバルセロナ6羽参加6羽入賞には驚かせられましたが、中二週でナルボンヌに1番手と二番手を参加と雌5羽を持ち寄り場で掴ませて頂き、これまた大変勉強に成りました。ジャルマン氏のナルボンヌの結果が楽しみですが、レスチャン デメルメスター氏約50羽の鳩をナルボンヌに参加したのだが、今のところ仮ではあるがN優勝みたいでジノ クリケ氏同様勢いが止まらない状態だが、久々にE・デニス氏の活躍には敬意を払いたい。            
6月20日(水)雨:
 福江365日+:此の世界の人間関係は難しい。何処の世界も同じようなことが鳩大国ベルギーでもある。来月にはベルギーに行くのだが、辛い日が待ち受けている。本来なら5月終日頃行きたかったのだが、此れもしょうがないことだ。ま〜〜ゆっくりと鳩導入を考える事が出来るのが幸いだ。            
6月19日(火)晴れ:
 福江365日+:元気が出た!!GPレース終了後に舎外中にいなくなり、愕然と落ち込んで毎日を過ごす破目と成った“ギャランドウ”17FB03202BC福岡空港桜花賞900K当日総合7位、羽越GP総合48位が昨日帰ってきた。嬉しいを通り越し感激と一安心した。何故?其れは、自分が描いた系統だからです。巨匠M・デルバールに古豪F・ラビューのベルギーの古典的系統だ。“羽越号”もM・デルバールにE・デニスのステッケルボード“レミー号”の血を引く銘血のチャンピォン鳩でした。先代巨匠M・デルバール氏が築いた銘血と“ステッケルボード”F・ラビュー氏のコラブで鳩人生で又思い出が出来ました。後は、生きた化石とも云われている、G・インブレックス・デブクワ等の系統でてっぺんを狙いたいものです。今年も、全国各地でインブレックス系が大活躍した、“ESPOIR”もインブレッックスが主流となり当鳩舎で活躍してます。最近耳にした話ですけど、ブログについて色々と取りざたされていますが、、私のブログも間違いだらけかと思いますがご勘弁ください。情けない事だが、頑張っています。間違った!!頑張って下さい。私なんか、放鳩に二種類の餌を持って行き、自分の鳩が入っているゲージに、良い餌を与えたので帰ってきたのだと何処かの爺様に・・・・会で聞いたと家内と大喧嘩、馬鹿なこと言う爺様がいるもんだと家内は呆れ顔、そんな爺様の話を聴いて納得する人?鳩の世界は素晴らしい。けして怪文書は出さないで下さい。雨にも、風にも負けない精神で頑張ります。昨日、福島の友人と話した、鳩の世界は、勝たなければこうしゃくは出来ない、私もこうしゃくを話せるよう頑張りましょう。だけど真に強い人は、私の知る限り話やこうしゃくを余りしたがらないのだが?。            
6月11日(月)晴れ:
 福江365日+:おーい、どうなってるの?M&Dデブクワさんとパパジャルマン、デブクワ鳩舎は先日のバランスレースで1141羽中優勝!!おめでとうございます。パパジャルマン インブレックス鳩舎はシャトローN26881羽中32位とのメールが届いた。おめでとうございます。ミッシェルから昨晩電話がかかってきた、バランスPROV優勝したのだそうで、父)はジュリオスバルセロナの直仔、母)はロジャーバルセロナ×ラッキー85の娘だそうだ、ブールジュN優勝3Dケビンについでの優勝だ。なんともベルギーに行くのが楽しみになってきた。最近は、仕事が忙しくなり、体力の限界と共にこの先のことを考えるようになりました。今年はRG・地区N・桜花賞・GPと連盟では全てシングル入賞を果たしましたが、自分自身のことで精一杯に成ってきたように感じるようになって来ました。夢を現実にするためにも“ESPOIR”とつけたネーム、過去を振り返って見ることが、此れから先のことで大切かもしれない。今春も全国各地で総合優勝・入賞が生まれましたし、私自身自鳩舎の成績には満足とはいえませんが、来年に繋がるように感じました。あ〜あ、それにしても“ギャランドウ”の失踪は頭が痛い。            
5月29日(火)晴れ:
 福江365日+:今春も関東地方の長距離レースは、昨年に続き帰還率が悪く近年まれに見る異常気象が原因かもしれないが?、果たして其れだけなのだろうか?。今春、スタート羽数何百羽で、最終の長距離終わったところで何羽だ、余計なことだが考えさせられるところがある。余りきつい事を書くと批判を頂くので止めておきますが、皆で知恵を出し合ってもう少し考えたら良いのかな〜〜〜〜。ベルギーもナショナルレースが、始まり皆さん此れから、ヒートアップしてくるだろう、友人達の活躍を期待しています。此処最近夜のトンボを卒業しましたが、先日花の街に出没してみたら、いるわいるわ????。あ〜あ頑張ろうと言う気持が沸いてきちゃった。娘とのみに行きたい物です。            
5月27日(日)晴れ:
 福江365日+:今晩は、驚いた!!ケビン坊ーや(3D)が仮発表でブールジュN約20000羽中優勝!!おめでとうございますよ。毎年2〜3回訪問する友人で、ケビン ダート君(3D)とは会うたびに常に鳩について意見交換をする仲ですし、私にとっては親子のようなものです。今年も2月に訪問して、バルセロナ等の話や、委託の話などしてきました。つい一週間前に何時ベルギーに来るんだとメールが届いた矢先のことで大変嬉しく思いました。早々に電話をすると、ケビン坊や君(3D)上機嫌で会話が弾み、特に義理の父はきちがいのようにおお騒ぎしたようだ。本当におめでとうございます。ベルギーに行く楽しみが益々増えてきた、ジノ クリケ氏も待っているだろうし。鳩レースも終わり、今は鳩舎の改造に取り組んでいますが、ようやく念願の自分が思う選手鳩鳩舎になったようです。鳩レースは、後何年という時に来ましたし、輸入の孫など到底時間がありませんので、出来るだけ輸入の直仔で鳩レースを戦いたいと思います。時間を無駄にせず、1日&1日を大切にして頑張ります。今年は作出を4月半ばから始めましたが、雛は可也の羽数になりそうで秋まで燃える闘魂!!で行きます。近い将来超長距離レースで頑張りたいものですが、私の好きなレースはワンディーレース(当日)が好きで(負け惜しみかも?)800K&900Kレースで常に上位入賞してくれる鳩がだーい好きで今回も桜花賞900K当日帰りと翌日帰りの3羽をGP800Kに参加して鳩舎では1番手2番手と帰還しました。系統はばっちりの集大成の成金鳩、額の中に入れたいほどの銘血集大成で頭の中をキジが乱舞している。先日F・ラビュー氏にお礼の電話をしたのだが、当のご本人大変喜んでくれた、ベルギーで生きた化石と言われるG・インブレックス氏、M・デルバール氏共々高齢ではあるが、まだまだ第一戦で大活躍している。故A・ファンブリュアーナ氏・故R・コブー氏、故M・ローセンス氏と長い交流をさせて頂き、R・フレーカー氏、Hファンネステ氏とは日本人最後のお付き合いをさせて頂きました。思いは数多くあるけど、M・ローセンス氏との日本人で最後のお付き合いをさせていただいたのは、私の生涯の中で忘れることの出来ないものです。現在ベルギーで未だに第一戦で活躍しているG・インブレックス氏、其の偉大さは素晴らしい。            
5月23日(水)曇り:
 福江365日+:2018年春季レースが終了しました。200K参加を約35羽前後でスタートし、今年は駄目だと諦めての今シーズンでしたが、結果は連盟では二番手のブロックチャンピォンをクリアーできる入賞率でした。一位はゆうまでも無く当連合会のY氏でした。小黒の鳩で助けられた、太鼓もち&太鼓もちの鳩で助けられたと話す。先日は桜花賞当日3位の私の系統の鳩を持ってこられ、一方的に配合鳩を見つけて配合せよとの事でした。今回のGNレースは、2羽こないとブロックチャンピォンの権利が無かったらしく、本人の心中は大変だったらしい。私はブロックチャンピォンなどのことは頭に無かったのだが、本人は私を意識していたようだ。GNで2羽目が帰ってきた鳩がマタマタ私の系統だったのでお前の系統に助けられたとY氏、私を太鼓もち&太鼓もちに助けられたと喜んで持ち上げられ、豚がエベレスト山頂まで登るほど持ち上げて戴きました。関東のU氏にも桜花賞レース3番手に帰還した鳩は、小黒作の鳩で此の1羽でA雑誌社規定の地区CH賞クリアーした、U氏曰く、今年も助けて頂いたとお礼方々持ち上げて戴き其のときは、私は富士山まで登らして戴きました。ご両人Y氏&U氏はお見事A雑誌社の地区CH賞をクリアーされた、おめでとうございます。ちなみに忘れられていますが、私は過去に6回受賞しています。先週あるところで鳩舎新築祝いが開催され、日本優秀鳩舎賞・全日本優秀鳩舎賞受賞の方々とお会いすることが出来ました、茨城T氏、岐阜のO氏とT氏、久しぶりに愛鳩の友社社長を交えて有意義な鳩談義が出来ました。ハイレベルの話で大変勉強になりました。近年帰還率の低下、特に長距離レースにおける帰還率の低下は目を覆ういます、私も2年ぶりにGP&GNの実行委員長をお受けしましたが、天候に余り恵まれず苦労したシーズンでしたが、GNは当日1羽、GPは当日かなり帰還しました、役員のご苦労に大変感謝申し上げます。自分がレースが出来る限り、鳩レースに携わって頑張りたいと思って居ります。何時までも夢を持って働かせて戴きたいと思います。            
5月7日(月)雨:
 福江365日+:おはようございます。久しぶりの雨の中舎外をしました。飛びは雄が大分復調気味で期待できそうです。全国の皆さんは、五島列島福江からの鳩レースは日本一厳しいと言うことをご存知でしょうか?、地震、火山噴火の九州地方ですが、其れより一番は、我々にはどうすることも出来ない自然界の気象条件です。5月半ばと言えば、早ければ沖縄地方に梅雨入りが発表されますので、九州方面の梅雨入り前の気象条件です。もちろん高温であることはいうまでもありませんが、5月の半ばと成ると海峡はかすみ九州本土が見えない状態が、毎日のようにあるようです。まして鳩たちは、放鳩後すぐに其の海峡を渡り九州長崎方面・本土を目指すわけですが、その後もう一つ関門海峡を渡らなければいけません、福江から九州長崎方面を渡るとき海峡で西風が強ければ、九州の熊本・鹿児島方面に流されてしまいます。私が思うに日本一厳しい超長距離レースだと思います。此処最近は、5月なのに寒気が南下して強烈な北風が吹きます、高温・低温・北風と気象条件の悪い中での超長距離レースです。九州方面からのレースですので地震や火山噴火は毎日のように起こっておりますが、地震等の影響は無いと考えております。なぜなら、中越地震が発生したさなか、400KRGが実施され家が揺れている中での鳩の帰還で高帰還率でした。世界的な異常気象、年々鳩レースに取っては、厳しい年が続くと私は思うし、我々鳩レースに携わるものにとっては、一段と勉強・学習能力が求められるのではないでしょうか?。なんとしても、託された鳩のために五島列島福江のGNレースを成功するために日夜頑張りたいと思います。            
5月6日(日)晴れ:
 福江365日+:今朝は早起き、中間訓練に松代に行きましたが、すれ違う仲間、現地で鳩をつかんで観察している人、帰るとき私の前を走っている軽トラのおじさん、皆さんGP&GNに向けての中間訓練、此の姿を見ているとGP&GNの実行委員長として1羽でも多くの帰還を見るために頑張りたいものです。今朝も実行委員会のメンバーとの打ち合わせを致しました。青森から約1400Kの五島列島福江に挑戦をして頂き、実行委員長として託された責任を重く受け止め、成功すべき努力をしたいと思います。西コース最長距離ぜひとも成功させたいものです。今年は高温のレースと天候に悩まされることが多いのですが、ベルギーの歴史とも言えるラビューのステッケルボードの活躍が目立ちます。デルバール・カトリス・ファンブリュアーナ・アールデンなど此れからの鳩レースで復活すること間違いありません、私の大好きな古典的ベルギーの系統、其れが“ESPOIR”です。高温・全天候型、自分ながら納得です。北海道からのレースで水戸のご老公、放鳩日に長岡で焼肉すみよしで私たち仲間に囲まれ、激励会のかいあって3羽帰還その3羽目が私の作出鳩である雑誌社のタイトルクリアーした。仲間と600gはある肉を4枚ともつやみの食べた食べた、ご老公又やりたいものです長岡においで下さいませ何時でも歓迎いたします。今回お集まりの皆さん、ご老公(うさちゃん)からお礼の電話を頂いてます、ご報告申し上げますよ、あさちゃん、やまちゃん、キャラメルのご夫婦ほか2名の皆さん有難うございました。            
5月2日(水)晴れ:
 福江365日+:おはようございます、レース中は書き込みを怠る日が続く日がありますが、けして体調が悪く書き込みをしないのではなく、ただ怠慢なだけです。皆さんにご心配をして頂き感謝申し上げます。さて桜花賞の我が鳩舎1番手帰りの鳩は、父)M・デルバール作の“CHベルナール号”・“ル・ファボリー号”の孫、母)F・ラビュー作銘血ステッケルボードの銘血カレルのラインすなわち私が導入した“CH TiTi号”姉妹の孫です。羽越号を思い出すような銘血配合です。最近の愛鳩家には、なじみの無い古典的な系統で世界遺産かな?。ベルギーの歴史を私が再現しているようです。二番手は、“クイック・愛心”地区N総合4位の姉妹で三番手は二番手の父は兄弟、母は姉妹配合の直仔で同じラインだが、雌親のラインには“KEIKO”RG総合3位、SC総合44位、地区N総合21位、年間最優勝鳩賞2位がいる。“ESPOIR”最高峰の系統です。昨日GP7羽、GN1羽参加予約をしました、13日の持ち寄りまでブログは怠慢で行きますので宜しく!!。            
5月1日(火)晴れ:
 福江365日+:早5月、残すはGP&GNだけに成ってしまった。昨年12月、今年1月、2月、3月初めまで家を空けることが多く、まともに選手鳩の世話を出来ない日が続き、まして一時的な大雪に見舞われ舎外は出来ず、一時は今春はレースを断念しようかと考えたこともありました。何とか30羽足らずの少数羽数で連盟レース全て10位以内に入賞できた。連盟全体どのレースも帰還率が良く、此処までこられたのは、連盟の競翔委員長のS氏の的確なる放鳩のお陰だと感謝しています。連盟初め私にとって運送屋・ANA貨物・立会い者はもちろん鳩の放鳩に携わる皆さんの気持ちある心遣いと協力を戴きますことは誠に有難く思うしだいです。桜花賞は、仮の仮で7番手と8番手で思わず出来すぎと天を仰いだ、5羽参加当日2羽、翌日1羽計3羽帰還、昨年とは天と地の違いに次回残り2レースに励みが付いた。頑張りましょう“ESPOIR”。若しかして、若しかして何かがおきる気がするのだが?。            
4月30日(月)晴れ:
 福江365日+:欲を欠くもんではありません、昨日行なわれた桜花賞、当初3羽の予約をしたのは26日のブログに書きましたが、持ち寄り当日、若しかして?若しかして?と歌の文句ではないが雄2羽追加した。当初雌3羽でしたが、欲を欠いてしまった自分が情けない。昨日福岡空港AM6時10分放鳩で気温が日中上昇したし、風は余り無いので真坂当日に帰還するとは思ってもいなかったのだが、A氏のラインなど気にはしなかったのだが、友人のY氏より電話が入り3羽一緒に帰ってきたと久方ぶりの興奮口調だ、あわてて空を見上げると遅れること約10分後の16時40分に期待の雌2羽が来た。私も昼間から興奮しました、もうバーベキュウ・焼肉をする暇など無いが、シャンパンで仲間達と乾杯!!特製とんかつと焼肉を仲間達と会食しました。今朝雌1羽が帰還して当初予定をしていた雌3羽は全鳩帰還しましたが、若しかしての?雄2羽は今現在未帰還あ〜〜あとため息交じりのあくびが出ました。当連盟は当日約15羽帰還したようで一安心しました、こんなときこそ良くやったね〜〜と言ってくれる人がいれば・・・・・・・・?。ま〜〜次回のGP&GN事故の無い様、1羽でも多く帰還するよう精一杯頑張りましょう。今回の桜花賞に付きまして、九州の折本氏を初め福岡の皆さん、ANA新潟貨物の皆さん誠に有難うございました、感謝・感謝です。 御礼申し上げます。          
4月25日(水)雨:
 福江365日+:23日で71歳になったのだが、昨日のテレビニュースで元広島カープの鉄人衣笠氏が71歳で亡くなられたことを知り、あ〜〜〜私と同年代の71歳、ふと2年前の事が蘇えった。9日の定期検査も異常がありませんと担当医師から話を聴き一安心で600K地区Nレースに18羽参加して16羽記録し5日目に期待の第二マーク鳩が帰って計17羽、28日の桜花賞参加予約は3羽しました。地区Nは512羽中総合4位に入賞し先ず先ずのレースでした。GP&GNの持ち寄りが終われば、選手鳩の室内の改造に取り掛かります、より理想に近づけられる部屋にしたいと思います。先日嬉しい連絡が2件ありました、一つは九州で地区Nレースで“バースディー・ボーイ”の孫が総合優勝したとの事、又東海で600Kで“HITOSHI”の孫が総合8位に入賞したとの事、どちらも帰還率の悪い中での優入賞本当に素晴らしい!!、お二人ともおめでとうございます。“ESPOIR”の活躍は本当に嬉しい、又、近々関東で行なわれる桜花賞レースで“ESPOIR”の活躍に期待を込めています。            
4月17日(晴れ):
 福江365日+:笑うはめになりました。お見事!!第一&第二マーク鳩羽帰還せず大外れになってしまった。18羽参加当日10羽、今のところ翌日1羽計11羽でしす。連盟仮序列では総合4位入賞!!!。満足のレースでした。次回は桜花賞頑張りましょう。            
4月15日(日)雨:
 福江365日+:昨日は、腰の痛みをこらえて地区Nに参加する鳩を捕まえようとするのですが、思うように動けず顔面を引っかかれてしまい大量出血!!顔面サビオだらけの持ち寄りでした。たかが18羽の参加ですが、疲れました。明日は600K地区Nです、追い風になるかな?地区N10位の鳩を第二マーク、其の連れの雄が第一マーク、夫婦で頑張ってもらいましょうか。期待度120パーセント7ですが、今日吹いてしまったので限りなく0パーセントになったかな?。最近、右も左も上も下も皆病人が多くお互い後何年かの世界に突入したようですが、協会の迷い鳩輸送も前進したようで5月には輸送が出来そうです。協会の役員さんを初め事務方のH氏ご苦労さんです、此れで少しは安心しました。有難うございます。、            
4月11日(水)雨:
 福江365日+:今週月曜日は年1回の定期検査に病院にいきました。もう成れたもので、すいすいと検査をこなして、最後の大腸の検査で3mm&4mmのポリープを2個切除しました。先生と会話をしながらの手術でした、実は昨年5月に大腸のポリープを切除した5日後に破裂してしまい、緊急入院して再手術をして頂いた先生を指名して検査をして頂きました。手術後昨年同様に看護婦さんから、激しい運動や腰を使ってはいけませんと説明を受けましたが、私の事情を知る先生一言“大丈夫だよ”と笑いながら手術室を後にされました。71歳に後12日、もう腰など振る元気はありません。今日はお袋のところに家内と娘・息子と行きましたが、随分痩せていましたし、食欲が無いと担当の介護士の説明がありました、今年1月28日で95歳の誕生日を迎えたときの写真を見ると元気そのものでしたが、最近2回ほど転倒したのが原因らしく、其れがきっかけで急に元気が無くなったみたいです。もう95を過ぎた母親ですが、1日でも長く生きていただきたいと思います。そんな訳で18日の検査結果心配で眠れない日が続くかも知れません。今週行なわれる地区N18羽参加予定です、気を取り戻して頑張ろう。            
4月5日(木):
 福江365日+:伝説を作る男!!ジノ クリケ鳩舎5月導入決定、興味のある方はお問い合わせ下さい。スーパー プリンス・ゴールド プリンス等の系統!!            
4月4日(水)晴れ:
 福江365日+:おはようございます、先日行なわれた500KRGレースは、自鳩舎24羽参加5パーセント以内入賞にかろうじて2羽入りました。連盟845羽中総合10位、33位でしたが此れからが勝負の700K地区Nレースです、気持ちを入れ頑張りましょう。RG総合優勝は友人のA&Kロフトで昨年度総理大臣賞獲得の鳩でした。父はM&Dデブクワ鳩舎のバルセロナ2回入賞鳩でロジャー バルセロナ号の孫です。昨年度S氏が五島列島福江1128K2年連続入賞した鳩も父がデブクワ鳩舎の鳩でした。ダイレクトで中超長距離を優入賞するデブクワ鳩舎の鳩には驚きを感じます。地区N終了後に御祝いをかねて焼肉すみよしでど〜〜といきましょう。            
3月31日(土)晴れ:
 福江365日+:弥生3月も今日で終わり、早1年の四分の一が終わる。日本通運の鳩輸送も今日で終了した、昨年の夏ごろからの話だったと思う。今後迷い鳩の引き取りはどうなるんだろうと思うと、鳩レースに力が入らなくなってしまう。誰かが何とかするだろうと言う考え方は今の時点では?。一日でも早く郵政による鳩輸送の実現をお願いしたいものです。5月にはベルギー 伝説を作る男!!ジノ クリケ鳩舎の鳩を導入します、ジノ氏からは昨年ゴールド プリンスの直仔を4羽導入しています、今回も多くの鳩の導入を考えています。昨日RGの持ち寄りが終わり当鳩舎は24羽の参加です、明日は頑張ってくれることでしょう。バーベキュウをやりながら帰還待ちで、とんかつは、名店サボテンの最高級のカツを予約します。体調は万全後は5パーセントに2羽入賞を目指します。            
3月23日(金)雨:
 福江365日+:もう三月も残り少なくなりました。先週300Kシルバーカップも終わり、今年度の参加羽数は25羽です、今年は1月2月と留守がちにしたため、舎外が思うように出来ず散々の姿ですがようやく25羽でスタート台に上がれました。約50数年レースをしていますがこんな羽数は初めてです。だけど先週の300Kは総合5位に入賞と検討してくれました、嬉しいことです。昨日は仲間6人と久しぶりに花の町出かけ大はしゃぎをしましたが、22歳の若さには負けました、あ〜〜あ昔が懐かしいと感じつつふと元気出せと下を見ました。私もいつの間にか、ふと気がついたら来月で71歳!!歳をとりました。鳩レースは後何年できるかな〜〜と思いつつ22歳のおねいちゃんと{愛が生まれた日}を熱唱しました、お陰で午前様で今日は眠いです。人生残すところ後わずかマイペースで頑張ります。            
3月2日(金)雨・雪強風:
 福江365日+:猛烈な春の嵐でしたが、今は収まりつつあります。新潟も春季レースがようやく始まります。迷い鳩輸送{ドアツードア」の終了に伴い、代わりの迷い鳩輸送の件で先日協会に問い合わせたところ、郵政からの返事待ちとのことでした。何とか早めにご返事を戴きたいものです。私も長岡ペット商会で商売を始めて約50数年間が経ち、其の当時から御世話に成っている運送会社のご理解により、3月1日より鳩の発送を開始しましたが、まだまだ改良の余地があるとのことで、もう少し改善をしたいと思います。送料は元払いにて何羽でも発送できますし、お買い上げの鳩の送料は無料にする計画です。発送には少し時間がかかりますし、一部地域は除かせていただくところもあるかと思いますが頑張ります。鳩の発送が出来ることにより、皆様方から今後とも宜しくご愛顧お願いします。3月1日に発送した第一便は、お客様に無事届いたとの連絡がありました。まだまだ問題点は多くありますが、頑張ります。            
3月1日(木)雨あられ:
 福江365日+:二ヶ月半ぶりに更新します。強風のつかの間に舎外をしたら、最高級の選手鳩が1羽お陀仏になりました。昨年のレースで5パーセント入賞鳩でした。4日は100Kが始まり11日は高岡ですが何となく今年はやる気が起こりません。選手鳩は総勢約50羽、果たして夢の五島列島に挑戦できるかと考えると頭が痛い。J・ニブスの“オリンピアード号”此れに今後の鳩レース人生をかけます。何か?振るいだすようなことが無いかと毎日天を仰いでいますが?何もありません。ラインが来た!!暖かく、春らしくなってきたので、ランチタイムでもしないかと常連コンパからの誘いがきた、此れから忙しくなるのに貝なんか食べている時間と暇などあるわけが無いと苦笑いしたが、男だよね〜〜4月に71歳。頑張ろう!!            
1月14日(日)雪:
 福江365日+:まったく、浦島太郎状態で今回の雪には驚かせられましたし、気温が低く水道は凍ってしまい大変な日が続いています。雪雪と雪いじりの毎日で気がついてみたらなんと!!!、M&DEデブクワ鳩舎からチャンピォン鳩直仔を初め代表鳩等の直仔を併せて43羽も買ってしまった。金額は〜〜〜〜〜〜〜。そして来月はコルトレイク又&又買わせられてします。私の信念は伝統と歴史のある銘血を初め、現在活躍している最強の鳩舎等の鳩を努力によって格安に購入することです。記録鳩も同じことです、相手に言われるままには購入しないし、けしてくず鳩を買うのではありません。伝統や歴史を重んじつつ相手の気持ちも考えてそれなりの交渉をします。格安に購入できるときもあるし、購入できない場合も数多くありますが、最後は握手でありがとうです。全国の皆さんに、安く提供できるように此れからも頑張ります。私の交友関係を見ていただければ納得いただけるかと思います、納得いかないければベルギーに一緒に行きましょう。            
1月12日(金)曇り晴れ:
 福江365日+:デブクワ氏とのl週間は、あっという間だった。父フレナンド氏から息子のミッシェル&ディディ氏との永いお付き合いです。ゴーラン、マテレヌを軸としてバルセロナを専門に戦ってきた父とは対照的に中距離&超長距離つまりオールランド的なレースを目指しているミッシェル&ディディに大きく影響を与えているのが、E・ランブール(リンブルグ)です。ロジャー・バルセロナ、ジュリオス、シーザー等の父親からの超長距離系統に、スピードを求めて、E・ランブール(リンブルグ)の銘血を配合してトップクラスを目指す。エリックとデブクワ兄弟は斬っても切れない友人ですが、其の中に私を仲間にしてくれるのですから、有難いことです。系統と実績が一番だが、最近は時代の流れで随分と変わってきたように思われる。古き良き名門鳩舎から実績主義の鳩舎いやーーー難しい!!此れからも銘血・古き名門鳩舎を追いつつ頑張ろう。70年を記念して今回特別企画としてM・デルバール鳩舎を格安に分譲しましたが、喜んで購入していただいた方もいれば、めちゃめちゃにいう方もおられましたが、どちらの皆さん方にもお礼を申し上げます。今回の特別企画の鳩はどの鳩も私が訪問して選んできた鳩ばかりです。“バルセロナ10A”から始まったデルバール氏との付き合い、こんなロープライスも長い歴史の中でのお客さんへの感謝を込めての特別セールですので宜しくお願いします。ベルギーに年に4〜5回行と、多くの皆さんと知り合い、そして友達となって可愛がられて鳩を譲って頂いて降ります。今回のデブクワ氏もオグロが、こういう鳩でなければと何時も話す鳩を自分で選んで持ってきたのだとお客さんにや友人に話す、どの鳩も写真で見る限り素晴らしく又、デブクワ兄弟の系統は全国各地で活躍しています。            
1月4日(木)雪:
 福江365日+:ま〜〜ボケが始まった、誰かの言葉ではないけれど、アンパン、ノーパン、クリームパン!!。今朝2時に目が覚めてベルギーに電話、ミッシェルに空港にいるか?と話したら。オグロ日本は明日出発でフライデーすなわち5日に日本着だ!!隣で奥さんフライデー・フライデーと話し声が聞こえる、ベットに横たわって受話器を耳に当てて話していたのだが、間違い・勘違いに気がついたとたん愕然とした。予定が大幅に狂ったと思ったら大きな面玉が飛び出てもう眠ることが出来ない、岩崎宏美の歌では無いが、もうー眠りなさい・・と思ってもアンパン・ノーパン・クリームパン状態だ。結局M・デブクワ氏は5日です、懇親会・親睦会等で期待して下さっている皆さん、強行スケージュルになりましたが宜しくお願いします。鳩は楽しむもの、私が理事に7年間勤めさせて頂きましたが、裁判や分けの分からないことだらけで、会員の皆さんのご理解・応援を戴きながら、何も出来なかったことが悔やまれていたし方ございません、誠に申し訳ございませんでした。此れからは陰ながら応援をして行く覚悟です。日通も3月に鳩の輸送を終了します、誰に頼まれたわけでもないが、デブクワ氏には少しお付き合いをして頂き、今月6日に何とか鳩の輸送が出来るように、衆議院議員泉田先生の事務所開きと新年会に出席して話してこようと思っていますし、又、2月に星山会、県会議員星野先生の新年会(新潟県動物愛護協会会長)に出席して何とか今の現状を話してみたいと思います。星野先生は我が連合会(長岡中央連合会)の顧問・相談役で良き理解者であり県会議員11期政治力は申し分ない方ですし、故田中角栄元総理大臣に一番可愛がられた人で、事務所には今でも故田中先生との写真が飾られています。泉田先生は元県知事ですぜひ力を貸して頂きたいものです。今年は動物愛護等の法律改正年です。法改正にあたり此れもまた難しい問題があります、私たちに及ぼすことに無いようにお願いしたいものです。生意気なことを書きましたが、御気に触られる方が居られましたらお許し下さい。今年は多いに鳩レースを楽しみましょう。            
1月3日(水 雪):
 福江365日+:新春第1弾でレオ号の直仔を2羽分譲しました。今回第2弾としてE・リンブルグ鳩舎の“ラッキー85”の近視を超格安分譲します。明日からブログの更新はM・デブクワ氏が来日しますので約1週間お休みさせて頂きます。土曜日は、EURO JAPONエスポワール・グループ“藤勝会・”悠久銘鳩会”の新年会を兼ねてデブクワ氏の歓迎会とデブクワ賞の表彰式を行ないます。今年は翔舞!!新たなる飛翔を目指して頑張ります。            
1月2日(火)雪:
 福江365日+:息子に昨晩、正月だから何かやったらと云われ正月第1弾としてレオ・ヘルマンの“レオ号”の直仔2羽を1羽10000円で分譲することにしたのだが、もう予約が入り完売しましたので、第2弾をすることにしました、期待して下さい!!。又、分譲鳩は沢山います、正月中は特別分譲中ですので気軽にお問い合わせ下さい。今年から、真面目に気を入れ替えてブログは毎日勤めて書き込みをすることにしました。2月にはベルギーに行きます、沢山導入予定ですし、今月4日にはM・デスブクワ(デブクワ)氏が、来ますので各地に行く予定です。デブクワ氏はベルギーでは最上クラスに位置しています、ゴールドウイングの役員でもあるし、此れからベルギー鳩界をリードする人物です。2年前M&Dデブクワ氏とN・ノルマン氏に私が無理を言って5羽協会に寄贈して頂きましたが?。そんなもんかな〜〜〜〜〜〜?。            
1月1日(月:雨
 福江365日+:あけましておめでとうございます、旧年中は皆様方の暖かいご支援有難うございました、今年もより一層のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。今年の春は、鳩レースも約50羽の参加羽数で、常に”翔舞”一鳩入魂で頂点を目指し頑張ります。又、チャンピォン鳩の導入も今年数羽考えており、更なる“ESPOIR”の完成を目指します。今年から時間が出来ましたし、何も考える事が少しは減りましたので“ESPOIR”の目標の一歩としたいと思います。現在はJ・ニブス鳩舎の“オリンピアード号”によい痺れている毎日です。日本通運の鳩の取り扱いは今年3月で終了だそうで、鳩レースに大ダメージを与えることに成るかも知れませんし、又、・・も行なわれていますし、個人的に名誉きそんで・・をされる方が居られるようです、この先どうなるんでしょうか?少しでも鳩の世界の光が消えないようにお願いをしたいものです。元旦早々こんな書き込みをしましたが、鳩を愛する1人として、今年は穏やかな一年になって楽しい鳩レースを楽しみたいものです。            
12月31日(日)晴れ:
 福江365日+:今年も今日で終わります、全国の皆々様がたからご愛顧戴き誠に有難うございました。2018年も宜しくお願い申し上げます。31日の大晦日、雪国には珍しく暖かく好天の一日で一年の締めくくりと成りました。今年の最大の出来事は、2017年ベルギーで開催されたオリンピアードでベルギーマラトン1位のJ・ニブス鳩舎の“オリンピアード号”導入だ。系統・翔歴は申し分ないし、永年の夢が叶った・モン レーベ 私の夢が叶った歳となりました。過去にはブリーブN優勝2羽・タルベN優勝・ペルピナンN優勝鳩2羽そして名門鳩舎のチャンピォン鳩等数えきれないほど導入してきました。特にG・インブレックス氏との交流は、私の“ESPOIR”の原動力となりました。思い起せばR・コブー鳩舎の“パールナルボンヌ号”・M・デルバール鳩舎の“バルセロナ10A”・E・デニス鳩舎の“ザーク号”・H・ファンネステ鳩舎”プチ カオール号”・A・リタール鳩舎“ポウス号”・P・トッセンス鳩舎“ビルバオ号”等過去に導入し現在に至っている。そしてG・ゴメール・E・リンブルグ・M&Dデスブクワ(デブクワ)R・デズメット マタイス・W・ミュラー氏など多数の有名鳩舎の御付き合いはゆうまでも無い。系統が一番でそれに翔歴と鳩舎、此の3拍子が揃わなければ私は納得が出来ないし、自分の種鳩にするには何の魅力も無い。今年はそういった意味でも連盟年間最優秀鳩賞1位&2位を獲得した“RYOSAKU”“KEIKO”は連盟レース5パーセントに3回入賞し系統は自慢するが最高だ!!、過去に“羽越号”が日本新記録でGP総合優勝した系統を、ベルギーの故A・ブロンカールト氏や今も元気現役のE・デニス氏が系統の素晴らしさには驚き絶賛してくれたことを昨日のように思い出す。今回の“オリンピアード号”のJ・ニブス鳩舎凄腕の名門と歴史の実力派の第一人者、もう此れほどの名と実績のある鳩の導入はもう出来ないかもしれないし、又出会えないかもしれない。昔E・デニス氏は言う、鳩レースの活躍は素晴らしいとベルギーの友人話してくれたことは、感謝で一杯でした。そしてG・インブレックス氏の力は私を更なるものにしてくれた。            
12月5日(火)みぞれ:
 福江365日+:今日は、昨日と打って変わって肌寒い、冬がだんだんと押し寄せてきている気がするが、今年の冬は暖かいような気がしてならない。先週は地区品評会の審査等で忙しく、ヨーロッパから帰国して休む日もない毎日が続いているのだが、今週日曜日のブロック会議が終われば少しは楽になるだろうと思うが、色々の事を考えると心配事が多い。此の時期、新潟にも渡り鳥が多く飛来するが、特に白鳥は有名である。先日の動物取り扱いの話の中でも鳥インフルエンザの話が会った。昨年は今頃の時期、新潟で鳥インフルエンザが発生し大騒ぎになって対応に追われたものだ。鳥インフルエンザと鳩レースについても考える事が必要ではないかと思う。関東では秋レースも終了し来年早々にはレースが始まるし、我々のところは2月頃から訓練が始まる。全国で鳥インフルエンザの発生が聞かれる時期だけに注意が必要だ。鳥インフルエンザを研究している厚生省の機関に、鳩レースを楽しんでいる我々が、安心して鳩レースが出来るように皆さんからご協力を戴き、募金活動でそういった機関に協力をしていったらと思うがどうだろう?。早急に調べて考えてみたいと思う、皆さんのご理解とご協力をお願いする日があるかと思いますが、宜しくお願いします。            
11月30日(木)雨:
 福江365日+:27日に日本に帰ってきたけど、風邪でグロッキーです、それにしても、ロジェー イエル(ROZIERS JELLE)鳩舎はニューモンスターだ!!今年のブルージュN38455羽中優勝を初め17”エースピジョン1位(KBDB)など数多くのタイトルを獲得したスプリントマン。日本では過去に2羽しか分譲していないのだと言う、其れも約10数年前のことである。ちなみに此処の鳩の価格は5000〜15000ユーロ、とてもはいと言って買う価格ではないが、粘って記録鳩の購入にこぎつけた。ロジェー鳩舎については後日紹介しよう。今回はハウス カトリス鳩舎から20羽、パスカル ファンブリュアーナ鳩舎からお願いして3羽購入にこぎ付けた。今日は体調不良のため帰国報告の一部だけで次回に。            
11月16日(木)雨:
 福江365日+:今晩は、秋レースが終了すれば遅生まれの舎外に毎日励んでいます。息子の鳩と交互に舎外をするのですが、此れが大変な労力が必要です。今秋は最終レース60羽参加しましたが、調子は今一でしたが53羽も帰還し、鳩さん頑張ってくれました。来年の春は50羽参加で頑張ります。今年で協会の理事は退任ですので来年からは、大いに鳩レースとベルギーの旅を力一杯楽しみたいと思っています。今年ベルギーのブリュッセルで開催されたオリンピヤードのマラトン1位のJ・ニブスのチャンピォンを導入して、此の鳩を中心に鳩レースをいたいと思っています。後何年鳩レースが出来るか心配ですが、体力が続く限り頑張りたいと思います。Rデズメット マタイス鳩舎の種鳩であった代表鳩“クレゾン号”アゲンN410位は、“クラーレン号”の孫に当たり、”CHカンセーラ号”サンバンサンN67位、モントバーンN52位(12−497)の兄弟、父は“CHテーメン号”オリヤックN38位です。又カロンヌ父子鳩舎からは、バルセロナ入賞鳩や此れでもかとインブレック鳩舎の記録鳩、、極めつけは、2016年2017年バルセロナINエースピジョン100位以内に3位、8位、79位と3羽入賞のバルセロナの帝王W・ミュラー鳩舎から50羽導入!!又、超特急R・レジェースト鳩舎から記録鳩の交渉と休む暇は無いほど忙しくなってきました。            
11月14日(火)雨:
 福江365日+:こんにちは、今日は孫の愛心君の誕生日、3歳になります。此れからささやかなホームパーティーです。今秋の最終小浜RGは60羽参加総合6、7位でした。帰還は翌日など併せて53羽で来年は大いに楽しめそうです。今月21日からまたまた又ベルギーに出かけます、何でこんなにいくのか不思議ですが行って来ます。12月予定が一杯で、W・ミュラー氏と約束した12月2日のブリュッセルで開催されるバルセロナの表彰式は、地区品評会開催のため止む無く欠席です。来年は何とかして出席できるように頑張ります。10月21日にブルージュでゴールドウイングのセレモニーに出席しE・リンブルグ氏のブロンズのタスキを土産に頂いてきました。一ヶ月も経たないのに又ベルギー体力勝負になってきました、ベルギーでは、新しく兄弟が出来ました、ハウスオブカトリス鳩舎です、100年以上の歴史と伝統の名門カトリス鳩舎です、導入しましたよ。此れでRデズメット マタイス氏、ギド・セイズ氏、故G・カルトース氏と4人目のベルギーでの兄弟です。偶然にもカトリス氏とは同年代だったのには驚かされました、きっと何か名門カトリス氏の記録鳩を購入できる良い事がありますよね?。又、名門M・デルバール鳩舎・W・ミュラー鳩舎や最近活躍鳩舎など多くの鳩舎の導入に向け頑張ります。誕生日パーティーが始まりますのでこの続きは明日。            
10月18日(水)曇り:
 福江365日+:いやはや、もう10月の半ば過ぎになりました。レースも日延べになり、まだ300Kが終了しませんが、デブクワ氏との約束で明日はベルギーです。ベルギーではブールジュクラブ主催のゴールドウイングのセレモニーに出席します。ついでにあちこちと暇つぶしに散歩方々鳩舎訪問を考えています。今年はあともう1回バルセロナのセレモニーに行かなければ成りませんが、地区品評会と重なり行くことが出来なくなりましたが日程を変更することにしました。今回のメーンは、J・ニブス鳩舎を徹底的に時間をかけて訪問しますが、カロンヌ父子・G・インブレックス・M・デルバール・ジノ・クリケ・M・ポリン・R・デズメットマタイス・G・セイズ・もちろんM&Dデブクワ・その他10鳩舎位を予定しています。そして個人的には、帰国後に300Kレースの持ち寄りが実施されることを祈ってさ〜〜〜〜行ってこよう。            
9月27日(水)曇り:
 福江365日+:何時かはと思いながら毎日家内と頑張ってきたのだが、大きな節目と転換をすることに決心しました。大の恩人を亡くし、一時はやる気を失った自分だが、故石綿氏が常に私に話してくれた事を思い出し、心新たに頑張ることにしました。近いうちに新たに導入した、カロンヌ父子鳩舎の記録鳩・Jニブス鳩舎の記録鳩・M&Dデブクワ鳩舎等の鳩が来るのが楽しみです。何時も導入にあたっては、鳩質はもちろん、系統のしっかりしている鳩舎からの導入を心がけています。来月10月にはベルギーに出かけます、心新たに頑張ろう。            
9月19日(火)晴れ:
 福江365日+:昨日の故石綿 勝利氏(伸和運輸グループ・石綿家)の通夜は盛大でした、大ホールには花輪で埋まり、それでもかと廊下まで並んでいた花輪は約150台。何百人という出席者だからお経が始まるやすぐにお焼香が始まった。約30年間お世話に成りっぱなしなのだが、家族の計らいで正面入り口にトロフェー等が並べられて其処には、故石綿氏と一緒に撮った写真が2枚飾られていました、本当に有難うございました。今日は10時30分から葬儀が始まり故石綿氏とのお別れに涙を多く流してきました。お世話に成りました、奥さん初め多くの方々が、故石綿氏に有難う、有難うとの声が止むことなく続く中、旅たちられました、本当に有難うございました、そして感謝、感謝の念に耐えません。御冥福をお祈り申し上げます。合掌。            
9月12日(火)曇り雨:
 福江365日+:大変お世話に成ったI氏の自宅に家内とお参りに行ってきました。何時も変わらない穏やかな姿で、おい小黒!!焼肉と特製とんかつでも食べるか?と話しかけてくるようでした。奥さんはこのまま此処に寝かせておきたいと涙交じり話されており、1日でも長く自宅に置いておきたいという夫婦の絆を感じた時は、わたしはもう目に涙が溢れていました。I氏との付き合いは、私にとってレース面・政治&人生に於いて鳩の世界で一番男にしてくれた人でした、ある日社長が家を一軒買ってエスポワール・小黒と鳩小屋にした時は驚いた。I氏がいなければ連盟長・ブロック連盟長・ましてや全国理事等やら無かったかも知れない。今年で最後の全国理事だった私を見届けるように亡くなられてしまったI氏、何に付け小黒・小黒と言ってくれて、私のわがままに対して何一つ断りはしなかったI氏には感謝で一杯です。特に連盟長に成る時は、私のことを大変心配して頂きアドバイスと惜しみないお力を戴きました、特に人を見抜くことを何時も話してくれたり、人生の生き方を説くと教えていただきました。鳩の付き合いで無ければ、私など相手にされないほどの大社長で地元ではどんな世界でも力のある人でした。連盟に於いては、輸送面等で大変力になって戴きました。今振り返ると気さくに好き放題にI氏に失礼なことばかり云ったことが悔やまれるが、何時も薄笑いして何事も飲み込んでくれた。連日連夜、朝から夜中まで、自宅と割烹と三条の飲み屋街を月光仮面のように早手に現れては早手のように次から次えと飲み歩き、奥座敷月岡温泉にいけば1週間も帰ってこないし、長岡大花火は何時もしゃじきで大騒ぎ、レースになればなんだかんだと大騒ぎしたことなど脳から離れない楽しい思い出ばかりだ。感謝・感謝で一杯だし、もう少し生きていてほしかった。重ね重ね御冥福をお祈りいたします。合掌            
9月11日(月)晴れ:
 福江365日+:ベルギーN最後のレース、シャトローNは親友イブス・ファンデプールが優勝した。今年のオリンピヤードでペルピナンN優勝の兄弟・姉妹・直子を購入し久しぶりの再開に花が咲いた。4〜5年前に私に長距離レースは止めるので種鳩を買ってくれないかと話し掛けてきたが、その後何の連絡も無かった。ペルピナンN優勝して以来何の連絡も無かったのだが、オリンピヤードで再開したときは特別な対応をしてくれて分譲に応じてくれた。ファンデンプール氏はW・ミュラー氏と共に私の家に遊びに来られ、大いに花街で騒いだもので、今でも“ヨーコ”“ヨーコ”を忘れないのはよほど美人だったのだろう、其の“ヨーコ”38歳になった。だが我が人生最大の悲しみが届いた、会社を4つ、割烹など経営して地元では名士I氏,とても私など近寄れない存在なのだが、何時も気にかけてくれて、仕事と言い遊びも又豪快でした。鳩だ、鳩だと仲間と共にで騒ぎまくったI氏、最近は体調が悪い中唯一、年1度の長岡花火大会を楽しみにしておられたのだが、今年はこられなかった。思い出話は尽きないが・・・・。御冥福をお祈りいたします。合掌。            
9月10日(日)晴れ:
 福江365日+:仲間の文句じゃないけれど、雨にも負けずで頑張って訓練している毎日ですが、なんだかんだ云われるのを覚悟で地元新聞社の取材を受けることにしました。今日は朝6時から地元の新聞社の頼みで訓練の様子を撮影したいとの要望にこたえて、仲間達と20K付近での訓練模様を撮影していただきました。記者の方は地元はもちろん協会まで行かれ取材されたらしく、可也の熱の入れようで地元紙の夕刊に19日に掲載される予定だそうです、良かったらコンビニに販売されるのだ買って読んでくださいとのことでした。ご協力戴いた皆さんに感謝とお礼申し上げます。歳をとったせいか最近は何かと億劫になってしまった、昔はあれこれと、手間ひま考えずに騒ぎまくったけれど、今はもうわずらわしく成ってきている。私を取り巻く仲間とただ楽しくやれればいいと感じるのは歳のせいかな?。其の反面優秀な鳩作りには、一段と熱が入って今年のオリンピアードマラトン部門1位のジュリアン・ニブス鳩舎の系統・翔歴と申し分ないチャンピォン鳩を導入した。2018年は、此の“ル・オリンピアード”を中心に頑張る予定です。ニブスの地域は“エスポワール”と言われているグループですので此れも縁があったのかと思いますが、此の話がまとまったとき、奥さんの目にうっすらと涙が出ていました。帰り際、奥さんと握手したときは、生涯の中で一番自慢してきた鳩を手放す思いから、目に涙を浮かべ寂しそうな感じでした。古豪で歴史と共に生きて生きた男、近年のPIPAのナショナルランキング1位2年間も受賞した男“ジュリアン・ニブス”近年のベルギーで此れほどの鳩舎はない。            
9月9日(土)快晴:
 福江365日+:今日はあたたくなり最高の1日となりそうです。訓練も順調とは行きませんが、それなりに頑張っています。今年最悪だと言われているバルセロナ レースだが、帰還の良い鳩舎は多数いる中で、W・ミュラー鳩舎は約50羽も帰還している。今自鳩舎のビデオを作製中というミュラー鳩舎は鼻息が荒いが、此れほど自鳩舎や他で飛べば致し方ないかも知れない、、其のミュラー鳩舎から50羽導入が決定した。又、問い合わせのテイス鳩舎の鳩も数羽導入予定です。来年3月まで日通航空を利用できますが、その後の輸送については、動物取り扱い業に添うような形で私が対面販売、すなわち私が配達することになりそうです。元来、法律上は対面販売が原則なのですから致し方ないかもしれません。たかが鳩といっても、ペットという分類に入っている以上規制をかけられても仕方ありません。来年は、友人にバルセロナ観戦を頼みました、海の向こうでのんびりと観戦したいと思います。忘れてましたが、今年PIPAのオークションで世界最高値を記録したジノ クリケ鳩舎は今年も絶好調でKBDBエースピジョンを獲得した、ジノ クリケ鳩舎の鳩の導入は出来ますので興味のある方はお問い合わせ下さい。            
9月8日(金)曇り:
 福江365日+:お問い合わせのテイス・ニック&ロジャーは、関東の人のブログにしっかり紹介されてますよ、ミート・・・さん。ベルギーの友人は此処の鳩舎の鳩を50羽持っています。驚きましたよミートさん。系統といい貴重な記録鳩なので人にも声をかけているので早めにご返事を格安です            
9月7日(木)雨:
 福江365日+:気がつけば9月半ばに成ろうとしている。そしてベルギーから帰国して3日目の今日は雨、舎外も思うように出来ず、まして訓練等いける状態ではないし鳩の状態は最悪です。たかが3日間しか滞在しない今回の旅は疲れました、ゴメールが私にJ&Jエンゲルスの話をしてくれました。兄のジョスは体調が悪く今年でレースは中止だそうで選手鳩はオークションに出し、種鳩は弟のジュールスが管理するのでいままでどおり購入は出来るとのことでした。前回記録鳩を購入したときは、弟のジュールスの鳩で兄のジョスよりも鳩の出来は素晴らしかった事を思い出した。エンゲルスは永遠に不滅であることを確認した。トータルオークションと噂が出れば焦る気持ちは良く分かるが、冷静になるよう仲間には事情を説明した。仲間が今年成績が一番だと言う、ティス ニック&ロジャー(THYS NICKU&ROGER)シャトローでは抜群の成績だ、此処から記録鳩1羽1000ユーロで購入したが次回もう1羽記録鳩を頼んだのだが、私の友人はテイス鳩舎から50羽も導入していた。2017年の中距離チャンピォン鳩舎ティス ニック&ロジャー!!興味ある人は連絡を。そりて時代と共に活躍!!名匠J・ニブス鳩舎の“ル・オリンピアード号”今年度ブリュッセルで開催されたオリンピアード 超長距離部門ベルギー第1位のチャンピォン導入が決まった。            
8月30日(水)曇り晴れ:
 福江365日+:明日は、ベルギーに出発します。なんだかんだでやぶようが多かった先週と今週、飛行機が落ちる前にと言ってコンパを口説く有様、もう70歳!!馬鹿なことばかりしていると本当に飛行機事故が起こるかもしれない。今回は強行日程で大変ですが、頑張ります、そして今回の続きは、10月のブールジュで開催されるゴールド ウイングセレモニーに出席にまたまたベルギーに行くので続きます。            
8月28日(月)晴れ:
 福江365日+:最近は、ストレス解消にど〜〜〜とハッスル頑張っています。最近のスーパーコンパは凄いと言いようがない、此れじゃ〜〜キャバで2〜3万払うのならコンパが楽しいかもしれない。冥土の土産が沢山出来ましたが、またまたアンコールで10月、食事代よりコンパ代が倍以上、それでもレースのさなかの10月にやるのだと言う。じゃ〜〜しょうがないと言って秋RGで仲間内で一番早い鳩舎に“CHレオ”の直仔をプレゼントすることにした。そして春地区N総合優勝のT鳩舎には、デブクワ賞をプレゼント、おまけにコンパ付だと言いたいところだが、何しろ相手がいるので返事まちでどうかな?。病気の事など忘れる黄色一色の夜でした。但しお断りいておきますが、此の会はメンバー限定ですので何とぞご理解下さい。エスポワール グループ “藤勝会&悠久は多くの皆様方の参加をお待ちしてます。            
 福江365日+:あきゃ〜〜、目の前で鳩舎に降りようとした鳩が、鷹に取られてしまったいやになりますね。日通は3月末まで、郵政も全国向けの輸送は取り扱わないようだ、この先どうなるんだろう?会員のことや真剣に鳩レースをしている人のことを考えたら余りにも・・・・・・・。鳩レースが出来ればいいと云っている時ではないと思う、一丸となって此の事を考えなければいけないと思う。            
8月21日(月)晴れ:
 福江365日+:思うように天候が定まらず、困っていますが今週から本格的に訓練に入りたいと思っていますが24,25日は理事会で東京にその後はベルギーですので本格的といっても気持ちだけ。それと平行して種鳩を減らしますので大変です。此れからの事を考えて、今年はめい一杯選手鳩を作りましたので、種鳩やその他一族を70パーセント削減予定ですので死ぬ覚悟で頑張ります。75歳まで頑張る予定で、とんとん とんとん日産のキャラバン新車を買うか迷っています。仲間と共に悠久と現存の藤勝会、其の二つを併せて“エスポワール グループ”として仲間と共に楽しんでいくことに決めましたのでご協力宜しくお願いします。昔と言っても数年前“銘鳩会”と言う仲間の集まる会は楽しかったし社会貢献にも協力をしてきましたので、其の意思を受け継ぎ“悠久””藤勝会”のメンバーと共にエスポワール グループは頑張るつもりです。今年は藤勝会のメンバーTロフトが地区N総合優勝されました、先日祝勝会をコンパと共に割烹中越でど〜〜とお祝いをいたしました。メンバー一同Tロフトおめでとうございました。            
8月19日(土)曇り雨:
 福江365日+:おはようございます。お盆も過ぎ朝夕めっきり涼しくなりましたが、何故か?天候が思わしくなく梅雨が逆戻りしたように感じます。若鳩の訓練も思うようにいけず、歯と唇をかみ締める日が続く毎日で、追い討ちを掛けるように隼のすざましい攻撃には頭が痛いです。早朝に舎外をすればご近所の家に体当たりをするためテロか?と何事が起きたのかと下着姿まではいかないが寝巻き姿で窓から顔を出して様子を伺う人や、外にまで出てこられるご近所の老人、此れには参りました。こうなると何故か?やる気がなくなりますが、17、18日と2日間町内の祭りがあり気分転換に“マタンゴ!!”今月末8月はベルギー、再び10月にもゴールドウイングのセレモニーにベルギー、追い討ちをかけ11月もベルギー予定体力との戦いです。其の合間に若鳩の秋季レースRGです。            
8月13日(日)晴れ:
 福江365日+:あっという間にもうお盆、暑さもお盆が過ぎれば少しは涼しくなることだろう。猛禽類が出ないと安心した矢先に鷹と隼が朝晩しつこく出没し可也の被害続出です。昨日も新潟市内まで飛んで云ったらしく死亡していたと連絡がありました。日通航空も来年の4月からチャーター便になるらしく、迷い鳩の引き取りも高額の料金がかかるようだ。もう先が無い此の世界で追い討ちを掛けられるようでなんともやるせない毎日です。鳩は動物取り扱い業では、ペット・愛玩動物と位置づけされている。もし?虐待や引取りを拒否したら大問題になり駆りえないし、動物愛護団体に通報されたら問題はさらに大きくなる。難しい時代になってきた此の世界だが、何とか皆さんで知恵を出し合って此の問題を解決しなければレースはできなくなるかもしれない。            
7月25日(火)雨:
 福江365日+:私が此処まで全国の友人を始め、ベルギーの友人のおかげと感謝してます。其の50年と言う長い歴史の中の思い出を話したいと思います。思い出のある方は多くいるのだが、数十年前ある関東の人から一本の電話がありました、確か?ベルギーのデイジー スロット鳩舎の件で問い合わせがあり、このことから長いお付き合いが始まった。H・ファンネステ鳩舎からは、バルセロナN8位を初め長距離ASピジョン等、ファンネステ鳩舎のチャンピョン鳩云う鳩を全て導入、A・ブロンカールト鳩舎からも長距離ASピジョン鳩、G・カルトース鳩舎の“リモージュ号”の直仔を初め、多くの記録鳩を導入され、M・ファンデンナベール鳩舎からは、“リモージュN2位鳩”・“ペルピニヤン号”・M・デルバール鳩舎からは“マルセル号”等、F。ラビュー鳩舎からは、あの有名な“モントバーン号”“ネロ号”その他A・フェモーテ、J・デノー、G・インブレックス、フェンステンハウス・ファンブリュアーナ等多くのチャンピョン鳩を集められました。鳩と鳩舎についての研究は正に日本一かと思うほど熱心に勉強されていました。何時も成田からの待ち合わせは関越道高坂パーキングで笑顔で対応して頂きました。此の次は此処の鳩舎とお互いに話し合って居りました。今回E・リンブルグ鳩舎でダイレクトのM・ファンデンアベール作の直仔がバルセロナN5位に入賞したことは、彼の先見の目が証明されました。又、日本人で此れほどベルギーで通用するCHを多く集められたのはまず彼1人ではないかと思います。今回のベルギーに行った際、引退されたH・ファンネステ氏にお会いしたが、思いでは彼の導入した鳩の話ばかり、同行したベルギーの友人は驚くばかりでした。彼は私に次回はリエージュのあの鳩舎だと言う、そして今夏ようやくたどり着きました。あの巨匠故G・カルトース氏と五部に話し合えることが出来たのも彼のお陰ですし、多くの限りない協力とお力を戴き感謝する次第です。50年間の今年ふと振り返りました。又ある人は、G・インブレックスの最大の流れの“スーパーバルセロナ号”(プティーバルセロナ号の父)を初め多くのインブレックスのCHを導入された。ゆうがままに購入した私の友人は、M・ファンデンナベール鳩舎の”幻の銘鳩スーパー”を導入したのは私の人生の一番の思い出です。感謝・感謝です。            
7月23日(日)雨:
約2週間の旅も昨日で終了しました。なんといってもバルセロナ レースの帰還の悪さには何処の鳩舎もため息ばかりでしたが、そんな中オランダのW・ミュラー鳩舎は昨年に続き大活躍でバルセロナN14・49・50・78・85・95・184・230・260・276・318・364・367・430・469・570・624・696・704・739・841・870・965・993・1010・1097位と殆どの“グナーイデン”82−8275277の直系です。又、先日行なわれたマルセーユN±9位入賞と帝王の名にふさわしい活躍です。ミュラー豪語、“俺の鳩は暑さには強い”と言う。新潟でも今年の長距離GP&GN・桜花賞にはミュラーの筋が活躍している。N14位の鳩は昨年バルセロナN93位、距離は1134Kスーパーチャンピョンの誕生です。E・リンブルグ鳩舎は1羽参加でN5位入賞で多額の賞金を戴きご機嫌でした。父親は数年前に“スーパー”・”イルン”・ペルピニヤン”“リモージュN2位”等銘鳩を購入したM・ファンデンアベール氏作の鳩でデルバール・カルトース・ヘベレヒッツ等で構成され今はM・デルバール鳩舎で2年前にペルピナンN3位等デルバール鳩舎でも大活躍しています。貴公子デブクワもN上位入賞で、昨年活躍した“レンゾウ”も帰還しました。N・ペイレン鳩舎から15年バルセロナN優勝、IN2位の直仔を3000ユーロで譲りうけました後に、サンバンサン&アーゲンでトップテンに入賞しラッキーな買い物をしましたし、オークションで日本に送るんだと言う鳩も見せていただきました。、今後もN・ペイレンの購入を約束してきました。バーテンブルグは昔と違い高額になってしまったことに驚きを感じましたが、それでも購入する人がいるのだから不思議な感じです、ちなみにバルセロナIN優勝の直仔が20000ユーロ、孫が2500ユーロでその他は500ユーロから、昔は確か?。今回はE・リンブルグ&M&Dデブクワとの深い絆が、ふとした広告により一層深まりましたことは感謝申し上げます。幸運にもE・リンブルグ鳩舎の“超銘鳩ラッキー85”の兄弟の娘を導入できたことは感謝・感謝の一言、ジャルマン インブレックスからはバルセロナ入賞鳩と大量のバルセロナ鳩を購入できました。バルセロナ鳩の導入を常に念頭に置き次回は9月&10月・12月の予定です。  福江365日+:         
7月10日(月)晴れ:
 福江365日+:先週土・日曜は羽越ブロック連盟表彰式と総会・懇親会が開催されました。楽しいひと時を過ごさせて頂きました。だけど来年元気な姿で合えることを願う次第です。オランダ・Wミュラーバルセロナ絶好調で昨年N93位入賞鳩が今年N14位に入賞!!スーパーチャンピォン誕生だ。インブレックス鳩舎は4羽記録相変わらずバルセロには強い!!。さ〜〜明日からベルギーの旅がんばってきま〜〜〜〜す。          
6月28日(水)晴れ:
 福江365日+:朝夕の孫との体力づくりに励んでいる毎日だが、足腰が大分へこたれている感じがする。自転車で散歩中2回も転倒してしまう自分に情けなくなってくる。2歳の孫は野球に興味を示しており、最近はバットを振り回すがソフトテニスをやらせたい自分は、娘のラケットを振り回して見せるが何の反応も示さない。2017年の作出は90%終了し、舎外は約200羽です。息子の管理鳩は40羽だが、のんびりとやるそうだ。友人に残り約60羽作出して今年は終わりにしたいと思うのだが、Y氏より今年GN連盟優勝鳩の配合があるので当面頑張ります。若鳩の訓練は今週から始めようと考えていますが、要は天気次第です。それにしても貴公子M&Dデブクワ(デスブクワ)鳩舎の活躍には目を離せないが、親父さんからの付き合いはE・リンブルグ鳩舎と同じです。今年はさらに3人の絆が大きくなるように頑張ろう。だが?どうもベルギーは何処か例年と違うような感じがする、果たして次回アジャン・バルセロナと続くレースは??????。          
6月25日(日)曇り雨:
 福江365日+:おはようございます、最近は孫と体力づくりで朝夕とサイクリングをしています。おかげさまで体力も回復状態ですが、2歳の愛心君、足こきバイクですいすいと走り追いつくのが精一杯です。道中小中学校の野球の練習を見学すると、頑張れ頑張れと額に汗をかきながらの声援を送る姿は頼もしい限りです。長男もいよいよ約60羽の鳩の世話に夢中になっていますので近いうちに親子対決が出来そうです。又、いろいろと皆さんからご指導を戴きたいと思います、もう私は70歳を過ぎ“ESPOIR LOFT”は息子の時代に移りますし商売等も息子に任せるときが来ました、私はのんびり鳩レースに浸るときが来たようです。息子には全ての面で第一戦で活躍してもらいたいものです、其のときが私の引退です。今朝早々にM&Dデブクワ(デスブクワ)氏より電話がり、カオールNに2位に入賞したと喜んでいました。又、アルジェんトンN35844羽中優勝鳩の系統は、E・リンブルグと分け合った“JOOST”のラインとの事でした。“JOOST”の孫等分譲中ですので私も大喜びです。今月30羽近くのM&Dデブクワ鳩舎の種鳩を含む鳩を導入しましたので宜しくお願いします。アルジェントンのレースではイブス・ファンデプール鳩舎も入賞しておりました。今後も楽しみです。さ〜〜期待をこめてベルギーに行きますので宜しく!!。ちなみにカオールN2位の母親は友人に世話をしました。          
5月28日(日)晴れ:
 福江365日+:やってくれました!!、藤沢先生!!2週連続のG1制覇オークスそして念願の日本ダービー優勝おめでとうございます。新潟競馬場に来られた節には家内共々再開を楽しみにしております、天皇賞優勝したときに頂いたスピルバークの記念ジャンパーは大切に飾ってあります。いよいよ本場ヨーロッパも、ブールジュNレースを皮切りに約3ヶ月にわたる熱戦が始まった。私も6月末にはベルギー&オランダに出かけますが、M&Dデブクワ・Rデズメットマタイス・オランダ Wミュラー鳩舎等から導入を考えています。今年見たいな年は、M&Dデブクワ・Wミュラー等の系統が全国的に活躍した。私もうかつだったが友人のN氏が、今年3月に実施された国際ダービー400Kでロジャー バルセロナ号の孫で10位入賞されたことが、レース鳩誌に紹介されたのを見過ごしていました、遅くはなりましたが心よりお祝いとおめでとうございます。その他でも羽越GP&GNで大活躍した。私のところでもM&Dデブクワ×Wミュラーの配合を母に持つ“RYOSAKU”が羽越GPで期待通りの活躍をしてくれました。M&Dデブクワ鳩舎から多くの鳩の導入が決まっておりWミュラー鳩舎、Rデズメットマタイス鳩舎、Wミュラー鳩舎を初めとする有名かつ最強鳩舎から導入を考えています。          
5月20日(土)晴れ:
 福江365日+2:今年の5月は、ふきに吹かれた半月でしたが、仲間の好成績に祝福を送ります。6月からは、“一 鳩 入 魂”で365日+3がスタートします。今年当鳩舎は連盟年間エースピジョン候補鳩が2羽も生まれました。此の規定は連盟レース5パーセント以内3回入賞ですのでクリアーするのが大変です。此の原動力となったのが“ESPOIR”・レオ ヘルマン・M&Dデブクワ・Wミュラーの系統です。特にWミュラーは、私の鳩は高温の長距離レースには強いと豪語するだけに活躍してくれた。此処2〜3年高温の中実施されているバルセロナレースには大量の鳩を入賞!!、スーパー リゾルツ!!。銘血と実績のWミュラーはベルギーの貴公子デブクワと共にバルセロナのスペシャリストだ。今年のバルセロナに共に再開出来るのが楽しみです。          
5月19日(金)晴れ:
 福江365日+2:5月12日に緊急手術して入院したが、担当の先生にお願いして翌日13日に退院してのGN&GPの持ち寄りでした。担当の先生は呆れ顔をして退院してもいいよと話してくれたが、私の心の中は心配で心配でしたが、退院するとき先生が何かあったら、担当医師は・・だといって受付に来なさいと言われ少しは安心して退院したわけだが、結果は来年に向かって福江365日+3。昨年から今年思うように出来ず、自分ながら此処に来て恥ずかしい話だが、鳩レースはこんなにも体力が必要かと身にしみるほど感じた。何より歳をとっても健康が第一だが、無理をせず頑張ることと、息子にも鳩の世話をお願いすることになったし、仲間の協力も得られることになり、もう少し鳩レースを楽しむことが出来る。70歳を記にGP1番手帰還鳩の名を“RYOSAKU”・桜花賞帰還鳩を”KEIKO”と命名して配合をすることにした。“KEIKO”は300KSC3756羽中総合優勝鳩“YAMATO”の娘で、今年羽越GN福江連盟3日目1羽帰りの友人の鳩の父親の系統は“YAMATO”“雪姫”の孫にあたり“ESPOIR”友人には感謝とお礼とお祝いを申し上げます。又、新たなスタートとなりましたが昨秋みたいな失敗をせずに今年を乗り越えたいと思います。          
4月26日(晴れ)水:
orin1 早いものです、RG&地区Nが終わり桜も散り鳩レースも残すところ桜花賞・GP&GNの3レースになりました。体調不順には困っていますが、なんとかなるでしょう。いまさら言うわけでもないのですが、サプリメントの効果は素晴らしい、今回デブクワの使用しているものを使用しているのですが、最高だ!!。今年は、例年とは違い少数精鋭で戦っていますので選手鳩の管理は楽ですが、きつい面も多くありますが何とか、乗り切れたらと思っています。
         
3月27日(雨)月:
もう3月も残す4日となり、いよいよレジョナルレースです。200K&300Kの成績はまずまずでしたが帰還率が悪すぎる!!。負け惜しみを言うわけではないが、少数で頑張りましょう。先週待ちに待ったW・ミュラー氏のバルセロナ4回&3回入賞の鳩が来た。PIPAインターナショナルランキング入賞の鳩ですが、五島列島福江1100Kに向けて此れならばと感じるバルセロナ鳩、満足度110パーセントです。早々に配合開始ですが、期待通りに行くことを祈ります。GNに向けて又高い買い物をしてしまいました。        
3月17日(晴れのち雨)金:
三月も半ばを過ぎ明日は300Kの持ち寄りだ。ラインをしているのだが、昔のソフトバンクのアイフォン5のデーターを機種変更のとき抹消しないまま交換したため、次女が最近ラインを始めたら、昔のラインが出てきたらしく、大騒ぎになってしまった。ラインには・・・・オン&・・・・と一緒に写っている写真だらけで、次女は家内にお父さん浮気をしていると長女と大騒ぎ、家内はへえーと冷静を、とんだホワイトデーでした。マイッター!!。此れからは注意をすることに。毎日&毎日天候が今一で思うように舎外も出来ないが、なんとしても無事福井を乗り越えたい。5月は再検査があり、思うように仕事は出来ないが、病気の事は忘れて頑張ります。高岡200Kは連盟全体で25位前後の位置にいる、2羽入賞を目指してサプリメントを毎日与えています。
3月6日(晴れ)月:
orin1 やっと間に合ったが荒削りの100K参加となってしまった。今年は、選手鳩が少ないので気が楽な分結果を出さなければ大変だ。昨日は連盟の総会と表彰式が無事終了した。此れで当分気が楽に頑張るべ〜〜。
         
2月15日(雪)水:オランダ バルセロナ帝王W・ミュラーご夫婦と家内
orin1 オリンピヤードで運よく、いや申し合わせたように同じNHホテルに宿泊したW・ミュラーご夫婦と1年ぶりに再会が出来た。15”16”とバルセロナでは絶好調のミュラー氏だが、最近は成績が良いから強気だ、それに追い討ちをかけるように昨年はバルセロナで父方がミュラー作のダイレクトの仔がオランダN優勝!!、だから強気だ。ミューラー氏の系統はヤン アールデンで、ヨーロッパで大活躍していることは言うまでもないが、価格が高くなるのは当たり前かもしれない。今回は、特別だと話すミュラー氏バルセロナ3回入賞の鳩等6羽譲ってくれることになった。昔ゴメール氏が長距離をやっていたころにこんな話をした、短中距離鳩舎は、当歳鳩や一歳鳩でレースを長距離は二歳三歳と時間をかけてレースをしなければ成らないが、商売等考えたら格段に短中距離鳩の方がやり易いと言う。ビジネスだけを考えた話かもしれないが、長距離は長距離鳩の良い所があるし、短中距離鳩もそれなりに評価できる。価格は自分が評価して決めればいいことだと私は思っているが、いつもながら裸の王様だけにはなりたくないものです。今回も時間の都合でオランダにいけずじまいとなったが、近いうちにいくことにしよう。
         
2月14日(雪)火:Y・フンデンプール氏自慢のミス・ペルピナン号兄弟姉妹
2016年Y・ファンデンプール氏は、久々の長距離ペルピナンでN優勝した、本来シオン・カイパー・ファンデンアイデン等でバルセロナ最多羽数を参加するなど一時期は大いに脚光を浴びた時の人である。ファンデンプール氏の系統はドイツのフライアルデン フォーヘン鳩舎でバルセロナN優勝を初め毎年N優勝を出すほど活躍している。現在ファンデンプール氏の鳩は随分変わってきたとはいえ、昔のラインに新しい血を入れて長距離に取り組んでいるが、2年前ファンデンプール氏がナショナル表彰式の会場で長距離系を全鳩買わないかという話が合った、その後話が途絶えたので気が変わったのだろう、そして昨年のペルピナンN優勝、本人は全鳩処分しなくてほっとしているのではなかろうか?。そんなことで今回4羽の兄弟とミス ペルピナンの直仔を買うことにした。ファンデンプール氏の長距離鳩はマルセーユ・バルセロナ・ペルピナンと約2ヶ月弱の日程でレースに参加し、長距離思考という鳩舎でも珍しい存在でした。多分ヨーロッパでは唯1人かも知れない。又、世界的銘鳩といわれた“ロマリオ号”はヨーロッパの人で始めてマルセーユ・バルセロナ・ペルピナンと二年間INで上位入賞した、唯一のスーパーチャンピォン鳩である。翔歴は94”バルセロナIN26807羽中196位、マルセローユIN15669羽中119位、95”バルセロナIN20936羽中110位、マルセーユIN15078羽中149位、ペルピナンIN14252羽中96位という輝かしい翔歴だ。“ロマリオ号”の孫はレオン マリット鳩舎で2年連続エースピジョンになっているし、ドイツのフライアルデンフォーヘン鳩舎でも活躍し、私はファンデンプール氏、レオン マリット氏、の記録鳩を多数導入したし、特にドイツのフライアルデンホーヘン鳩舎は、バルセロナ入賞鳩を初め代表鳩を多く導入し額に収めて今も飾ってある。時代は容赦なく過ぎていくけど時代の名門といわれた愛鳩家の銘鳩&銘血は、現在に受け継がれていくことを知らなければならないし、現在の活躍している鳩舎の流れも研究する価値があるかも知れない。         
2月11日(吹雪)土:M・デルバール鳩舎15”ペルピナンN3位、16”ペルピナンN70位
orin1 M・デルバール鳩舎のペルピナンのチャンピォンです。真坂15”ペルピナンのレースでタッチの差でN3位に入賞した鳩を翌年16”のペルピナンに参加するとは思っても見なかったが見事N70位とは恐れ入りました。系統はお父さん時代のデルバール・カルトース・クリス ヘベレヒッツです。此の鳩も同腹もオスです。16”ペルピナンN優勝はイブス ファンデンプール氏で“ミス ペルピナン号”B13−2176063の兄弟&姉妹4羽と“ミス ペルピナン号”の直仔1羽契約しました。バルセロナ&バルセロナと叫んでいる私には、もう一つペルピナンのレースです、いってみればレース自体違いますが、バルセロナ レースに参加した多くの鳩がN優勝目指して参加します、シーズン最後の長距離レースで私個人の考えとしては、バルセロナレースの再戦みたいなものだと個人的に思っています。あくまでも私個人のとらえ方ですのでご勘弁を。さ〜〜て今日は、我が連合会の新年会&懇親会をレストラン三宝で食事をしながら開催されました。楽しいひと時を送ることが出来ましたことを嬉しく思っています。でかいこと言うわけではないが、長岡中央連合会は県内はもちろん全国レベルを目指し会員一同努力&努力して頑張っていただきたい。昨年は創立25周年を終え、新たなる出発です、私も病気の事など考えず、楽しく鳩人生を笑顔と笑いと仲間達に助けられていくこととします。感謝&感謝と義理人情を忘れたら終わりです。
         
2月10日()金:M・デルバール鳩舎・“CHバリオレ号”ペルピナンN188位、バルセロナN907位他1回入賞
orin1 昨日は、鷹の襲撃で1羽持っていかれた、此処に来て頭の痛い出来事だが、何時までも悔やんでもいられない、今日は昨年からの一通りの予防薬が終了したこともあって、成鳩は舎外を止めてワクチン接種を家内とやることにした。10時から開始してまもなく今何処にいると電話が入る、昨日話した友人が遊びに来たのだ、早々にワクチン接種を止めて、鳩談義となるところなのだが、友人曰く私にあおられて舎外したのだいう、そしたら鷹や隼の集中こうげきに合い3羽もやられたので、様子を見に私のところに来たのだという、な〜〜だ舎外していないのか?と不満そうに話すが此方も昨日やられているので、お互い慰めように笑いが止まらない会話が続く。なんだかんだで2017年の鳩を早く舎外すればとせかされてしまって12時30分まで遊んでいかれた。その後強風の中2017年の舎外を開始したもののも猛禽類の襲撃は無かったものの電線に2羽ぶっかってザインドとなってしまった。猛禽類にやられなければ電線困ったことだ。写真の鳩は、巨匠100年の歴史があるM・デルバール氏のCH鳩で其のおじいさん“グラバンチョ号”は当鳩舎の種鳩です。デルバール系は多くの愛鳩家から親しまれている銘系でヤン アールデン等の基礎になったことはゆうまでも無い。私が思うには日本で親しまれているデルバール系は、日本の気候風土にマッチしておりスピード・超長距離・中距離等及び其の気品あふれる姿は申し分ないと私は思う。此処最近デルバール氏の活躍に驚きを感じますが、80歳を過ぎ高齢で活躍している現時点でデルバールの系統を必要とするのかも知れません。銘血は永遠に不滅かも知れません。
         
2月9日(晴れ)木:ゴメール氏を囲んでの楽しいひと時です。
orin1 今日もやってきた、仲間と電話している最中に持っていかれた、仲間は此処最近は舎外はしなく、周りの様子を鷹のごとく目を光らせて状況調査をしているらしく、鳩舎訪問する皆さんは舎外どころではなく、配合にいそがしくてんてこ舞いをしているという、当の本人も舎外はお休み状態なので朝から手製のえさ箱作りに忙しくせいを出している。そんな状態なので私の鳩舎はもろに狙われているみたいだ。だけどもう時間が無い犠牲覚悟で頑張ろう。
         
2月8日(晴れ)水:今ベルギーの最前線を行くデブクワ・ジノ クリケ・デズメーター・シュチュレーダー・ホッフリン氏
orin1 ベルギー鳩界若手NO1の勢ぞろいだ。何処の鳩舎も購入OKなのだが?。今は中国に振り回されて高額の金額を提示するのだが、なんとか仲間価格で分譲して頂きたい。会場でジノ クリケ鳩舎は、自分の鳩舎のPIPAオークションの本を私にくれた、多分此の3月にPIPAで代表鳩ゴールデン プリンス号を初め記録鳩やCH直仔等大オークションやる。私は其の前にといってCHゴーデン プリンス号の直仔を3000ユーロで2羽購入した、ジノ氏曰くCHゴールデン プリンス号は何千万になるだろうから、あんたはラッキーだと笑顔で話す。ジノ氏は昨年11月に来日予定だったが奥さんの体調不良で来日しなかった。此れからジノ クリケ氏のPIPAでのオークションが始まるわけだが、鳥インフルエンザと絡んでどうなるか成り行きに注目したいものです。毎日、毎日、隼鷹などの猛禽類に朝・日中・夕方とおいに追われ選手鳩はへとへとのところ、追い討ちをけるように此の寒さと雪や吹雪の中の舎外は果たして鳩にとっていいのだろうか?。だけどといってもう訓練をしなければならい時に来ているし、舎外をしなければ春季レースに間に合わない、かなりのダメージを背負っての春季レースに望むわけだが、此れも雪国に住んでいる宿命かもしれない。雪の余り降らない地方では、100K・200Kと訓練やレースが始まっているようだ、雪国はまだまだ冬眠から目が覚めた状態で短時間で長距離までこなす此のハードのレース日程に良く鳩は耐えてくれるものです。
         
2月7日(晴れ雪)火:レオ ヘルマン氏との再会
orin1 会場では、何時もにこやかで居られるレオ ヘルマン氏、当鳩舎には“レオ号”の直仔・孫が活躍しているのだ。5年前レオ ヘルマン鳩舎を訪問して数羽の優勝鳩や記録鳩等を購入したのだが、其の中にとてつもない種鳩がいたのだが後日知ることになった。ある日V・ゴメール氏がレオ ヘルマン氏のCH鳩11−407、408の同腹の2羽を導入したのだが、作出後どちらか1羽を中国に数千万で売るのだという。どちらを残せばとゴメール氏が私に問いかけてきた、2羽とも手持ちの良い素晴らしい鳩で407の目の色は柿目、408は石赤目でした、私は雌らしい雄の方を残したらというと、ゴメール氏も俺と同じ考えだと話した、早々自慢げに2羽の写真と系統書のコピーを見せてくれた。407はゲレーN12592羽中201位、モンリュソン1199羽中7位 N18568羽中388位。408はモリュソンN(Z)2996羽中優勝 N18568羽中38位という成績でレオ ヘルマン鳩舎のブームの絶好調だから高値もしょうがないかも知れないと心に思ったが、系統書を見ると父親の番号に見覚えがある、はてな?と思ったが其のときは流し程度に拝見したが、日本に帰って調べるとなんと父親は私が導入していた、09−130だった。ラッキー!!と思ったがすでに遅し其の鳩は・・・・。ああ〜〜〜無常!!。ガッカリで食欲が無い日が続いたことは言うまでもない 。そんな出来事も昔の思いで、レオ ヘルマン氏から新たなCH導入を考えている。今日は午後から少し荒れ模様となったが、2017年生まれの鳩は元気良く飛んでいました。ベルギーの友人は、雪の降る中や吹雪の中舎外をすると話すと驚いて口を揃えてNOという。彼らは気温が低いときは舎外はしないのだというし、鳩舎にはスチームを入れるほどです。今年の願望は2017年生まれの鳩が春季レースに入賞することが念頭の祈願であります、人に笑われないように努力して頑張ります。結果や人に馬鹿にされることには気にしないで、又、帰還率のことなど考えず有言実行と夢を実現したいと思います。帰還率賞は沢山入賞した此れでもかといきたい、でかいこといっちゃった。
         
2月6日(月)雨:パパジャルマンさん、私はコープマン氏と今日から兄弟です。
orin1 ジャルマンとオリンピヤード会場を見学していると、ばったりとオランダのコープマンに出会った、私は知らない仲なのかと思い紹介しようとすると、二人は笑いながら握手をするではないか、ジャルマンが親しそうに会話する姿を見て不思議な光景かと思いや、以前にコープマン氏が、ジャルマンのところに鳩を買いに来たのだという、え〜〜〜と自分を疑ったが現実は現実だ。1980年頃長距離で高根の花はM・ローセンス、G・インブレックスからG・カルトース、中距離はヤンセンは勿論の事だが、V・ゴメールの鳩等が高かったと記憶している。だが今は何処もかしこも高い、え〜〜と思うことが度々あるし買った人のさば読みもあるわけでもない。一部は中国のせいかも知れないが、こんな鳩舎が?、こんな鳩が?と思うときもあるが、買う人の自由だからとやかく言う必要はないが。話はそれたが、そんな訳でコープマン氏と兄弟とジョーク交じりに挨拶をし、次回は鳩を購入する話に花が咲いた。ジャルマンの鳩の価格とコープマンの価格比べてみたいものだ。オリンピヤードの会場は、ワンロフトレースのブースがかなりあったし中国のブースもあったが、ワンピジョンのビビヤーン女史は精力的に活動していたが、旦那のジェームス氏は何故か?中国にいた。この二人の夫婦はゴメール宅で何時も一緒になる友人夫婦で、気持ちの優しいビビアーンは何時も私に気を使ってくれる。改めてジャルマンとゴメールの偉大さに敬意と感謝の念です。W・ミュラーとドイツのブロンカンプと一緒に記念写真をとったのだが、此処にカルトース氏(故人)がいなかったのは寂しい限りでした。
         
2月5日(日)晴れ:有名鳩舎の系統の集大成販売
orin1 日本でも有銘鳩舎の鳩を多数取り揃えて、自鳩舎で配合して其の仔を格安に分譲する人を雑誌等で見受けられるが、今回のオリンピヤード会場でそのようなお店がかなり出展していた。2月に行なわれる恒例となったコルトレイク市で開催される見本市FUGAREに出展して人気NO1のオランダのワールド ピジョン社は、今人気沸騰のハリー号のラインや、レオ ヘルマン鳩舎、J・トネー鳩舎・コープマン鳩舎等の系統をワールド ピジョンが作出してフエリップ氏が格安に分譲している。今回オリンピヤードに展示されていた鳩はそれらの鳩で鳩質も大変良かったので、またまた13羽も購入してしまった。其の光景をじっと見ていたイブス・ファンデンプール氏だった、ファンデンプール氏とは、十数年来の友人で一度私の家に訪問され、其の頃は若かったのでキャバクラでヨーコと朝まで騒いだ思い出がある、そんな関係でウインクしながらファンデンプールが言う、俺の鳩も格安にするから買わないかと、安くするならという条件でペルピナンN優勝の兄弟・姉妹・直仔を5羽も買ってしまったペルピナンN優勝の兄弟・直仔は何千ユーロもするだろう、ヘナチョコの鳩の仔でもすぐ人は何千ユーロだというだとしたら?。そしたら隣のファンウンケル氏おいおいと俺の鳩もそしたらヤン アールデン系を分譲しているオランダの方も寄り添ってきたあ〜〜〜あユーロがな〜〜いE・デニスさんヘルプ&ヘルプ。今回は一般の方々が言う高値の花の鳩は、控えめに購入したが、まだまだ紹介されない銘鳩といえる鳩は沢山いる、何処も此処もオリンピアード マーク、そんなに沢山いるなら????。あおられて、あおられて流行に目線が走る、高い買い物をするわけだが、喜ぶのは誰だ〜〜〜〜。原点を忘れないように頑張ろう。今月25&26日に再度ベルギーです。結婚50周年を記念して特別にピジョン ワールド作の約100パーセント、ホーイマンス系CHハリー号ラインを交渉して特別記念として、若鳩1羽50000円前後で分譲できるように交渉してこよう。興味ある方は連絡下さい今回は10羽限定今回限り10羽交渉!!。
         
2月4日(土)晴れ:BARCERONA GOUDEN VLEGEL 
orin1 昨年は、体調不良と秋季レースに炎上していたため、メンバーである私は、10月15日に行なわれたブルージュ クラブ主催のゴールド ウイングのセレモニーは欠席させて頂いた。今年は、40回という節目の年で、メエレン氏を初めミッシェルから強く出席するようにと依頼された。だけど、10月は秋季レースの真っ最中だ、困ったことだと今から悩んでいる。バルセロナ ゴールドウイング賞は、1978年から行なわれ第1回はN・ノルマン氏が受賞、E・デニス氏は1982年・1986年の2回受賞時の系統はステッケルボートの゛銘鳩レミー号”のラインだ、私のところに導入した“銘鳩ザーク号”“リモージュ号”などと同じラインの“ESPOIR”、先日のオリンピヤードの会場で久しぶりに再開した、お互い歳をとったもんで、おいデニスさん次回日本に来たら、私の自宅に遊びに来ないか?と話したら、其の前に私の家と誘いを受けた。E・デニス氏とは40年の付き合いだろうお互い若かった、今の私があるのはE・デニス氏とG・インブレックス氏のおかげで後にG・セイス氏、V・ゴメール氏だ。E・デニス氏の息子の結婚式に招待されお祝いをしたものだ。何時もデニスは言う、お前はこの世界のことを良く知っている、余計なことは話はしたらだめだと笑いながら話していた、このことは多くのバイヤーにも当てはまるようだ。実際企業秘密というか鳩の世界では話が出来ないことは多くあったように思う。私が真坂ゴールド ウイングの世界に入れるとは思っても見なかったが、ミッシェルのおかげで実現した。昔E・デニス氏がゴールド ウイング賞をあの世界的銘鳩“TEE号”で受賞したときの歓喜あまる笑顔は今も忘れることが出来ない、それ以来私も一層バルセロナ・バルセロナと思い続けバルセロナの鳩を追い求めてきた。7月のバルセロナのときは何時もバルセロナ&バルセロナと叫んでいたもんだ。R・コブー氏の1969年バルセロナN7位鳩を導入以来追い求めてきたバルセロナだ、そしてゴールド ウイング賞のセレモニーが、40年という歴史の節目に其の輝かしい壇上に上がれることに誇りと鳩人生最高の喜びを感じます。中国の住所環・器具等興味のある方はご連絡下さい。有難うございました、家内とベルギーに行く道中1曲の曲に50年史を感じる“物語”という曲に出会いました、早々歌っているM氏に歌詞を忙しいところ快くFAXしていただきました心よりお礼申し上げます。
           
2月3日(晴れ)金:2017年1月27・28・29日開催オリンピヤード
orin1 家内はリボルネN優勝のM&Dデブクワ(デスブクワ)鳩舎の表彰式に出席した。多くの愛鳩家の見守る中、日本人唯1人デブクワと表彰を受ける人たちと記念撮影をした。家内はミッシェルから記念のメダルを頂いて大喜びだ。こんな事をしてくれる友人には感謝&感謝で、今回のオリンピヤードでは沢山のことを学び勉強になりました。私たちの先輩諸氏は、ベルギーやヨーロッパの愛鳩家と国際親善を重ね過去にアジアで始めてのオリンピヤードを日本で開催し日本鳩界を盛り上げました、中国・台湾・に比べ日本鳩界は年々低迷する中、何とか会員の増加が見込まれ、日本鳩界が発展するような、何か名案はないものだろうか?。Mr、トランプになってから、円安となびいたが此処にきて嬉しいことに円高になって来た。オリンピヤード会場で中国のアドレス環の業者が出店していた、すぐさまコンタクトをしたら、すべてOKとメールが届いた、支払いはドル払いだそうです、私も近いうちに中国に行くことになるのだろうし、オリンピヤードで親しくなった中国人(タイ人かも)に会いに行く予定もあるし?。日本鳩界発展のためにどんな事をしたらいいのか、又、しょせん趣味と道楽の世界じゃないかとMr,トランプ的な考えをしたら?もう光り輝いた時代は?、年金時代になり後期高齢者扱いされる自分は、体力の限界がある。唯ひたすら、自分自身のために家族と共にレースを楽しみ、良き仲間と共に喜怒哀楽の世界に没頭したいものです。今、オリンピヤードを振り返って思うには、先人の人たちの国際親善・貢献等の御努力には改めて敬意を表します。(伸)、世界的有名な偉大なカトリス ブーゼリンク氏に詩を書いた日本人もいた、其の詩は今でも、娘の自宅の鳩舎に飾ってある。
           
2月2日(雪)木:先月のオリンピヤード(ベルギーにて)
orin 楽しかった、結婚50年記念オリンピヤードベルギー旅行でした。私たち夫婦は、行き帰りの飛行機の機内ではスチュワーデスさんからの祝福をして頂き家内は大変感激でした。もうそれ以上に家内を喜ばせてくれたのは、多くのヨーロッパの友人達でした。オリンピヤード会場でリボルネN優勝のデブクワ(デスブクワ)の表彰式に家内が一緒に受賞式に立ち、会場では多くの友人に歓迎されました。なんといっても驚いたのは、多くの鳩飼いの人が、ジャルマン・インブレックス氏の門をたたいているということです、其の中でもオランダのコープマンも其の1人でした、何故か?笑いちゃいましたが、コープマンに私の父はジャルマン、私は其の子供だから、此れからは兄弟みたいなもんだと話すと笑いながらうなずいていました。分からないものです、ジャルマンは過去にこんな話はしなかった、今回でジャルマン・インブレック氏の偉大さが身にしみて感じたと同時に、インブレックス氏の名前こそ出てこないもののインブレックスの鳩は多くの鳩舎のベースになっていることです。1980年代は空飛ぶインブレックスといわれ、今や生きた化石とも言われるG・インブレックス氏その偉大さは計り知れない。27日のKBDBの表彰式には、私にとって生涯忘れることの出来ないE・リンブルグ(ランブール)氏と表彰台に立ち、OGUROランブールとジョーク交じりに表彰を受けた。記念に賞状とメダル・トロフェーを戴きまたまた感謝感激でした。楽しい日は次の土曜日と。
         
1月25日(雪)水:
 福江365日+2:大雪も収まり安心して今日東京に、そして明日はオリンピヤードに向かいます。家内とは50年来連れ添いましたが、昨年の4月のゴメール氏の50周年記セレモニー以来今回が2回目になる。前回は体調不良中の旅行でしたが、今回は、100パーセントとは言えない体調ですが気楽に旅が出来るかと思います。家内はジャルマンの奥さんとブリュッセル市内観光を楽しみにしており、私は何時もお世話に成っている友人との再会を楽しみに頑張ります。又新しい出会いがあるかもしれません。仲間がいるから今回の旅行が実現したのだと感謝&感謝しております、私は何回となくオリンピヤードに行って何時も家内と来れればいいな〜〜と思っていましたが、良き友人に恵まれ家内とオリンピアードに行くことができます、たぶんもう二度とオリンピヤードに家内と行くことは出来ないでしょう、鳩人生50年!!此れから先も自信をもってピジョンビジネス(鳩屋)&レースマンとして生きていくつもりです。そして仲間達と・・・・・・・。こんな素晴らしい機会を作ってくれた多くの仲間達に感謝と敬意を払って家内とオリンピヤードに行ってきます。          
1月23日(雪)月:
 福江365日+2:体調は、まあ〜〜まあ〜〜だけれど、時間が過ぎるのが早く感じるのは歳のせいか?。先日オランダのミュラーにベルギーの宿泊ホテルを教えたら俺も同じホテルといってきた、偶然かと思うが?、私が思うにはミュラーのことだから私と同じホテルに変更したのだろう。それにしてもミュラーは面白い男だ、そもそも2007年のオステンドで開催された時、偶然にも同じホテルに宿泊していたのだ、赤い糸いやアールデンだから青い糸で結ばれているのだろうか?。ギドは、当初はオリンピアードは行かないといっていたのですが、私が家内と一緒に来るのだと話をしたらジャルマン夫婦同様列車でブラッセルに来るのだそうで、28日はジャルマンの奥さんと家内は市内観光を予定している。ミュラーの奥さんも、ゴメールの奥さんも、ポリン・デブクワ・ラビュー・3D・マタイス・クリス ヘバレヒッツ婦人など多くの奥さんは、好感が持てる優しく親切なご婦人だが、なんと言っても故ギドの奥さん、マリア氏です何時も私に気を使ってくれた。手芸の得意の人手でテーブルクロス等頂いたし、料理も得意で何時もいらないというのに私のためにローストビーフをご馳走してくれました。オステンドに行くと何時もギドとお墓参りをしてきますが、今回も家内とお墓参りをしたかったのですが、2時間もかかるしオステンドは気温が低いので再開だけにすることにしました。家内も高齢なためベルギー訪問は最後になるかと思いますので長年お付き合いしている友人達と共にオリンピヤードを楽しみたいと思います。         
1月22日(雪)日:
 福江365日+2:本日連盟会議があり2017年度春季レース日程が決まりました。高岡:3月12日(日)・福井:3月19日(日)・鳥取湖南:4月2日(日)島根県久手:4月19日・福岡空港:5月日です。頑張りましょう参加費も50円安くなりました。さ〜〜此れでベルギーオリンピヤードに出発です。         
1月20日(晴れ)金:
 福江365日+2:先週降り続いた雪も、大分溶け舎外が出来そうですがもう少し我慢します。明日は友人の親睦会で栃木に出かけますが翌日は連盟会議そしてオリンピヤードには、家内と共に出かけます。ベルギーの友人に連絡を取る毎日でしたが、全て順調に連絡が取れて万事OK!!、家内も一緒だと話すとファネー、デブクワ、ミュラー、ギド、インブレックス、ジノ クリケ氏等に話をすると再開を喜んでくれました。もちろん今回も空港には、帝王ゴメール氏が迎えにきてくれてゴメール宅で1泊です。もちろんエリック リンブルグ氏との再会はセレモニー会場でチャンピォンテーブルが用意されています。家内ももう今回が最後のベルギーの旅大いに楽しんでくれることだろう。今回も忙しい旅になるけれど、次回2月はもっと忙しくなるだろう。         
1月13日(雪)金:
 福江365日+2:猛烈な寒波が日本各地に雪をもたらしましたが、此処週末まで続きそうだが毎日の雪かきには、年齢を考えるときつい仕事です。自分の理想を考えると現実を唯ひたすら一生懸命頑張るだけです。後何年出来るのか?今年は良い年にしたいものです。          
1月12日(雪)木:
 福江365日+2:降りました雪が、朝から雪かきで忙しい。2017年生まれの舎外は当分お休みになりますが、この間に薬の投与を遣ります。先日ベルギーから、サプリメントを購入してきましたのでスケージュールを作り与えたいと思います。デブクワ(デスブクワ)が今年はA・モーネンス氏を向かえ中長距離オールランドを狙います。選手鳩も見せていただきましたが、最高の状態でしたし銘血“ラッキー85”の血筋が大活躍をしています。小黒グループ・ユーロ・ジャポングループの仲間の活躍を今年期待します。私も今年は2017年生まれの鳩の活躍を期待して頑張ります。         
1月10日(晴れ)火:
 福江365日+2: 今年に入ってもう10日、遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。正月早々ベルギーに行ってきましたが、その後何やかんだと忙しい毎日が続きましてもう10日、今月はもう1回オリンピヤードでベルギーに家内と行きます。E・リンブルグ&M・デブクワがナショナルデーの表彰式に私と家内を招待してくれました、その表彰式の席上でエリックが表彰メダルを家内にプレゼントしてくれるのだそうです。今や名実共に世界NO1の男が表彰メダルを会場でプレゼントしてくれるのです、話を聞いたときはまじかよーと思いましたが、お互い長い付き合いをしている気心知れた間柄ですので感謝しています。        
12月31日(土)雨:
 福江365日+2:今年2016年は全国の皆さんから大変お世話に成りました、今年も残すところ今日1日となりました、2017年は皆様方に於かれましては、穏やかな年と共に幸運が来ますように祈っています。明日は元旦だが、正月1日から早々ベルギーです、そして家内と26日からオリンピヤードで、2月にもう一丁ベルギーだ。2017年は10回ぐらいベルギーに行きを予定してます。インブレックス、デブクワ、ゴメール、エンゲルス、ジノクリケ、3D、ラビュー、ギド、ポリン、リンブルグ、オプソメール、ホッフリン、レジェースト、フレーカーボドソン、デルバール、バーテンブルグ、ミュラー等、そして新たなる鳩舎を探しながら頑張りますので2017年も宜しくお願いします。2017年の脚環をつけた雛は順調に1時間は飛んでくれていますので、2月には近距離の訓練をして春季レースに望みます。2017年の若鳩は順調にこなしてくれたらGPまで参加する予定です。果たして夢は実現するか、今日の2年参りはお賽銭を増やしてお参りします。そして神社で引くおみくじは?。2017年新たな年のスタート“2017ESPOIR”翔舞!!。         
12月24日(土)晴れのち雨:
 福江365日+2:冬とは思えない12月、ほんとに12月ですよね^^^。今日はメリークリスマスだが、年末の31日はベルギーに行くことになった、大晦日は成田で過ごして元旦にはベルギーに出発だが、1月の26日にはまたまたベルギーで開催されるオリンピヤードに家内と行くことになった。ことの始まりはE・リンブルグがナショナルデーにASナショナル3位のメダルを家内にプレゼントするから話から始まった。それに同調するようにデブクワもKBDBの表彰式に招待をするからと言い出した、この機会を逃したら、次回開催されたとするベルギーでのオリンピヤードには、出席が出来ないかもしれないと思い家内を説得して行くことに決めた。リンブルグが言う、お前はチャンピォンテーブルに座るのだという、誠に有難いことだ。今月の12日から18日間での旅は訪問する先先で大歓迎をして頂き、たい病後の私を心配してくれたし、元気な姿を見て友人達は喜んでくれた。ポールシオン、ギムスタッサールなど多くの有名人が所属していた、ロイヤル フライングクラブ会長ボドソン氏からはブリュッセルで開催されるパーテーに次回招待するというし、2017年10月にブルージュで開催されるバルセロナゴールドウイングにも出席を依頼されたし、私は其のクラブのメンバーでもある。今年11月にくる予定だったジノ クリケ氏とは日本でのビジネスを引き受けた。今年は私にとって最良の1年となった此れも皆さんのおかげと感謝申し上げます、50年を立ち折り返しになりましたが、鳩一筋に専念して頑張ります。         
12月9日雨(金):
 福江365日+2:もうすぐベルギーに出発です。ブロック会議終了後に其の足で成田に向かいます、先日7日に6ヵ月の検診を受け異常無しのお墨付けを戴き、後は自己責任で遣って下さいと言われました。担当の先生は、ドクターKで女医の優れた腕の持ち主です、まるでテレビドラマそのものです。12日から19日までの一週間鳩の世話を息子と家内に任せて言ってきます。心配をしてくれたベルギーの友人に元気な姿を見せてきたいと思います。特にゴメール氏は空港まで迎えに来てくれますし、インブレックス宅まで送ってくれますので、感謝の一言です。デブクワがバルセロナのグループの集まりに行こうと電話をしてきました、楽しみが増えましたし、日本では難しいことばかりでうんざりです。楽しむことを考えたら極力ベルギーのセレモニーに出席することに専念します。来年1月のベルギー開催のオリンピアードには、多くの友人から招待を受けておりますので計画をしていますし、2月にもう一回と立て続けにGOです。        
12月5日晴れ(月):
 福江365日+2:久しぶりです、昨日は地区レース鳩品評会が開催され、今西系総本家山本先生をお迎えして行なわれました。私と山本先生とのタッグで無事終了できました。唯一、スタンダードクラスのオスに参加した私の“ナンバー・ワン号”14FB00248PBの鳩は見事に1席入賞!!で昨年に続いての入賞で最高でした。“ナンバー・ワン”は今年度若鳩ASピジョン1位の兄弟で“スカイ・ジェツト”の系統で“ESPOIR”。“スカイ・ジェット”のラインは今年度新潟地区N総合優勝、NPO会長賞全国優勝です。見えてきた゛ESPOIR”の天下不武、世界的銘鳩&世界的銘血の集大成の゛羽越号”&゛スカイ・ジェット号”の子孫の活躍に期待がかかる。        
11月15日雨(火):
 福江365日+2:昨日は孫の愛心君の誕生日で早2歳になった、自転車に興味を持たせようとするのだが、私に似たのかスポーツカーに興味があり、自分でデッキを操作してビデオを鑑賞をしている。毎日来年のレースの準備に追われているのだが、2017年度の脚環を今年度中に100個挿入予定で、すでに20羽は巣立ちして舎外開始を待っている。秋は若鳩主体のレースかと思えば、近年は成鳩を投入する鳩舎が多いことに驚いた。地域によっては当てはまらない所も有るかも知れないが、若鳩は菊花賞で止めて、RGは成鳩を主体に参加するのだが、帰還率の悪い時代この方法は的を得ているかと思うのだが?どうでしょう。又、私は、作出を早め2017年生まれの鳩を2017年の春レースに使うという試みを何年ぶりに再度挑戦することにした。鳩レース参加は、何百羽ではなくワンバスケットとは言わないが50〜60羽で行くことにした、実際今秋は14羽参加で秋華賞総合3位、13羽参加でRG総合12位という成績だった。もう数を多く出せば言う時代ではなく、数少ない参加でブロックチャンピォン賞に輝く成績を残したいものです。今年は動物取り扱い業の免許の更新と今月は講習会があると思ったら、今度は、自動車免許の高齢者講習の案内が来た、来年の自動車免許証の更新までに受けなければ免許証の更新は出来ないのだそうです。もう70歳後期高齢者の仲間入りするのだが、鳩人生は何時も青春時代で頑張ろう。        
11月14日晴れ(月):
 福江365日+2:創立25年が終われば、今度は品評会です、今年は私も審査を担当することになりました、故岩田誠三先生の助手をして以来の久しぶりの品評会の審査になる訳ですけど、山本先生の足を引っ張らないように頑張ります。毎日飲水器には“ESPOIR・ドリンク”を入れて居りますが、種鳩・選手鳩の調子は絶好調です。先日の25周年&祝賀会のときに新潟のある人が此のドリンクはいいので、人に教えるわけにはいかないので直接購入したいと直談判したらしい、なんともせこい話で電話をくれた友人と大笑いでした。50年を振り返ってそんなことが大なり小なりありましたが、そんなせこい話をする人を見極めが出来ない自分が情けなくなりました。昔I氏が良く私に言ったものです、人を見抜く力が大事だと良く教えてくれたものです。人間関係の複雑さと付き合いが、いかに難しいかが改めて肌に感じますが、幸いにして私の多くの友人は、思いやりと立派な考えを持った人たちで、何時も私に気を使ってくれる人たちですので、こんな私は幸せ者で感謝・感謝の一言です。此れから先は恩返しをさせて頂く人生にしたいと思います。後何年?今は、息子の靖が協力をしてくれていますので、小黒父子又は小黒ファミリーで頑張りますので宜しくお願いします。今秋は散々な目にあいましたが、若鳩最高の勲章の若鳩エースピジョン賞連盟1位に輝きました。300K秋華賞総合3位&RG総合12位に輝く“愛心号”“スカイジェット号”GN1144羽中(生後11ヶ月)総合優勝の血を受け継ぎ、今春地区N総合優勝の“愛心・GIRL”と同じ“スカイジェット号”ラインだ。“ESPOIR”の真価が今年発揮できた1年でした。        
11月11日曇り(金):
 福江365日+2:11月6日は長岡中央連合会25周年式典と総合優勝祝賀会を全国の仲間やブロック・連盟・各連合会と友人達のお力沿いで、無事終了することが出来ましたを感謝申し上げると共に誠に有難うございました。此れで私の鳩人生50年の節目をつけることが出来ました、此れからは自分が楽しんで鳩レースが出来ることに勤め、家族と共に鳩レースを喜怒哀楽に頑張ります。来月には久しぶりにベルギーに行きますが、毎年5回はベルギーに行ける様に頑張ります。今秋レースは納得のいかない結果に終わりましたが、若鳩エースピジョン賞に輝き300K秋華賞は総合3位・400KRGは総合12位でした。2017年のリングを約70個挿入しました、年内には舎外が出来そうです。来春は2017年生まれのレースの参加を予定しています。        
10月6日曇り(木):
 福江365日+2:台風も去りましたが、依然と天候に恵まれないようです。こんなに秋雨前線に影響されると今秋は、まともなレースが出来ないかもしれません。50年もレースをしている中で珍しく、折角ベルギーに行かず何年ぶりの腰をすえた秋レースですが、困ったものです。現在は約200羽前後の鳩は順調に訓練をこなしてくれていますが、天候次第では最悪の状態になりかねません。昨年から、50年間の総括するつもりで頑張ってきた結果、地区Nレースで総合優勝をさせて頂き、此れから目標とする福江GN総合優勝目指して鳩を揃えて頑張ります。全国タイトルはもちろんGN総合優勝はなんとしても2〜5回は遣りたいものです。贅沢な願望と希望であと何年自分自身が生きていられるか分かりませんが?、贅沢な夢を見ます。今までベルギーやオランダの友人から教わったことを遂行すれば実現も可能かと思います。ベルギーのG・インブレックス・R・コブー・E・デニス氏から始まり現在に来ているわけですけど、其の時代の根を譲りうけられたことは感謝です。中でもステッケルボードの“レミー号”の直仔“ザーク”の導入やM・デルバール氏の“バルセロナ10A号”は、私の生涯で忘れることの出来ない銘鳩でした。そして今、最強といわれる人たちとの交流は、私にとって何者にも代えることができない宝です。今年11月には、2日間ジノ クリケ氏が私のところに来ます、今までにG・インブレックス氏・E・デニス氏・J・ファネーノ氏・A・ファネー氏・ニック・オプソメール氏・N・ヤンドンス氏・G・セイズ氏・V・ゴメース氏・R・デズメットマタイス氏・M&Dデブクワ兄弟・N・ノルマン氏・ファンデンプール氏・オランダからはW・ミュラー氏・バーテンブルグ氏・ドイツからはメネ氏(バルセロナ優勝)など早々たる最強鳩舎が私の鳩舎を訪問してくれました、感謝です。ジノ氏が長岡に来たら温泉でもつかりながら日本の最強の方々や植竹道夫(エスポワールロフト友人)氏の方々と鳩談義でもしたいと思う。         
10月5日曇り(水):
 福江365日+2:今年は可笑しい?。毎週&毎週台風の襲来で今回は、新潟に再上陸をするらしい。訓練も舎外もままならず困ったものです。11月6日(日)は連合会25周年記念をホテルニューオオタニ長岡で開催です。多くの方々の参加を尾お待ちしておりますと同時に、あわせて300KSC、500KRG、地区N、GP総合優勝祝賀会もいたします。今年のベルギーは11月&12月を予定しておオランダを中心に行く予定で、今流行の100%ヤン ホーイマンスの鳩を輸入します、興味のある方はご連絡下さい。        
9月27日晴(火):
 福江365日+2:糸魚川訓練後今日は初舎外でしたが、飛びが今一のようです。今週も雨模様で次回の富山が心配ですが思ったとおり、今秋は天候に恵まれないように思われます。勝ち負けはともかく少しでも多くの鳩を来春に使えるように残すことに専念します。最近は孫の一歳半の愛心とサッカーと将棋などで遊んでいますが、孫と遊んでいるひと時が自分にとって今は、心が和む唯一の楽しみです。又、外孫の娘がなんたって負けず嫌いで困ったもので、今日小学校で行なわれた持久走で2位に入賞したのだが、悔しさ一杯だったようだ、まだまだ小学1年生、スポーツに興味を盛ってくれて、硬式テニスでも習いに行ってくれたら?。子供の人生、親が決めるわけには行かないが、少しは楽しみがもてたら最高だ!!。孫4人、一番下のはやとが自転車に乗れるようになったら、“チーム・エスポワール”で自転車チームでもと思うのだが?此れも夢物語で〜〜す。        
9月25日晴れ(日):
 福江365日+2:有志と連合会共同で糸魚川訓練が始まりました。いよいよ本番間じかというところでしょうか。PM6時に放鳩して7時29分前後に40羽ぐらいの集団で帰還しその後、のんびりと帰還してました。朝は皆さん連絡が付いたのですが帰還率が思わしくなく、電話も出ないし、鳩ではなく飼い主が疲労と精魂つけて動けなくなったようです。        
9月18日雨(日):
 福江365日+2:台風16号の接近で天候はあれもようになりそうです。糸魚川の訓練も延期のオンパレードで管理に大変です。若の体力と筋肉の張りなどを考えると舎外不足は致命的になりそうです。サプリメントなど与えて今日まで来ましたが、体力は運動量で付くものでサプリメントは其の補助的なもので、果たして此れから先の訓練&レース後の状態と如何に回復するかが心配です。退院後の巣立ちした鳩はまだまだレース鳩としては不十分で訓練と時間がかかるように思われます。今年の連盟レースは10月末には終了する短期決戦です、行け行けドンドンで調子が上がらなければザ エンドです、レースまでは無理をせずに行きたい物です。2〜3日前まで暑い暑いといっていた真夏日だったのが嘘のようで、今日は一転寒くて毛糸のパンツをはかなければ過ごせないくらい寒い?。もう白い将軍冬の到来が間じかに迫っているのかもしれない。365+2にして五島福江の制覇を目指して今秋は多くの鳩を残したいし“ESPOIR”の系統をより強固にするためにもインブレックス&デブクワ・デルバール等長距離系の活躍に期待したいものです。        
9月17日曇りのち雨(土):
 福江365日+2:台風が接近中で此の連休も天候に恵まれず、訓練にいけそうもない。どうすりゃいいのか思案ブルースだし中々思うようにことが運ばないものです。訓練で少しは淘汰したいのですが此の分だと体力的な面も考えると先が心配です。        
9月16日晴れ(金):
 福江365日+2:昨日は、中秋の名月の十五夜、昔はススキや団子で眺めたものだが、時代は変わり月に人類が行くようになってしまった時代で、月を眺めてうさぎが餅つきをしているなど夢のあるような話はなくなったし、毎週&毎週台風に悩まされ、訓練を何時出来るかと考えていると、そんな悠長な月見団子どころではない。連合会の訓練も大幅に遅れるようだし、今年の秋は悩まさることが多いかも知れない。ましてトヤの上がりが以上におかしいように思われるし、今年も病気には注意をしなくてはいけないし、帰還率の低下にも繋がるので注意100倍にして、注意深く良く選手鳩を観察しなければならない。あ〜〜あため息の出る毎日、どうすりゃ良いんだ今秋レース。周りの人は何処まで訓練をされているのか、最近はまったく情報が入らず自分一人で悩んでいま〜す。        
9月13日曇り(火):
 福江365日+2:訓練を予定するのですが、台風の嵐だ!!。毎日曇り空を眺めて拝む始末です、昔は観音様でしたが今はただただひたすらに曇り空に願いをこめてる毎日です。今週末連合会と仲間達の糸魚川の合同訓練が控えています。歳をとったせいか昔と違い、毎日毎日楽しく鳩と共に過ごす事に専念することに勤めています。お蔭様で多くの仲間と知り合うことが出来たし、お互い気心もしり鳩の管理に今まで以上に精を出すことが出来ました。今年11月6日(日)は長岡中央連合会25周年と連盟総合優勝、(福井、鳥取湖南RG、久手地区N、萩GP)の祝勝会をかねて長岡のニューオオタニホテルで開催します、此れが私にとって最後のセレモニーになるかと思います。その後の30周年以降は私が元気でいられるか分かりません、元気のうちに気のあった多くの仲間たちと、超スーパーコンパニオンと共に大いに騒ぎたいものです。人生二度あればいいのだが、一度だけの鳩鳩人生、楽しく愉快に唇に歌を!!。今秋の“ESPOIR”の鳩は期待できそうな気がしています、銘血&銘鳩の集大成の系統構成でステッケルボード“ZAAG”を初め生きた化石G・インブレックス系、MR、バルセロナのA・ファンブリュアーナ、R・デズメットマタイス、G・カルトース、R・フレーカー、M・デルバール等のレジェンドの系統の集大成。中でもE・デニス氏のベースとヒストリーにはステッケルボードの源鳩”レミー号”の息子“ZAAG”と私の名前が掲載されている。        
9月9日曇りのち晴れ(金):
 福江365日+2:この度の私事に羽越ブロック連盟の会員の皆さんを初め全国の皆さんから、励ましやお見舞いを戴きお礼と感謝申し上げます。おかげさまで体調は日にしに回復し、訓練に励んでおります。先日4日は、神奈川の友人の祝勝会で皆さんより励ましや回復祝いをして頂き多額のコンパ代を使わせてしまいました、k氏を初め出席者の皆さんにお礼申し上げます。それにしても夜中の12時までコンパと騒いだものです(うん十万かかったでしょう)。そして連合会の皆さんには本当にご心配をおかけしました、心からお礼と感謝申し上げます、おかげさまで元気になりましたのでご安心下さい。病気になり此れほど皆さんから心配をして頂き、有難き幸せです。もう9月半ば訓練に励んでいますが、お礼は優秀の美でさせて頂きたいと思います。約2ヶ月ぶりのブログ再会頑張ります、応援を宜しく!!!。        
7月14日曇り(木):
 福江365日+2:今年のバルセロナは近年まれに見るレースで3日目まで行なわれた。其の中で超長距離レースバルセロナにおいては東のM&Dデブクワ鳩舎、西のオランダW・ミュラー鳩舎だ!!。ベルギーきっての貴公子M&Dデブクワ鳩舎は33羽参加N7577羽中16位を筆頭に10羽記録し代表レーサー“マキシム号”はN328位でバルセロナ5年連続入賞を果たしキング オブ キングの冠が付いた。西のオランダのW・ミュラー鳩舎は昨年に続き爆発的な入賞を果たした、バルセロナN5239羽中92位、93位、110位、231位、394位、453位、495位、518位、736位、1051位、1051位、1089位、1090位、1104位、1242位とバルセロナの距離は約1130KW・ミュラー鳩舎は怪物だ、そしてバルセロナオランダN優勝は父がW・ミュラー鳩舎作の鳩だ。真のアールデンを使用し気温の高いときも、天候が悪いときも遺憾なく其の実力を発揮するW・ミュラー系は、昔から現代に至って活躍する近年まれに見る系統で世界中から今注目の視線が集まっている。日本でも超長距離ではM&Dデブクワ鳩舎・W・ミュラー鳩舎の系統が活躍していることは言うまでもない。最近オールランド的要素を含んできたM&Dデブクワ鳩舎は、アゲン207羽中優勝、リボルネN(Y)優勝と絶好調で此れからも目が離せない状態だ。親子3代にわたり活躍しているM・デルバールは鳩舎からアールデンに受け継がれ、その後バルセロナの帝王といわれるようになったW・ミュラー鳩舎が真に後継鳩舎となって現在に至っている。M&Dデブクワ鳩舎は父フレナンド氏から受け継いだM&Dデブクワ鳩舎はE・マテレヌ・ゴーリン・ステッケルボートで歴史的銘血で延々と現在に受け継がれている。時代はいつも正当に受け継がれていることが、勝負の世界でも勝ち誇ることにつながる事だと思う。        
7月9日雨(土):
 福江365日+2:おはようございます。今日は羽越ブロック連盟の表彰式と定期総会・懇親会が開催されます。退院後ですが今日は出席してGP&GN優入賞者の皆さんをお祝いしたいと思いますし、親睦を図り多くの方々にお礼をしてきたいと思います。いつも皆さんのご協力とご理解を戴きで長年此の職を頑張ってこられました、今年は羽越ブロック連盟設立35年という節目の年でもありました、此れから40年に向けて羽越ブロック連盟のために今後も頑張リますので宜しくお願いします。長岡中央連合会は今年で25年です、11月6日は盛大に記念祝賀会を開催する予定ですので多くの皆さんの出席をお願いします。        
7月7日雨(木):
 福江365日+2:いあー驚いた!!、アジャンN優勝、2位のジノ クリケ鳩舎に続けとばかり、今年は気合が入っていたM&Dデブクワ鳩舎リボルネ(Y)N優勝とバルセロナNベスト20位以内入賞!!と気を吐いた。W・ミュラー鳩舎も帰還率も良く上機嫌でオランダN優勝はW・ミュラー鳩舎作の直仔です。近じかM&Dデブクワ鳩舎の分譲をいたします。又ジノ クリケ鳩舎・W・ミュラー鳩舎・M&Dデブクワ鳩舎・C・ヘベレヒッツ鳩舎等興味のある方はご連絡下さい、導入のお手伝いをさせていただきます。体調が戻り次第ベルギーに行く予定です。        
7月2日晴れ(土):
 福江365日+2:私の入院した病院は、長岡中央総合病院で新潟県でもいちにをいく病院です。私を手術した先生は外科の美人女医先生で腕は素晴らしく約8時間にも及ぶ手術にもかかわらず9日で退院できたことは其の女医先生の腕の良さがわかる。昨日は動きすぎたて夜は辛かったがやはり無理は禁物だ。バルセロナレースも1日延期になったようだが、世界的に気候がおかしくなっているようだ。インブレックスもデブクワもバルセロナに勝負しているので好結果が出るのが楽しみで、先に行なわれたモンテリマールNレースでは、レグニエール氏の活躍が素晴らしく、此処の鳩舎は私が代表種鳩にしている“ルージュ・ナタン号”ペルピニヤンN優勝鳩舎です。早く体調を調えてベルギーに行きたい者です。        
7月1日晴れ(金):
 福江365日+2:おはようございます。全国の皆さんに心配のお電話や、お見舞いを戴き本当に感謝とお礼を申し上げます。約8時間の大手術を6月20行ないましてしてお腹約45CMきりましたが、驚異的な回復で6月30日に退院してきました。今日から鳩の世話をしております。皆さんには大変ご心配をおかけし、多くの人から励ましのお言葉や激励又お見舞いを戴き、こんなに多くの人が心配をしてくれていることに益々元気がでました。一度は死ぬ身此れからは皆さんに感謝とお礼をこめて頑張ります。全国の皆さんにお礼と感謝申し上げます。        
6月22日(水):
 エスポワール2号: 実父の体調を、ご心配して下さり、誠に、有難うございます。本人も、早く元気になり皆様にお礼のご挨拶をしたいと、申しておりました。今後とも、エスポワールロフト・小黒良作を、何卒、宜しくお願い申し上げます。        
6月13日雨(月):
 福江365日+2:毎日励ましてくれる友人はそんなにいないし、心配して激励をしてくれる仲間に感謝をしたい。昨日も青梅のM氏の恒例の焼肉大会と勉強会があった。体調不良の私は家内と娘と孫と一緒に出席をさせて頂いた。毎年参加者が増え今年はゆうに50名を越えたのではないでしょうか。今年も参加でき色々お世話に成ったM氏にはお礼を申し上げます。さ〜て昨日デブクワ氏より電話を頂いた、もう喜びに満ちた声で弾んでいた、カオールでローカル優勝し強敵E・リンブルグ氏(同3位)破ったからだ、今年は調子が良い、バルセロナに期待したいものだ。        
6月11日晴れ(土):
 福江365日+2:朝5時に起床、選手鳩250羽を6時から8時まで2時間かけてワクチン接種をした。今春は8分ぐらいの出来だったが、うさぎ君が東日本CHで私の鳩で総合9位入賞してくれたのには嬉しかった!!。他にも私の地区N総合優勝を初めESPOIR系でY氏のRG総合優勝&2位、地区N総合優勝、GP総合優勝等各地で優入賞が多く生まれた。常日頃話している系統がものをいったのだろう。ここ数年役員をしたせいか強気の話は控えめにしていたのだが、此の世界控えめはよくないことを、最近骨にしみるほど感じた、けして威張るということではないのですが?。(友人にも再三言われてことなんですが)ある大先生に昭和のジョン万次郎といわれ多くのベルギーの友人に助けられ、今は亡き故A・リタール氏や、故M・ローセンス氏、故R・コブー氏、故P・トッセンス氏、又現役引退したH・ファンネステ氏、R・フレーカー氏を初め、今、現役のG・インブレックス氏、V・ゴメール氏など多くの友人は私の宝です。いよいよジノ・クリッケ氏が頭角を出してきた、あの強気のジノ氏今年もN優勝を目指している。全てを忘れ、ベルギーで友人達と楽しみたい日が近いうちにくることを楽しみに、後もう少し政治の世界で頑張りたいと思う、日本の鳩界の発展を願う自分の使命と考える。        
6月9日曇り(木):
 福江365日+2:おはようございます。今日も頑張って鳩の世話で忙しい、ようやくベルギーもレースが始まりましたが天候が思わしくなく大変のようだ。そんな中、M&Dデブクワ鳩舎は絶好調のようだ、昨年の苦い経験を今年は吹き払ってくれることだろう。インブレックス鳩舎もF・ラビュウー鳩舎・V・ゴメール鳩舎も苦戦しているようですが、インブレックス系をベースにしているファンデンマーレ鳩舎の活躍が光る。楽しみはこれからだ!!、        
5月25日曇り(水):
 福江365日+2:先日岩手の方から連絡を戴きました、“ESPOIR”のミスター奈良尾×ミス奈良尾のラインで東北東GPで総合優勝したとのこと誠におめでとう御座います。今年は、“ESPOIR”の総合優勝やベストテン入賞鳩が全国各地で生まれ大変嬉しく思っています。ベルギーも今週末からナショナルレースです、友人達の活躍を期待します。        
5月16日晴れ(月):
 福江365日+2:今日でGP&GNは審査終了です。GNレースはまだ記録期間がありますがあきらめます、GNに関しては完敗です。来年は365日+3になりそうです。それにしても14−57は純インブレックスで昨年はGPと今年は地区Nからの参加、15−7788は純デブクワで私としては頭が痛い日が当分続きそうです。銘鳩&銘血のラインで飛ばすのが私の夢、そしてベルギー&オランダの友人に此れだからこうだと話が出来ることが私の最大の誇りと幸せです。今年はレース期間中鳩の世話を息子に任せ家内とV・ゴメールご夫婦の金婚式に招待を受けベルギーに行ってきました、ゴメール氏から熱烈な歓迎を受け、多くの招待者の席上で小黒とお礼を言っていただいたことは、生涯忘れることが出来ないことです。又ジャルマン氏も高齢でもう家内と再会できないと思っていたのがベルギーでの再開が実現して夫婦共々喜んで戴きましたし、デブクワファミリーとのレストランでの食事は家内にとって忘れることの出来ないたびになったのではないでしょうか。今は亡きR・コブー氏、M・ローセンス氏、A・リタール氏、A・ファンブリュアーナ氏や昨年引退されたR・フレーカー氏、H・ファンネステ氏そして、今も現役の多くの友人に私達夫婦の約50年にわたるお付き合いとご協力を戴きお礼と感謝申しあげます。        
5月15日晴れ(日):
 福江365日+2:GN&GPレースから今日で4日目GPは14羽帰還を見たもののGNは以前レース続行中です。今年の東日本CHレースでうさぎロフトがインブレックス作の“ニコ・エスポワール号・W・ミュラー作の配合の直仔かける母はステッケルボード系のF・ラビュー作(バルセロナN優勝ライン)で仮発表約9000羽参加で総合9位に入賞だ!!。血統書を見る限り世界に誇れる最高の血統である、ベルギーで話しても自慢出来る血統構成。今年はインブレックス系の活躍が凄い!!、又、デブクワ作の直仔&孫の活躍も凄い!!、インブレックス系、デブクワ作の特別セールを計画中です。        
5月7日曇り(土):
 福江365日+2:900K桜花賞11羽参加、当日3羽、翌日2羽の5羽だが、地区N総合5位の“ローラ”は翌日帰還主翼4枚残しての参加でしたが、系統の素晴らしさを見せ付けてくれました。輸入直仔は飛ばないと人は言うけど、其の前にまず自分の飼い方に工夫する努力をすることだ、改めて流石に長距離はインブレックス&デブクワ!!明日はGP&GNの持ち寄りだ、今日1日じっくりと考える。今回桜花賞当日の15−7528は地区N総合16位父)“翔太”地区N総合19位、奈良尾GN1027K総合21位(連盟14位)連盟総理大臣賞1位北部地区第3位(ヤン、ドンス作の01”インターパレスの兄弟×インブレックス作ペルピナン号の孫)、母)”MA・I・KO”RG総合5位、GN総合21位、“エスポワール”、15−7551地区N総合38位、父)“HI・TO・SHI”地区N総合8位、GN総合54位(ファンブリュアーナ・ブロンカールト)、母)“A・YA・NO”RG総合17位、GN総合87位(羽越号エスポワール)、14−00353GP総合59位、父)07−11490700K地区N入賞シオン、母)クレルボー“バルセロナ号”バルセロナN4位×ファンネステ・コブー、改めて系統の重要を再認識した。        
5月4日晴れ(水):
 福江365日+2:午前3時から桜花賞の持寄りでした、当鳩舎は、11羽の参加ですが此れには拘りがあるのですが其の話はレース終了後ということで。午後から友人のY氏より300K総合優勝鳩&RG総合優勝鳩の写真を頼まれ自己流の撮影をしてやりましたが、300K総合優勝鳩のラインには“エスポワール系”又、RG総合優勝鳩の父はR・デズメットマタイスの“エカイエ・ナタン”と“ジャーバリー”、母は“羽越号”と“スカイジェット”の当鳩舎作、RG総合2位は“フェエリップ・ブリーブ号”の孫いや〜〜〜今年は、自鳩舎はもちろん他鳩舎でも飛んでくれる有難い事で友人のY氏にはおめでとうと感謝の念に耐えません、帰り際に明日はお互い頑張ろうぜ!!と励ましあった。今年は最高の年になりそうだ!!!!!!!。明日は頑張ってもらおう11羽の選手鳩。        
5月3日(火)晴れ:
 福江365日+2:最近ブログの更新をしませんが、安心して下さいそれだけ鳩に集中しているのです。明日は桜花賞の持ち寄りですが、娘の仕事が忙しく孫の面倒を連休中見なければならなくなり嬉しいやら、切ないやらというところです。遅生まれの約180羽の舎外を本格的に始めましたが、思ったとおりカラスに遣られてしまいご近所の庭は羽だらけで始末に大変でした。幸いご近所は理解をしてくださる方が多くありがたく思う次第です。今年はG・インブレックス系が全国各地で大活躍をしているが、当鳩舎も大活躍してくれている、北海道で地区N2位、神奈川でGP3位、エスポワール系で青森で地区N総合優勝なんとも言えない今年だが、そもそもインブレックス系は、ベルギーでは本人自身生きた化石とまで言われる程の男で、1960年から現在に至るまで中距離から超長距離まで第一戦で活躍し其の名を知らない人はいない。長距離の王者といわれ特にバルセロナには執念を燃やす男だ。今や鳩界を引退したH・ファンネステ氏と言い争うときも随分合ったG・インブレックス氏、バルセロナ優勝はないけれどバルセロナには自分の鳩の自信と誇りが有る。何故なら、ポシェ鳩舎でのバルセロナ当日優勝、2位など、インブレックス系でのバルセロナN優勝IN♀優勝等数羽いるのだから、仕方がない。今年7月4日家内と偶然にも同じ誕生日を迎えるわけだが、本人は今年もバルセロナに執念を燃やすことだろう。        
4月28日(木)雨:
 福江365日+2:地区N737羽中総合優勝が決まりましたが、喜んでばかりいられません。27日は成田に鳩を引き取りに行き桜花賞がまじかに迫っているので大騒ぎは出来そうにありませんし、なんたって体調不良には困っています。考えればもう69歳を過ぎましたし、今年は誕生日会もなかった寂しい69歳の誕生日を迎えたわけですけど、昔はほれ誕生日の前夜祭だのといって3日間も騒いだものでしたが、今や唯の後期高齢者となった身、誰も相手にしてくれず、娘達はひたすらに自分の子供の世話に夢中で、私は唯唯笑顔を振り向くだけの老人になったようだ。鳩レースも体力が必要だし困ったものでPM8時になれば床の中で夢を見ながら真夜中状態、あ〜〜あ井上揚水じゃないけど“人生2度あれば”と思うこの頃です。さ〜〜てと、桜花賞参加羽予約は8羽、ブロックチャンピォンのタイトルを賭けて頑張ります。近年落ち込んでいた自分に金の玉の力をこめて頑張るぞ〜〜〜〜〜〜。        
4月22日雨(金):
 福江365日+2:ベルギーのブリュッセル空港は4月10日まで直行便は運休して心配する毎日でしたが、運よく4月11日から再開した3日後に家内と共にベルギーに行くことが出来た。ゴメール氏から迎えをお願いしたのだが、警備が厳しく近くのパーキングで待ち合わせをすることになった。家内は始めてのベルギー旅行で、昔からのインブレックスご夫婦に再開が出来るのと、ゴメールご夫婦の結婚50周年記念セレモニーを楽しみの旅行だが、息子に任せた地区Nレースの管理を心配していたのだが、よく管理と持ち寄りを終えてくれた。7年ぶりの地区N総合優勝鳩“愛心ガール”父はバルセロナインターパレスの集大成、母はスカイジェット&羽越号のラインです。        
4月20日(水)晴れ:
 福江365日+2:祝い仮発表ですが、 新潟地区Nレース総合優勝!!させて頂きました、有難うございます。GP“エミリ号”以来の総合優勝です。今年はどうなるかと心配していましたが、何とか息子と娘に助けられました。RGレースは東京にいて帰還を見ることが出来ず、地区Nは13日から18日までG・ゴマリー氏ご夫婦の結婚50周年セレモニーに家内と結婚以来始めての旅行となりました。息子が其の間餌と舎外と仲間達と持ち寄りをしてくれました。感謝、感謝の旅行でした、セレモニーでは約200名の出席者の前で日本の小黒と感謝の言葉をいただきました、出席者はG・ファンデンナベール氏、ファンダイク氏、ファンウンケル氏、デーワ氏、ジョスデノー氏等そうそうたる愛鳩家が出席されていました。ファンデンナベール氏やファンダイク氏とバチバチ写真を取らさせて戴きました、感謝です。家内も片言の言葉で楽しんでいたようです。それにしても楽しいひと時でしたが、レースのことが心配で朝晩電話しまくっていましたが、運良く持ち寄りが延期になり帰国後帰還を見ることが出来ました、そしてタッチの差で勝たせていただき7年ぶりの総合優勝が出来ました。此れも仲間の協力があったからこそ出来たことで本当に感謝!!有難う!!。        
3月20日(日)雨のち曇り:
 福江365日+2:高岡200Kも終わり福井300Kシルバーカップレースですが、天候に恵まれず何時になるかと心配の毎日ですが、95羽の参加を予定しています。久しぶりにしゅう君が遊びにきいて、楽しみにしているブログ最近更新していないですね?と話すのだが、色々やぶようがあって手が回らないと話すが、楽しみにしている人が居られることを考えると極力更新したいと思う。高岡はまったくの論外で鳩レースを長年しているのだが、こんな年は初めてでお恥ずかしい。此れからが本番と自分に言い聞かせ奮起を促すのだが?。4月の地区N時には息子に任せてベルギーに行くことが決定した、50年の歴史でレース中に1週間も家を空けるのは初めてのことだ。帰国して配合を予定しているので、今年の作出は余り期待できない年になりそうだが仕方ない。埼玉の植竹先生から、ロフトアドバイザーとしてお手伝いしていただくことになり、鳩の勉強により力が入る。植竹先生!!宜しくお願いします、近いうちにボドソン氏宅に指導願いますよ。        
3月14日(月)雨:
 福江365日+2:鳩レースもまともに管理も出来ない状態で無事200Kを終了した。110羽参加で86羽今日も雨の中数羽帰ってきたので100羽に届くか?。鳩レースは、何を言われても強くなければめためたに言われる、過去の成績など通用しないこの世界、現実だけが話の種になる。今月はま〜〜ま〜〜だが来月4月は忙しい日が続く。今日14日孫の愛心の日に運命というか“バースディー ボーイ号”が17歳でなくなりました。私の誕生日4月23日の700K地区Nレースで分速日本新記録で総合優勝してくれた鳩だった。有難う!!“バースディー ボーイ号”必ず孫で総合優勝できるように頑張ります。        
3月6日(日)晴れ:
 福江365日+2:今日は連盟の表彰式&総会でした。昨日の100Kの翌日帰りは1羽で合計111羽です。P−BAYのオークションも“CHハリー号”の直仔などのスタートが始まりましたし“CHハリー号”の孫を今格安に交渉中(他鳩舎作出)です。埼玉のA雑誌社主催の昨年秋のワンロフト レース400K優勝鳩(委託鳩舎アンドレ モーネンス氏)の母親はM&Dデブクワ鳩舎のジュリオス バルセロナ号の娘で、其の母親も今回導入いたしました。エルテ・ナトラルからは父)“オリンピック ベルギー号”×Jos van oimen作の“スーパーブラウエー号”の娘の配合の直仔も導入したが此の鳩は高い高いジノ クリッケほどの価格でした。その他では、ジュリオス・バルセロナのウエリー フルブリューゲン作のバルセロナ記録鳩・“ジュリオス バルセロナ”直仔“シーザー号”の直仔、昨年バルセロナIN優勝系統イバン デヌブー系のモンテリマールN3256羽中42位のミッシェル デウヌスー作の鳩やRデズメット マタイス作の“CHアリアン号”シャトローPROV3486羽中997位、ブールジュN20589羽中1939位、ビェルゾン6420羽中672位、オランジN3874羽中549位、マルセーユN2376羽中514位翔歴をもつCH鳩で父は“ペドロ号”などの鳩が入ってくる        
3月5日(土)晴れ:
 福江365日+2:ハードスケージュールで糸魚川100Kに114羽参加しました、どうなることかと心配しましたが当日110羽帰還しました。良くぞ耐えてくれました、此の反動が高岡200Kに出るのが心配です。それにしても1日のうちに2回も持ち寄ることは今までになかったことで、舎外もままならずにさ〜〜本番でしたので正に鳩なりの1日でした。保々舎外も2ヶ月満足にせず、初めての訓練を朝40Kを飛んで、夕方其の鳩を糸魚川100Kの持ち寄りで114羽参加し110羽当日帰還、此れなら今年は戦える自身が出た。1月&2月にヨーロッパから買ってきたサプリメントを与え此の反動を最小限に高岡に。近年にない春の大参加羽数の参加でGP50羽の夢がかなえられるかも知れない。        
3月4日(金)晴れ:
 福江365日+2:昨日は曇り空と雨でしたが、舎外をめい一杯して今日は訓練で、夜は糸魚川100Kの持ち寄りです。こんなことは初めてで、どうなるか心配ですが何はともあれ間に合いました。明日の結果が良いことを願う次第です。        
3月2日(水)雪:
 福江365日+2:先般ベルギーに行ったとき、ケビンから頼まれたP−BAYのオークションの日本の代理を引き受けました。WWW,P−BAY.BEです、現在資料作成中で日本のメールアドレスは、HATO.EURO−JAPON.JPです。ケビンに頼んで日本向けの鳩をオークションに出すように話をする予定です。近いうちにホームページも作る予定です。全国の皆さん宜しくお願いします。        
2月25日(木)小雪:
 福江365日+2:鳩遊びの旅も終了、これからは遅ればせながら鳩レースに専念します。周りの人たちは訓練に励んでいるようで気合が入っています、うさぎと亀で今年はのんびり行くことにします。GPには50羽参加を目指し、今年のGNは5羽程度を予定し負けるわけにはいけませんし、昨年の二の舞は踏みたくありませんので股を引き締めて頑張ります。エスポワールUも鳩の事を勉強し始めて居りますし、相棒も少しは元気になりましたので近いうちに私は退職させて頂き、のんびりと行きたいと思っています。時代の流れと云えばいたし方ありませんが、鳩の世界も随分昔と違ってきました、時代の流れには逆らえませんが時代に合うような事をしなければ成らないと思っています。フェガリーの展示場には多くのサプリメントが販売されどれも使いたくなるようなものばかりで、其の代表的な一つにプロテーンなるものが販売されていました。昔はスポーツ選手に多く使用されていましたし、私の娘にも飲ませていましたのが今は鳩です、たかが鳩といえども時代の流れですし、ワンロフトレースも何処の国でも盛大に開催されるようで、アジヤでのタイワンロフトレースは2箇所であるようで宣伝に熱が入っているようです。        
2月24日(水)曇り:
 福江365日+2:昨日、ベルギーから帰って来ました。フェガリーは土曜日は7千人の人&人で汗をかきながらの見物で流石日曜日は空いていましたが、日本人の姿は2日間とも1日中いたのですが出会うことがありませんでした。新しくロイヤルフライングクラブの会長に就任したボドソン氏の自宅に招かれ今年12月のパーテーにこないかと誘われました。ゴメール氏は体調不良の中コルトレイクにジョスデノー氏と来られ、4月16日の50周年パーテーの招待状を持ってこられましたのには驚きで、4月16日には地区Nレースを捨てて行かなければ成らなくなってしまいました用です。会場ではガビーファンデンナベール氏と記念写真を撮ったり、ジノ・クリック氏、マルク・ポリン氏、エリック・リンブルグ氏、特にバーテンブルグ氏は私に遊びに来いよと誘ってくれたので近いうちに遊びに行くことにしました。今人気の“ハリー”の直仔は、私の友人のケビンが直仔2羽オークションに参加するそうです。マタイス氏も元気になり一安心といったところです。        
エスポワール2号:
 鳩レースは、休まないでください!!私がやります!!        
2月15日(日)雨:
 福江365日+2:人との付き合いは、ふとしたことから信頼が生まれ長く付き合えることになる。理解をしてくれる人がいればこそ人間関係が密になる。なが〜く生きようとは思わないが、自分の人生楽しく愉快に終われれば幸いだ。V・ゴメール氏の結婚50年セレモニーに行く予定にした、地区Nは見ていられないかもしれない。人と人との繋がりだから仕方がないかもしれない。20日に会うので其れまでに決めよう。え〜〜〜〜面倒くさい!!、鳩レース休んじゃうかな〜〜〜〜。        
2月13日(土)晴れ:
 福江365日+2:今日も天気が良かったせいか周りの方々は訓練に励んでおられる。此方は舎外もまだしていないし、今日はワクチン(オイル)接種に友人と二人で行ない、明日から天候が下り坂ですが開始したいと思います。18日からベルギーですが何とか家内が病床の身ですが頑張ってくれると思っています。毎年のことですが旅費がかさんで、商売の度を越すほどベルギーに行くわけですけど其の割りに商売にならず、此れならFAXやメールのやり取りのほうがいいように思われますが、ベルギーの友人達との再会が何よりの楽しみで今は商売抜きの旅になっています。私みたいな商売と鳩レースは両立しないことがしみじみ身に感じてきました。息子と家内が頑張って手伝いをしてくれるので鳩レースを楽む事が出来る幸せをありがたく思います。今は、インブレックス&デルバールを主体として今年は配合を考え何の世界でも世代の交代があります隠居でもしようかな〜〜。        
2月12日(金)晴れ:
 福江365日+2:昨日に続き今日も晴天で新潟も春近しと感じられる。今年2回目となるベルギーで4月にはゴメール氏の結婚50年のセレモニーに招待されている。最近のゴメール氏の活躍はクレスコップの時代を思い出される程の成績です、今年もナショナルベストテン入賞を数多くされるのではないでしょうか?。        
2月5日(金)雪のち晴れ:
 福江365日+2:昨日V・ゴメール氏より電話が入り、20日サプリメントを持ってわざわざコルトレイクに出かけてくるという、会場では多くの友人に再会できる楽しみがある。此の歳になってベルギーに住みたくなってきた。後何年かしか出来ない鳩レース、細々としてでもやってみたい気持ちが自分自身を掻き立てる。今日も友人Y氏が心配して激励に来てくれたことが嬉しかったし、会員のことを第一に考えている私に理解を示していただいた。業種がどうであれ国籍がどうあろうとも差別的なことはしてはいけないと、有る大阪の人が話されたことを思い出す。今年の運勢おみくじによると裏切られる運勢だと出ているので其の点は肝に銘じて於かなければならない。あ〜あと孫の愛心がため息交じりの片言を話すが、私もあ〜あと天を向いて“此の身 滅す可し 此の志 奪う可からず”        
2月4日(木)晴れ:
 福江365日+2:昨日は連盟の地区Nの立会い者や放鳩地の緯度経度等に追われた日でした。幸いに当連盟は、公認距離測定E氏が居られるのでおお助かりで、協会とのやり取りもスムーズに行きました。全ての会の仕事は、殆ど日中に行なわなければならないので辛いところがあります。言うことは簡単ですが、永く実行するにはよき理解者がいないと出来ません。友人が私に51対49で考えれば其れで良いんじゃないかと教えてくれた。職業が何であろうと連合会会員の皆さんが、鳩レースを楽しめるために頑張るつもりです。家内も朝夕選手鳩の餌暮れに頑張ってくれています、昨日も、う氏(お氏)に教わっていましたし、此処にきて猛勉強ですが此の寒さで体調が余り良くないようですが頑張っています。家内の腕前が楽しみな今春になりそうです。        
2月3日(水)雪:
 福江365日+2:今日は節分だけれど孫の愛心君、インフェルエンザにかかっていまい節分どころではないようだ。昨日はジャルマン、ゴメール、ギドと打ち合わせをして早足の旅となるようだ。今年は此れでベルギーの旅は終わりにしたいと思うが、そうゆうわけに行かないようだ。4月の地区Nレースにはゴメール氏の結婚50周年セレモニーに招待されているし、10月のゴールドウイングのセレモニーにも行かなければならないし、なんだかんだとベルギーだ。もう鳩の業者を飛び越えているいるように感じる気がしてきたし、息子に任せなければベルギーの友人と交流など出来る時間がない。限界を感じながらベルギーの友人達との交流を続けるには、早い時期にエスワール ロフトは家内に鳩商売は家内と息子に任せようと思う。もう選手鳩は家内に任せたし、私ももうすぐ70歳!!後は気持ち次第で。        
2月2日(日)雪:
 福江365日+2:あ〜〜〜無常!!。今年の鳩レースは家内に任せることにしました、作出は思うように出来ないかも知れないが仕方ない。残念!!        
2月1日(月)曇り:
 福江365日+2:もう二月、1月はKBDBの表彰式と2月はコルトレイクの会場にと忙しい日を送ることになります。今年は鳩のレースは家内にお任せで行くしかありません。体が利く内に頑張りたいと思っています、人生一度頑張ります。        
1月13日(水)雪:
 福江365日+2:協会総合表彰式に出席し、日本優秀鳩舎賞の皆さん方との座談会の司会をさせて頂き大変勉強になりました。私が何時も言っていることが正解のようでした、出席者の殆どの人は餌はグラムで計って与えていないとの発言でした、その後デブクワ氏・ノルマン氏も餌は重要で天候・距離・♂・♀で餌の与え方や餌の質が違うというのだ。大いに参考になった私は、私の持論が間違っていないことに胸を撫で下ろしました。翌日からは、転々と移動して皆さんに大変お世話に成り、昨晩帰ってきました皆さんに大変お世話に成りお礼申し上げます。そして又明日東京で、4日後にベルギーのKBDBの表彰式等に出席する予定でV・ゴメール氏と打ち合わせを行ないました。2月もベルギーに行く予定で、鳩レースは、銘ハンドラーの家内任かせで頑張ることになりそうです。友人が私に関東地区で九州西鹿児島のレースが予定されているので、負けるわけに行かないので西鹿児島に通用する鳩を分けてくれと頼まれた、“ESPOIR"系を検討することにした。西鹿児島レースが実現したら成功を祈りたい。M&Dデブクワ氏からカップを戴きました、記念レースでもできればと思っています。来年はもっと多くのベルギーの仲間が日本に来てくれることを願う次第です。ノルマン氏もデブクワ氏もカトリス・ステッケルボードが基礎でノルマン氏の鳩は、今流行のG・ファンデンナベール鳩舎にも導入されている。やはり系統の重みが重要だ。私の持論は、飛べば、勝てば何でもいいというわけには行かない、系統が重要視される。又、金を多く出せば良いと言う訳でもない、裸の王様にはなりたくないものです。        
1月4日(月)雨:
 福江365日+2:例年になく雪がないので今一正月気分になれず、三が日のんびりとすごしました。元旦に日の出を拝まれたのは年十年ぶりのことだろうし、孫が自転車の練習をすることさえ考えられません。新潟も毎年こんな少雪の冬であれば鳩ももっと楽しめるかもしれない。今年は配合を昨年より早め、遅くとも3月初めには配合が終了するようにしたい。今年の配合は品評会に向けた配合に重点をおき、美を追求したいなんて夢のようなことを考えている。1日の友人たちの会話の中で“越路系”のことが出た、越路系から“ESPOIR"と両党作戦で鳩レースを頑張ることに。厳選配合夢を見られる作出をしたいものです。今年は、365日+2を365日に超長距離福江GNを目指し鳩の世話に励みたい。五島列島福江からのレースは関東の方々には申し訳ないが、日本の長距離の世界では一番過酷の上、冬場の舎外・管理等のことを考えれば福江からの帰還鳩は日本一!!、なぜかと言うと海峡を2つも越えなくてはならず、3月から始まり福江のレースは5月中旬で、短期間のうちに其の全てをクリアーしなければ成らないからで、優秀な鳩でなければ通用しないのです。私は日本の長距離で五島列島福江のレースから帰還した鳩は高く評価したい。        
1月1日(金)晴れ:
 福江365日+2:新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。今日は東京です。        
12月28日(月)雪のち曇り:
 福江365日+2:しばらくの間冬眠に入ります。今年後半は、魔法の水の力を借りて若鳩レースは近年にない好結果が出ました。どんな世界でも、一人前になろうと思えばお金がかかりますよねえ〜〜。孫の彩乃が書いた絵画が来年1月9,10、11日の3日間東京タワー内で展示されます、記念に皆で行くことに決めましたが、家内は鳩の世話でいけないのでガッカリしていますが、其の分写真とビデオで我慢してもらいます。鳩の成長と同じように孫の成長も楽しみだ!!。今年の最後の大勝負!!、競輪グランプリ、園田選手で大勝負!!。        
12月27日(日)雪:
 福江365日+2:昨日で忙しい日が終わり、のんびりとお正月を迎えることができそうで、来年の配合と春レースのチーム作り等を考えたいと思います。魔法のウオーターとグリットを与えてからぐ〜〜〜と鳩の調子が良くなったように思われます。来年は鳩の世話の時間を多くれるようにしたいもので、正月は選手の選別をしたいと考えています。先端8,9,10の主翼3枚の一列の鳩が一羽でも多くいることを期待したいものです。此の寒い中選手鳩は卵を産み始めました、何とか巣についてくれればしめたもの夢のGN50羽参加有言実行でいきたいものです。        
12月26日(土)雪:
 福江365日+2:大変こまりますも終わりましたが、昨晩は家族で柏崎まで有名な大えびフライと大えびてんぷらを食べに行ってきました。像みたいに良く食べる私も流石に、此の大えびには驚きましたが驚きの余り1本しか食べられませんでした。毎日鳩の世話に終われる毎日を送っている家内に少しは安らぎをと思い子供たちが誘ってくれました。来年1月の協会の総合表彰式の出席も楽しみにしていましたところ、家内は鳩の世話に成りそうです。今年もあとわずか、はとはと人生頑張ります。今秋を振り返ると“ESPOIR"のレオ・へルマン作“CHレオ”のラインの活躍が目立つ、中国に最高価格で売られた“ボルト号”には及ばないがレオ・ヘルマン鳩舎においては最高鳩でノワヨン220K540羽中優勝、634羽中4位、301羽中2位でレオ・ヘルマン鳩舎の優勝鳩で有る“レオ号”こんな鳩を種鳩にできた私は幸せ!!、ましてV・ゴメールが種鳩にしているB11−6091407&11-6091408・モンリュソンN(Z)2996羽中優勝、N18568羽中38位の父鳩など所有できたのだからレオ・ヘルマン氏には感謝したい。        
12月23日(水)晴れ:
 福江365日+2:休む暇もない、此処2〜3日立て続けに東京往復3回もした、流石につかれました。友人が心配して電話をくれました、元気かい!!と。心配してくれている人がいるだけありがたい。R・デズメット マタイス氏からマルセーユN514位の“CHペドロ”の直仔を私に分譲するという、今年のロジャーは帰りが悪いといわれながらのバルセロナレースでは、近年にない好成績だった。今回の“アルジャン号”は父が“ペタチーの兄弟のペドロ号、母はクラーレン カポンの娘でありペタチー号の孫にも当たる最高配合だ。楽しみが増してきた。        
12月18日(金)氷雨:
 福江365日+2:良き仲間に恵まれている私は幸せ者かもしれない。名前を出せないけれど本当に有難うございます。此処のところ忙しく、昨日は成田に鳩の引き取りに行って着ました、成田は多くの方々が鳩の引き取りに来ておられました、流石の私も驚きで目が三角になってしまいました。今回はM&Dデスブクワの氏のバルセロナ入賞鳩やW・ミュラー氏のバルセロナ入賞鳩、E・リンブルグ鳩舎、G・インブレックス氏のバルセロナ入賞等です。“ミスターバルセロナマン”と呼ばれても不思議ではない私は、常にバルセロナ入賞鳩やペルピナン入賞鳩を何十年と追い求めてきました。今回も最高級の鳩を導入できたのではないかと思います。昨日神奈川の友人から、伊賀国際500Kレースで総合3位になった鳩は父が私し作のインブレック×フレーカーだという、又タイFCIのレースでも協会参加鳩中私の鳩が1番に帰還しました、其の鳩の名は即座に“KE・I・KO”となずけられました。来年は自分が頑張るよう頑張ります。        
12月16日(水)雨:
 福江365日+2:何となく春らしく感じる、庭の水仙の芽が出てきましたということはもう春?と勘違いする。此れから新潟は例年だと冬眠に入るわけですが、車のタイヤはまだスノータイヤに替えてないが年内大丈夫かと思う。昨日、孫の愛心君の保育園での桃太郎の劇があったのだが一歳の子がどうなるのかと心配したのだが、どうやら犬の役でリボンを付けての行進で会場中が大笑いだった、先生方の苦労が感じ取られる。鳩レースもそんな感じがするが、私がいない時に鳩の管理をしてくれている家内の体調が心配です。昔はそんなことを気にせずにどんどんといったものだが、今は全てにおいて心配です。こんなに多くの鳩に係る仕事をして、鳩レースは頑張るわけですので自分ながらよく遣るな〜〜〜と感心していますが、何時もどこかに家内の協力を頂いています。日本の鳩界も少しずつ陰りをを見せ始めています、国産の放鳩籠も何時も頼んでいる業者も高齢で生産を止めましたし、日本の鳩界も会員の減少なども起こっています、今はお互い協力をして1日でも長く鳩レースが楽しめるように頑張らなくてはいけませんが?出る釘は立たれ、錘を付けられて沈められるようなことでは困ったものです。50年前の12月、氷雨の降る中家内と挙式をしたことが頭の中でよみがえる。結婚して此の世界に家内を入れて50年よく頑張ってくれたと感謝だけしか言えない自分が情けないと何時も感じる。ブロック会議でも私の代わりにきちんと答弁をしてくれたようだし、自分が言うのは可笑しいが、家内の自慢話を言うわけでもないが、日本鳩界唯一の女性連合会長であり、ブロック&連盟役員です。此のことは私の何よりの誇りと何時も申し訳ないと思う気持ちです。家内は何時も言うことは、私の青春時代と人生は、糞かき人生50年!!だと笑って話す。        
12月7日(月)晴れ:
 福江365日+2:温暖化、温暖化と今日は暖かい一日だ、鳩にとっては最高の日となったことだと思うし、舎外も順調にできたしコンデションは最高!!だし、此れで雪が降らなければもっと最高だ〜〜〜。今年は秋レースに使った以外にゆうに100羽以上いる。多すぎて頭を抱え込む状態だが、昨年のことを考えると贅沢な悩みで〜〜す。限界以上の管理で毎日が辛いのですが、孫を見ると元気が戻ります。幸い今年は気候が暖かいせいか家内も今のところ元気してますし、総合表彰式に家内と一緒に出れることを楽しみにしています。昨日は連盟会議がありましたが、今年連合会長を退任されるS氏よりお礼のFAXを頂きましたが、涙、涙のお言葉と鳩を飼った喜びが書かれていましたし、同じく保健衛生委員のE氏よりのお礼のお手紙頂来ました。家内と共に連盟の仕事をして良かったとあけてもくれても此の話ですし御両人には感謝申し上げる次第です。連盟会議の話の中でも年齢やあと何年飼えるかと言う話で盛り上がり、連盟設立50周年時には騒ぎまくろうという話で落ち着いた。其れまで元気でいたいものです。        
12月4日(金)雨強風:
 福江365日+2:忙しさに明け暮れ自分のことができない毎日ですが、気がつけばもう12月でした。先日のレース鳩品評会は昨年より多くの出品が有り、審査員の香取先生曰く今回の出品の鳩は全国大会でも通用すると太鼓判を押されていました。新潟の鳩も全国に通用できるだけの高いものになったと感じましたし、元来私も品評会審査の資格を持っているので質の高さを感じました。品評会でもレースに於いても其の分野で素晴らしいものは素晴らしく高く評価をしなければと思います。レースを楽しみ、品評会を楽しみ、仲間と激論して大笑いのできる自分は幸せもので、けして自分一人でできることではありませんし、仲間がいるから此の幸せがあると思います。心から感謝感謝で頑張ります。        
11月24日(火)雨:
 福江365日+2:フランスのテロと同時にベルギーも厳戒態勢、若しかして入国は大変かもしれない。伊賀国際鳩舎の参加鳩は400Kで帰還を見ることができなかったが、仲間のT鳩舎が1羽残っている、其の鳩は今春GN総合4位の兄弟で2分の一インブレックス系で最終レースで入賞を願っています。昨日の天気予報によれば今週は天候に恵まれず雨模様だというし、台風が発生しその影響が有る言う。スキー場は雪が降らず困っているようだが、今年は暖冬かもしれない。之から冬眠に入り舎外できない日が続き、例年すすめが鳴き始めるころに舎外を開始します。        
11月23日(月)晴れ:
 福江365日+2:昨日は孫の愛心ボーイの誕生日会で家内が一升餅をプレゼント、此の餅を背負わせるわけだがやっとの思いで2歩3歩と歩く、今日は娘の誕生日11月は3人もいるので大変だ。品評会もマジかに迫り参加鳩を選ばなくてはいけないのだが思案中!!。魔法の水は鳩の為には良さそうですし結果も出ていますので種鳩&選手鳩全鳩に毎日飲ませることにしていますし、スーパーグリットも鳩の健康のためには最高ですが、魔法の水やスーパーグリットは仲間内のもので宣伝等はしておりませんのでご了承下さい。もう一年平成28年度も時間をかけて鳩作りに頑張りますし、今回秋の結果で自信が倍増した。人の話は参考程度にして、自分に合った、訓練、管理等又、其のときの選手鳩の状態での餌の量や配合量を考えることが第一だと考える。種鳩の管理は何処もそんなに変わらないと思います。後約一ヵ月半で平成28年(2016年)春のスタートが始まります、願うことなら暖冬で大雪にならないことを祈ります。        
11月21日(土)曇り:
 福江365日+2:今晩は連合会有志で焼肉“きらく”です。大いに食べて明日に備えようと思います。はやる気持ちを抑えて4軍の舎外をしなければと思う、犠牲覚悟で。        
11月20日(金)曇り:
 福江365日+2:二女の男の子の名前が決定した。”颯仁”之で“はやと”と読むのだという。最近の名前は難しい読みだらけで、孫男3人の名前は怜哉、愛心、颯仁と孫娘は彩乃と流石に現代的な名前を付けるが此方は大変だ。レオ・へルマンの“レオ号”の直系の活躍には驚かせられるが、果たして日本にレオ・へルマン作の優勝鳩は此の“レオ号”しかいないと思うが、本場ベルギーで之だけの活躍をしたら数万ユーロと言われるだろう。V・ゴメール氏が所有のB11−6091408モンリュソン(Z)2996羽中優勝、N18568羽中38位と同腹の407は5万ユーロ以上で私は其の父親B09−6370130は私が持っているのだが、余りのV・ゴメール氏の自慢に父親を持っているとは話すことができません。ま〜〜話さないほうが今後も良好な付き合いができると思い封じます。今年のM・デルバール氏の活躍は素晴らしい、約150年の歴史と伝統でアールデンや欧州における基礎となった銘血で、今尚、第一線で活躍しているデルバール氏に驚きを感じますと共に当鳩舎においても活躍の兆しが出てきました、銘血は不滅なんだと言うことをG・インブレックス氏の鳩共々改めて実感しました。        
11月15日(雨):
 福江365日+2:時差ぼけはともかく歳のせいか体調不良で風邪を引いてしまったらしい、。もう歳ですね〜〜〜〜。今日はうさぎ君が明日のレースだというのにスパーグリット&酵母菌等が入ったスパーウオターを届けにきて頂いた。今年の入賞率は全国でもトップクラスで明日に賭けるのだそうで頑張っていただきたい。鳩の話は何時も勉強させていただき、感謝しています、其のうちに荷が軽くなったら仲間たちと集まりたいものです。今年を振り返ると上々の出来で特に此の秋のレース結果は、近年にないもので来年の春が楽しみです。今回もデスブクワ氏から10羽のバルセロナ入賞鳩がきます、いずれも素晴らしい体型をして期待が持てます。今年の秋のRGレースで新潟中央連盟で総合優勝された岡島氏には、最大の敬意を表します。総合優勝はまぐれや偶然で取れるものではありません、まぐれや偶然で取れるなら私は苦労はしませんし、其のレースの頂点に立つことは非常に難しい。        
11月13日(金)晴れ:
 福江365日+2:時差ぼけなどしている暇などありません、早々にRGレースで総合5位の鳩の確認をした、レオ・ヘルマンの“レオ”の孫にあたりトップガン・ファーストレディーとフェルカメンの雌を配合“ESPOIRスプリット”総合6位は”カルトース798”のラインに”プチブルー号”のデルバール系、総合7位は両親G・インブレックス氏作のダイレクト、総合8位は“レオ号”の直仔とエンゲルスの配合でレオ・ヘルマン作の”CHレオ号”のライン活躍が目立つ“ESPOIR・スプリント”!高嶺の花のレオ・ヘルマンの活躍に大満足です。今秋、之だけの鳩が残れば来春は戦えると思う、焦りと無茶苦茶な訓練で此処3年失敗してきました、焦れば焦るほどどん底に落ちる始末で、今秋は何とか落ち着いて順調に訓練ができた。2016年の雛も順調に舎外に入り、来春の楽しみが一段とでてきましたし、之で大雪にならなければ訓練に入り、順調に行けば2016年度鳩もレースに参加できると思います。スピードアップにR・レジースト鳩舎からダイレクトヤンセンの記録鳩を導入しましたので更なる期待ができますし、G・インブレックス鳩舎からはバルセロナ入賞鳩、M&Dデスブクワ鳩舎からマルコ号を含むバルセロナ等の入賞鳩&ジュールスバルセロナ号の直仔等、今年バルセロナINで優勝した系統デヌブー系でモンテリマールN優勝・モントバーンN優勝と大活躍しているM・デヌスー鳩舎のバルセロナ入賞鳩、W・ミュラー鳩舎からバルセロナ入賞鳩、M・デルバール鳩舎、E・リンブルグ鳩舎、V・ゴメール鳩舎、J&J・エンゲルス鳩舎からと超長距離鳩〜中距離鳩と幅広く導入した。何回ベルギーに行くけど毎回アクシデトが有る、今回も携帯電話の紛失騒ぎには一晩中寝れなかったが、巨匠R・フレーカー氏(今年95歳)との再開と食事は、そんなことを忘れさせてくれました。R・フレーカー氏は、私との出会いが忘れられないようで、E・デニス氏と訪問して以来、鳩を止めるまでお付き合いをした日本人として忘れられないのだそうです。今回もそんなことで楽しみにしておられた様でコルトレイクのシャトロー風のレストランで食事をご馳走になりました。故A・リタール氏といい、G・カルトース氏の死去は去りうる時代を感じる。重ね重ねご冥福をお祈りいたします。之からは、一歩一歩と確実にGNの参加50羽を目標に頑張ります。        
11月12日(木):
 福江365日+2:忙しい日が続いた此の7日間、RG400Kレースの帰還も見ないままベルギーに行ってきました。ポーのセレモニーは、多くの仲間と出会い楽しい1日でしたが、巨匠G・カルトース氏の死去を聞いたときには驚きと目先が真っ白になりました。小黒いつでも来いよ、俺がエスコートするからと笑顔で話してくれたカルトース氏にはもう会うことができない悲しさ、ご冥福をお祈りします。又、高齢と奥さんの体調不良で今年限りで引退するH・ファンネステ氏には大変お世話になりました。巨匠故R・コブー&故P・トッセンス氏宅に一緒に行き日本で始めてのバルセロナ入賞鳩の導入に力を貸せてくれました。ジャルマンが寂しそうに又一人、又一人と古きよき仲間が此の世界を去っていくと寂しそうに話す。ポーのことは暇を見てはすことにして、11月4日のRGレースは多くの帰還を見て家内はパニックになったそうだ。余りに大量の帰還に時間を忘れる始末で大笑いになったようだ、明日は久しぶりに帰還した鳩との再開だ、労をねぎらってやろう。之でまた一歩前進した、来年こそわと、取らぬ狸のなんとかで・・・・・・頑張ります。        
11月3日(火)雨:
 福江365日+2:まだのようで孫は昨日生まれませんでした、家内が言うには4日ではないだろうかと女の感を働かせる。確かに4日に生まれれば孫の3人の語呂合わせが良いと言う。4月11日、11月14日、4日に生まれれば11月4日だというのだが?。4日に生まれれば家内は国定忠治のように、孫をおんぶして鳩の帰還を待つことになる、そして成績が思わしくなければ天を仰ぎ嘆くかもしれない。今晩持ち寄り、100羽参加する予定で選びます。今回ベルギーの研修旅行はオランダの銘血W・ミュラー鳩舎ヤンアールデンを求めていきます。お目当てはW・ミュラー鳩舎のバルセロナ入賞鳩です、聞くところによると、帰りが悪いと言われた今年のバルセロナレースには、近年にない成績が良くバルロナ4回、3回、2回、1回入賞鳩が多くいるという、其の中から数羽選ばせていただけたら最高だ。研修旅行の今回は、13〜15鳩舎を回る予定にしています。11月3日文化の日に母子共に何事もなく3100グラムの男の子が生まれました。之で一つ心配がなくなりましたが、今日持ち寄りの最終レースの事だけになりました。娘は勤労感謝の日に生まれ、今日生まれた男の子は文化の日もう感激です。いつの間にか4人の孫をもつ爺になりました。        
11月2日(月)雨:
 福江365日+2:当連盟最終RGレースは、11月3日持ち寄りの11月4日放鳩予定です。孫が生まれそうです、3日に生まれればベルギーに行く前に孫の顔が見られるのだが?、其れと4日は東京に行かなければならなくRGレースは見ていられませんが仕方ありません、家内と息子に頼みました、やる事は遣って送り出しますので悔いは残らないと思います。5日はベルギーに旅たちます、今回は国家演奏のポーの表彰式に出席する予定です。それにして早く生まれてほしいものです、孫の生まれるのとRGレースと旅行の準備と忙しい。        
10月28日(水)雨:
 福江365日+2:昨日、新潟中央連盟のRGレースで岡ちゃん最高の系統で連合会優勝し連盟総合優勝した。父はクレルボーのN4位のラインにカルトース・スカイジェット、母はM・ファンデンアベールの“スパーエスプリ号”ペルピニャンN2位、ダックスN2位、ビゼーN10位の翔歴を持つ大チャンピォン(系統はカルトース・デルバール・ヘベレヒッツで小川鳩舎導入)で孫はすでにカオールN優勝しているし其のラインはベルギーで活躍している・ブールジュN17751羽中優勝の“CHブランスクー号)・サンバンサンN♀優勝鳩(全て小川鳩舎導入)の配合で今回優勝した鳩は系統でいうなら数百万クラスの優勝鳩が生まれたわけだ。こんな系統で全国で優勝しているのは数少ないし又、之だけの銘血CH鳩の構成は余り見ることができない素晴らしい。昔のE・マテルネ・G・インブレック・E・デニス等を感動させた“羽越号”の系統構成と“スカイジェット号”を思い出す。ただ優勝できることは大変だが、プラス系統だと思う。勝てばそれでいいという人がいるが、其れは其の人の自己満足、私はプラスがいる、そのために年3回〜4回も欧州に行くし、今年もすでに2回そして11月行くと3回になる。関東で強豪の人の今春GP入賞鳩の系統書を書いたが、ブリーブN優勝“フェリップブリーブ号・フェルカメン“ブラックマジック号”・フーベンの“エドソン号”などの集大成で活躍して不思議ではない系統です。さ〜て私の鳩は気合が入ってきたかな?、最終めがけて頑張ります。私も自己満足の世界から脱皮したい。友人から頂いた”スーパーミネラルグリット”中々よさそうだ、それに酵母菌入りの手製のドリンクもよさそうだ、何年も頂点に立っている人が使用しているので之もまたよさそうだ。仲間は大切にしなくてはいけないし、付き合いは永く鳩の話を大いにしたいものです。岡ちゃんは新潟県で協会に入会し連合会に所属していた会員の中では、一番古い方で岡ちゃんそして私と古参になり岡ちゃんは何十年ぶりいや失礼かと思うが初めての総合優勝かもしれない。何時も気さくに話してくれてくれるし、会員の面倒見は良いしこのような人が優勝されると自分ながらに嬉しく心からおめでとうといいたいし、祝賀会を仲間とやりたいものです。どうだ!!岡ちゃん〜〜〜〜。        
10月27日(火)晴れ:
 福江365日+2:今が一番鳩よりも気合が入っている自分だが、仲間も感じているらしい。RGに100羽参加するといったら、それでは俺は101羽参加するという、何だ〜〜と風呂に入りながらの会話はエコー付だ!!。自分だけ気合が入って鳩には今一のようだが自分が跳ぶわけにも行かないしさ^^手?。隣の連盟では、岡ちゃんが200Kについで300KRGでどうやら連勝のようで“スカイジェット”のラインに小川君のコブーのブラスクーのラインだという。おめでとう!おめでとう!春が来ました岡ちゃん〜〜〜。久しぶりの自分のラインの活躍、之で私も勢いがつく。友人からまたまた頑張ってと手製のミネラルグリットが届いた、之では気合を入れて頑張らなければと。岡ちゃんと長岡で祝勝会をしてやらなければいけない。        
10月22日(目)雨のち曇り:
 福江365日+2:つかれました、鳩レース処ではなくつかれた。福井は154羽参加で当日91羽翌日11羽でした、徐々に調子が戻り最終は、ど〜といきたいものです。久しぶりに小浜RGに100羽以上の参加となりなんとしても80羽は残したいものです。今回もそうだが鳩レースに集中できる環境を作りたいものだがそうは簡単にはいけそうもない気がする。ぼやく事だけのブログになるが、お付き合いをして読んでくださる方には感謝申し上げます。今回ヨーロッパには、ポーの表彰式にジャルマンから誘いがあっていくのだが、表彰式の様子を全国の方々から知っていただきたい。今まで紹介されないことが沢山あるかと思うので全国の皆さんに知っていただきたいものです。ベルギーで行なわれる大きな表彰式は、10月にはブルージュクラブ主催のゴールデンウイング賞12月はバルセロナのセレモニー・2016年1月はKBDBのセレモニー他、主催団体によるセレモニーが毎週行なわれています。今回のポーのセレモニーは、オステンドの開催時以来の3回目となりますが、多くの友人に出会えることの楽しみがあり、今から眠れない日が続きそうです。        
10月19日(月)晴れ:
 福江365日+2:おはようございます。昨晩は心配で眠れない夜でした。20日に福井の持ち寄りが決まりましたが、何処の連合会も参加羽数の現象で連盟約1400羽弱の羽数登録と競翔担当からの連絡でした。其のうち当連合会参加登録は約550羽で登録羽数の4割強の登録でした。そんな訳で今朝は、朝早く起きて選手小屋を点検しましたが以上は見つかりませんでした。今回の福井には約150羽を参加予定していますが、此処を乗り切れれば次回のRGそして来年につながると思います。W・ミュラー鳩舎から今年のバルセロナ入賞鳩の交渉に入りました。最大の今年の活躍鳩“ルクス・ガールM”NL10−3085455BCは13”バルセロナN14位、14”バルセロナN1249位15”バルセロナN871位、又、“ヨーコM”はバルセロナIN3回のベスト30位、Nベスト11位(ステックテーのダックスの孫でミュラーのスーパーライン)のスーパーピジョンと共に多くのバルセロナ入賞鳩がいる。W・ミュラー鳩舎のラインはブリュヘマン兄弟から多くのオランダの鳩舎に流れ、ブリュへマン兄弟に於いては“オルハン”というCHが誕生したことは有名です。今年度のバルセロナレースの帰還が悪いのにW・ミュラー鳩舎の最高の帰還率は名実共に世界中で高く評価されています、そんな中あえてバルセロナ入賞鳩の交渉に入りました。又、G・インブレックス鳩舎のCH”プティーバルセロナ号”の直仔で記録鳩やバルセロナ記録鳩等の交渉にも入りました。もう最後となるかと思うCH“プティーバルセロナ号”の直仔には期待しています。        
10月17日(土)晴れ:
 福江365日+2:今日も待っていたかのような鷹の襲撃をくらう。被害は今秋最高かと思われる程未だに数羽帰ってこない。どうすりゃいいのか?悩みの柿の種です。高岡200Kはブリコンテストで精鋭参加30羽でしたが、福井300Kは猛禽などで被害が出たものの150羽参加できそうです。今度は高岡のような事のないように頑張ります。        
10月16日(金):
 福江365日+2:高岡にはチップ付の6月〜7月生まれの30羽参加してブリコンの最終チェックをしました。持ち寄りから審査まで少しのトラブルはありましたが順調にスタートを切りました。アテスからブリコンの序列ソフトを使い連合会の成績を出しましたが、一人でアテスとブリコン担当で審査する息子には感謝しています。今年は、ほぼ順調できているのですが、福井300Kに約160羽参加して7割から8割帰ってきてくれたらマルで小浜400K終了時に100羽は残したいものです。後、残りの鳩は150羽程これから舎外と訓練して来年に賭けます。選手の部屋は7部屋に増設しましたし、アンテナは自慢するわけでもないが6台設置、もう1台追加をすれば家の周り半分はアンテナで囲むようになります。アンテナだけ付けても鳩が帰ってこなければ如何にもならないし自慢にはならない。近い将来の事を考え、夢のGNに50羽参加できるように目標を立てて、G・インブレックス、M&G・ポリン、M・デルバール、M&D・デスブクワ、F・ラビュー、W・ミュラー等の超長距離鳩舎の世界的有名な鳩舎を主流に中距離のスピード鳩の交配で挑み現実にしたい。如何なる時でも障害が発生するのが常、高岡のときなど孫の面倒を見ながら帰還状態を見る始末で、孫をおんぶして赤城の子守歌を歌いながら、国定忠治同様空を眺め赤城の山も今宵限りと青空一点を見つめる姿はさまにならない。其の挙句またまた孫の状態を悪化し、娘に怒られしょんぼりと家内が差し出す梨を手に二階の窓から月を眺める姿は、刀はないがまたまた国定忠治の今宵限り、後ろで孫のおならが聞こえる、もしかして下痢をしているのだろう。此の11月で1歳となる孫は、歩き始めて2ヶ月となる、いや〜〜年をとるという事は。今日は爽やかな秋晴れの天気、信濃川の土手に中年夫婦が肩を寄り添っていた、平和の日本ののどかな光景を目にしたが、ヨーロッパでは、祖国を捨て命からがら安楽の地を求めての移動する難民の様子をテレビ放映で見ると、此の中年夫婦の姿は平和日本の全てを見ることができる。昔、私が小学生の頃は信濃川で泳いだり遊んだりした、其のころはといえば日傘を差した若いカップルが土手に多くいて、石を投げられたりしたもんだ、時代が変わった今は犬の散歩とジョキングで賑わっている。        
10月12日(月)曇り:
 福江365日+2:思うように管理ができず困っていますが、今日は明日持ち寄り組み33羽の舎外をAM6時からしました、約2時間飛んでくれました、午後から40分舎外をして明日の持ち寄りに備えます。残りの約150羽は休養と適度の訓練と舎外で福井に参加予定ですが孫の子守で思うように行かず悩んでいます。何とか福井をこなせば来年につながるので頑張りたいものです。最近は自分自身の思っている理想の鳩、すなわち気に入った鳩と思う選手鳩を眺めてもあまりいませんのでガッカリしましたが、レース終了後に何羽か之だ!!と思う鳩が残ってくれれば良い。そう願いたいものです。少しずつ選手鳩もそろそろレースモードになりつつあるので高岡は約30羽だが結果が楽しみです。        
10月11日(日)曇り:
 福江365日+2:天候不順により持ち寄りが13日(火)に変更になりました、お間違いないように。2016年の配合を開始しました、11月には雛が巣立ちするかも知れません、大雪にならないことを願っています。困ったことに2014年オールド管と2016年の色が少しの濃さの違いがあるものの青です、2014年のオールド管をつけるので気を付けなくてはいけません。春の忙しくなる前に大方の目処を付けたいものです。全国いたるところに猛禽類訓練をすればやられるし、舎外してもやられる困ったものです。天候が悪く何もすることがないので今春の選手鳩の“ナンバーワン”と名づけてる14−248の主翼3枚を調べた、この鳩は200K300Kは常にトップ記録でGPまで使った鳩ですが8・9・10枚が揃っている私が理想とする主翼でした。此の主翼の話をするのは私だけですが、興味のある方は自鳩舎の鳩を観察してみて下さい。ゲロゲロの予防をしているので症状は出ていませんが気を抜くことなく管理しますが、トヤのすごさには困っています。高岡は30羽登録しましたが、福井はトヤの状態を見て参加を考えますとなれば400Kぶっけ本番になるかも知れません。最近はレースの最初が天候が悪くなるので困ったものです。        
10月9日(金)晴れ:
 福江365日+2:高岡の持ち寄りは延期になりましたので、会員の皆さん10日の夜持ち寄り日の確認電話をお願いします。孫の愛心君が風邪を又引いたらしく世話に大変です、鳩の世話に時間を掛けるわけには行かなくなりました。今日の舎外で鷹の襲撃に合い1羽負傷し散々の目に合いましたが、仲間はもっと酷いようです。天候も週末は悪そうで、持ち寄りの延期が連盟より連絡があり選手鳩の調整にとってありがたい。鳩の話をする機会が無いと分けの判らないことだけが頭からはなれず困っている自分だが、最近は自分本来の姿に戻りなんとしても土俵に上がる事を考え頑張るつもりだ。理想の系統と翔歴と美の全国品評会に入賞できる鳩作りを目指して!!。        
10月6日(火)晴れ:
 福江365日+2:帝王M・ポリン鳩舎、今や時の鳩舎になってしまっただけに鳩の価格は急上昇している。若鳩の価格はもちろんストックバードでさえ今や導入は難しい状態のようです、源鳩は歴史的銘血の“スタッサール系”今や影を落としかけているレース鳩の歴史ともいえる。G・インブレックス氏は一代で鳩の世界で最高峰になったが、其の系源はシオン・ステッケルボートである。M・ポリン鳩舎もG・インブレックス鳩舎の鳩の主翼の8・9・10枚目の揃っている鳩が多く見受けられることは、能力と最高の主翼を掛け備えている事には間違いない。        
10月5日(月)晴れ:
 福江365日+2:帝王M・ポリン鳩舎ちょいとしたことからルーツが少し判明した。1994年のレース鳩誌にM・ポリン鳩舎の記事が掲載されていた。其れによると父レオン・ポリン氏も愛鳩家で親子2代のM・ポリン氏(現在は息子グレート氏とレースをしている)は1946年生まれで基礎鳩は“ブールイ”B77−3164477で此の鳩はバルセロナスペシャリスト、フリー・レジェインによる“スタッサール”と“フロリゾーネ”の血を引いている。“ブールイ号”はマルク鳩舎をチャンピォン鳩で一杯にした上其の系統鳩は、全ての距離において優勝している。“ブールイ号”の直子に代表的CH“モントバーン号”91”モントバーンN6721羽中27位、92”モントバーンN5335羽中5位、93”モントバーンN6814羽中20位、別の有名な鳩に“バルセロナ号”バルセロナIN6回を記録5歳部門のプリモスインターパレスで優勝でM・ポリン鳩舎は93”ヨーロピアン超長距離鳩1位を初めとして9シーズンで計163回優勝を獲得した。此の受賞は100K〜1100Kにわたっての優勝でありマルクを“ベルギーではオールラウンド鳩舎”と呼ばれている。ついにたどり着いた、若い頃スタッサール系が大好きでスタッサール研究所としてスタッサール系にほれ込んで約半世紀、探しに探した系統にたどり着いた、之も何かの縁なのかもしれない。今年4回のナショナルレース優勝!!、まじまじ“スタッサール系”の素晴らしさに感動し、追い求めていた“スタッサール系”に出会えたことは最高だ。        
10月3日(土)晴れ:
 福江365日+2:今日は何日ぶりの舎外です、調子も上向き状態になってきました。        
10月2日(金)雨:
 福江365日+2:強風に午前3時に目が覚めた、ふと外を見ると2本の旗が猛烈に揺れている、隣の家に迷惑を掛けると悪いのであわてて寝巻き姿で、雨と強風との戦いをしながらやっとの思いで旗を2本降ろしたがおかげで上から下まで体全体がびしょ濡れになってしまった。早々朝風呂となってしまいましたが、素っ裸で部屋中動き回る私の姿を見た家内は笑っているばかりで如何にもならない状態だ。私が昔からの持論で主翼8、9、10枚目が同じ長さに揃っているのが理想だと思っている。過去の長距離鳩・総理大臣賞を取った鳩には、私が理想とする8・9・10枚目がそろった鳩がかなりいたのだが、最近は何故か?、持論を忘れていた気がしたが、R・レジースト鳩舎のヤンセン×カルトースの記録鳩を見て此の主翼ならスピード+長距離タイプと忘れていたことを思い出してきた。最近は鳩の能書きを話す機会がないのと、やぶ用が重なり本来の自分の姿を忘れていた気が此処最近のレース結果に表れていたと思う。自分のことだけを考えてレースに集中できれば、昨年みたいなことはないはずだと思い出すと悔やみきれない。やはりもう一度原点に戻り、私が理想とする鳩作りをして、之だからこうだと説明できるようにしたい、けして空総論ではなく。V・ゴメールは拘りかと思うが灰の鳩が多く閉めている、私も羽色・目・主翼と副翼と一貫したいし、品評会など他の人が見たときに納得のいく鳩を作りたい。今秋も今のところ順調だし、現実からかけ離れたような話を聞いたり、議論をすることは避けたい。と思う矢先、私に何時も協力をしてくれて理解あるジェントルマンAさんがカップリング済みのチップを取りに来た、そこで又永遠と時間が過ぎるのを忘れて会話に花が咲いた。ジェントルマンAさん何時もありがとう。!!        
10月1日(水)晴れ:
 福江365日+2:連合会の皆さん、10月4日(日)までに高岡参加羽数の登録と随時受け付けていますが、カップリングの手配をお願いします。昨日選手鳩を数えたら約200羽帰還していた、よーし之で目処がついた、今年は残すのが第一の目標ですので胸を今のところ撫で下ろしています。来年の目標も秋次第でGNの夢を実現したいのだが?、五島列島福江は日本の長距離においても非常に厳しいところです。何故か?まず、海峡を2つ渡って本州に入ること、放鳩日が沖縄に梅雨入り頃の5月半ば、日の出が北海道より約1時間遅い、しかも気温が30度以上になる等非常に鳩にとっては厳しい、私が思うに何処の地域の長距離レースも難しいと思いますが、福江は全ての条件が厳しいもので、此処を帰ってくる鳩は高く評価されていいと思う。新潟&山形のGNの鳩は日本鳩界に於いて倍の価値がある。        
9月29日(火)晴れ:
 福江365日+2:時代と共に鳩の病気も今までにない表情が出る。若鳩には常日頃から病気予防し、さらに2種類のアデノ予防をしているのだが、ピリットしない現象があると舎外では飛ばない鳩が出たり、訓練では帰還率の低下につながるようだ。昔の夏は30度以上超す日は2〜5日位で最近は、夏というと30度を越す日が毎日の様に続き、時には40度に迫る日もある。日本の鳩舎の構造にもあるが、鳩にとっては目に見えないストレスがたまり、暑い中の舎外と訓練に走る。夏前はビュンビュン飛んでいるのに急に飛ばなくなってしまうし、そうかというと8月に舎外を開始した鳩はというと其の反対です。之からも此の件について勉強していきたいと思います。今は餌にVAN-DIGESTを混ぜて与えて今日で6日目になり鳩も今まで以上にピリピリしてきましたので安心しました。休養と夏場の過ごし方に注意を払い、こんな表情が出ないよう勤めたい。お昼前後に先日黒部から放した鳩が、相棒君から元気に小包で送られて来た、ありがとうございます。何が何だか分からないけど相棒君若鳩の秋レースは中止して個人で200Kまで走るという、連合会には成鳩のみ数羽参加だという。お互いもう来年の話でGN頑張ろうと、来年に向けての年越しうどんのような話に花が咲くか?つぼみのままか?其れとも枯れてしまうのか?の話でお互い激励しあう。其の前に秋レース頑張らなくちゃ〜〜。        
9月28日(月)晴れ:
 福江365日+2:昨日の訓練で肩は張るやら、膝が痛いやらで其れも両膝と両肩パンパンに張って首が回りません。とても車を運転できる状態ではないのだが思っていたより帰還率がよく満足していますが今週は休養させ体力の回復に努めます。236羽で約200羽は帰還していますのでケア〜〜が大変ですし金もかかります、何とか300kには150羽は参加を予定したい。今月10日に来たM・ポリンの両親エースピジョン鳩の記録鳩・L・レジーストの記録鳩・M・デルバールなど大分鳩舎になれ順調にトヤに入っています。来年の配合を考えると胸キューンです。訓練が落ち着いたら鳩舎の整理にかかります。        
9月27日(日)晴れ:
 福江365日+2:黒部・滑川の放鳩は、AM6時35分でした、流石信頼できる方から放鳩連絡を取って頂き此の天候で7〜8割の帰還、此の分だと8割り5分はいくご苦労さんでした、感謝申しあげます、なんたって他の人たちは持ち帰り経費がもったいない。        
9月26日(土)雨:
 福江365日+2:本日黒部・滑川の連合会訓練持ち寄りです。持ち寄りなのに今日は雨、舎外も此処2日できなかったが、休養になったかもしれないが心配です。明日もブリコンを訓練モードででテストです。アンテナが6台設置してるために前回は少し電源不足をしていましたが電源器を1台追加したので万全です、よく考えてみるとアテスのときは電源器3台設置していました。アテスのものは全て友人にやってしまいましたが、アテスを設置するときは初めてのことなので、あれだ之だと今考えるとよく金をかけたものんだと自分ながら感心した。今回はアテスのアンテナ設置より1台追加してアンテナ6台設置したわけだが、ゆくゆくは家の回りを取り巻くようにアンテナ設置にならないように注意したい。最初の考えは各部屋に仮に30羽入れて6部屋で180羽と想定したのだが、近い将来若鳩の部屋を1〜2追加を考えているのです。今年はもう秋、来年のことを考えてことを進めたい。孫の調子も良くなり、10月半ばまでが一番鳩に専念しなければ成らない期間中で、レースに入れば其のそのままの勢いで2レースを戦う短期決戦で11月1日にはRGで秋季はレースは終了です。        
9月25日(金)雨:
 福江365日+2:昨日の夕方娘が愛心君を病院に連れて病気の具合を見ていただき、その後は回復状態で夜も泣かずに朝を迎えましたので今日から保育園にいくことになりました。これで一安心というかこのまま体調が崩れないければ鳩に専念できそうです、一時は秋レースは?と思うときもあり子守をしながら、“クレヨン”さんのコンサートDVDを聞いていましたが、最初の物語だと思う曲を何回も繰り返し聞きましたので頭から離れません。“マタンゴ君”今度会うときに聞かせてやりたいので曲を覚えなくてはと思うとき少しひらめいた、此の曲ウサギさんに合うんじゃ〜〜無いかと思うので、今度お会いしたときにでも歌ってもらう事に勝手に決めました、何しろウサギさん、若い頃はプロを目指してフォークバンドをクンちゃんとやっていたのだそうです、実に考えられない状況だが、現実を見て言える事は歌を歌えば聞いている人たちが、うっとりと聞きほれる程最高級だ、全てにおいて芸達者だな〜〜と感心する次第です。此の世界色々な人と最近廻り合えて楽しい日々を送らせて頂いていますが、今が一番いいときかもしれない。最近、仲間のことが心配で異常に気にしすぎな所が頻繁にあるようだが、之も歳のせいかも知れない。歌手・女優の川島なおみも長い眠りにつかれたようだし、先日は野球界でも一人おられた。そうそう相棒君!!、秋レースやることにしたの〜〜〜。此の季節を思わせるような秋心の相棒君と心配す過ぎているKさんお互いに頑張ろう!!。黒部・滑川付近の合同訓練は今日の持ち寄りは中止で明日に期待したい。此のブログを連合会の通信欄として使用したいと考えているので、試験的に連合会通信を書いてみることにします。先日のオールスター競輪お見事!!新田 祐大選手優勝おめでとうございます、先日福島に行ったときTさん曰くK選手の弟子が新田 祐大選手という、早々にK選手に新田選手のユニホームをねだった、K選手弥彦に来たときは宜しく!!テレビで久しぶりに岡部選手の姿を見たが、愛弟子の小松崎選手の活躍には嬉しい事だろう。Mさ〜〜たまにはラインで宜しく。新田 祐大選手はオリンピック日本代表選手金を目指して頑張って下さい、新田選手から07”サインを頂いたときはS級2班時代弥彦で優勝した時、今はS級1班で10”に会津魂と書かれたサインにはJAPANと書かれている。        
9月24日(木)曇り:
 福江365日+2:以前と孫の愛心君の調子が今一で、今日はさすがの私も見ていられずにおんぶしたのだが、ちょうど運悪くその姿をこんちゃんに見られてしまった。最近までの小黒と違ってとうとうじいちゃんになったと話すが、当のご本人も孫&孫の大家族で大変らしい。後20年は生きなければねと話すが、小黒は後20年も生きていられないと言うがせめて88歳までは生きて孫の20歳を見届けたいものです。今日は娘の職場に“半澤直樹”の原作者が来るというのでサインを頂いた、やられれば2倍がいし鳩の世界でも負けたら2倍がいしでいきたいものです。今週末はまたまた天候が悪く金曜日の持ち寄りは無くなったのだが、今日一発と考えていた訓練が愛心君と母親が家に来るのが重なって中止、さ〜〜て明日はと思うと天候が悪い、このまま休ませて県境越えをすることにした。それにしても相棒君大丈夫かと心配するが、長〜いブログを読む限りいたって元気のようなので安心したが、読んでいるうちに此方が頭が痛くなってしまった。相棒君の並々ならずの御努力応援しますと共に参考になりました。あ〜〜あ相棒君を参考にしてアデノの投与を始めました、飲水では無く混合配合にまぶして之から6〜7日間与えますと同時にビタミン&グリコースなど飲ませます、決め手はファンジーですがはまると最高です。相棒君は昔ながらの原始的なキャラメルを帰還したときに与えるといっていましたが、私みたいに数多くいる鳩舎は手間がかかってどうにもなりませんので、ベルギーで強い鳩舎が使用しているものを与えています。さ〜〜相棒君と私どちらが早く夢をかなえられるか?。頼むよ〜〜相棒君!!大いにずっこけて〜〜〜。“ロスジェネの逆襲”の池井戸 潤氏のサイン私の名前入りでゲット!!、やった〜〜〜〜ぜベイビー!!。        
9月23日(水)晴れ:
 福江365日+2:秋晴れが続いた連休でしたが、孫の愛心君がまたまた風邪をこじらせ、此の連休は孫の世話に追われ、今日は声も出ない状態だ、油断したのが悪かったみたいで家内と手抜きしたことを反省&反省、鳩にもいえるような気がした。鳩も雛のうちはなんだかんだと世話がかかるが、成鳩になればきちんと管理さえすれば大丈夫だ。今日は軽く舎外をしたが一発気合を入れるか考え中ですが、それにしても相棒君55Kの訓練終了で残す訓練は、あと1〜2回秋は終了するのだと話すのだが、先日電話で話した2年後成鳩にして福江GN参加50羽参加予定は先に延ばすのだろうか?私も福江50羽参加を夢見ているのだが、相棒君を待っているわけにはいかないので、之から先の秋レースでどうなるか分かりませんが、相棒君より先に実現に努力します、と言うとKさん笑っているような気がしますが、Kさん相棒君もついておいでよ!!と一緒に合同訓練したらどうですか?きっと楽しい訓練になりますよ。それにしても心配して電話をしたものの相棒君元気がよかったので安心しました。相棒君は尽かさず話す、11月頃まで200Kを訓練すれば、来年はもちろん2年後は実現できるから????大丈夫と心配する私に激を入れて頂いた感謝申し上げますと共に頑張りますよ!!と言うものの私もこの先の事が不安だが相棒君も最後の言葉には先が伸びるような話し方に変わった。いつ実現できるか分からない夢の夢の話を二人で話しているうちが楽しいく愉快になる。50羽GN参加すれば優勝は確実と取らぬ狸の何とかで、そんな簡単なものではないはずだ。        
9月21日(月)晴れ:
 福江365日+2:今日は自動入舎ブリコンのテストです、アンテナが6台設置のために少し電源不足でしたが、電源を1台追加をして実に気持ちよい鳴り方で記録していました。此のブリコン音声も変えられるようで次回は音声変更してやってみたいと思います。アテスのチップ・アンテナ3台・トップU等全て売りました。今日の訓練は天候にも恵まれ高帰還率になると思われますが次回の富山県入りには苦労されそうです。皆さんご苦労さんで〜〜す。        
9月20日(日)晴れ:
 福江365日+2:今日は糸魚川の持ち寄りです、全国的に明日は快晴のようだし帰還率がよければと願う次第で、選手鳩は今一ピリットこないが頑張ってもらいたい。明日はブリコンのテストだ、無事上手くいってくれる事を願うと共に、アテス機器の不要なもの等の処分を始めました。JAPANブリコン社の川上氏には3度も新潟に来ていただき感謝しています。こんな対応は他社ではできないと思うし、ヨーロッパ全体で普及率の高いブリコンではチップの高騰はないはずなので安心して使用できる。考えてみても1個約210円もするチップだが、帰還率を落とせば莫大な金額になるし、こんな事を何年も続けていたら年金を貰う様になった自分には、そんな余分な金などそうあるもんでもないし、最後の手段として参加羽数の制限をしなくては成らなくなる。今年は多く作出したが、来年は&来年はと言いながら羽数を減らされない自分だが、時期を見て考えることにと言うと、家内が断然怒り出すことは間違いない、幸い息子が商売と鳩の管理を手伝ってくれると共に、審査&カップリング等やってくれるので、連合会はアテスとブリコンの2機種でやっているのだ。息子には感謝しているのだが、その息子曰く親に恩返しと言う、なんとも涙が出るような言葉、親ばかな私には一番の言葉だ。        
9月19日(土)雨:
 福江365日+2:今日が、糸魚川の訓練でしたが、天候不順のため延期をしたのだが、ようやくトラックの手配も終わり明日持ち寄りで21日(月)になりました。連日朝3時起きして訓練に励んだS氏夏ばてではなく、秋ばてで会社を休んで自宅で寝ているという。好きな酒も飲まずマタンゴは歌わずにただひたすらに寝ることに専念しているとは思えないが、突如朝3時に召集がかかれば否応なしに起きなければならなく、その後言うまでもなく鳩との格闘が始まるのだ。此の秋誰よりも一番燃えている男が、疲れと疲労の蓄積で誰もひかないころに秋バテ!!でダウン燃えろ!闘魂マタンゴ!!。せめて訓練で頑張ったのだからレース中はゆっくり休んで!!。と言ったものの本人は寝てもいられない心境だろう。馬鹿ををいったり、冗談を言ったり楽しく鳩レースを楽しむのも、よき仲間がいるからできるものこんな楽しみ方も良いのではなかろうか。最近猛禽の攻撃で思うように訓練や舎外ができない状態になって頭を抱え込む状態だが、誰かさん同様私も寝込むかも?知れない。もうそろそろ2部屋の舎外を開始したいのだが、猛禽の出没で気が入らないのが現状だ。又、茨城S氏新品のノート・デスクトップパソコン2台も頂き感謝申し上げますよ。        
9月18日(金)晴れ:
 福江365日+2:之からは難しい問題である日本鳩界の自動入舎システムの統合が何が障害になっているか?について考えていきたいと思います。何が問題化、どうすれば良いのか?実現の為に前向きに考える事も良いのではないでしょうか?。安保&安保とゆれる中、昨日のテレビ放映で横田めぐみさんの両親や拉致家族会の切実な願いが放映され今や影を落としている感じがするが、忘れてはならないことだと思う。安保法案で国会を取り囲み元気の良い声で掛け声を出していた女性を見る限り日本はまだまだ安泰だと思うし、此の勢いと元気で折角盛り上がったのだから、このまま居座ってもらって国会を取り囲んで我々の日常生活の消費税のことや、年金&雇用、働く女性の出産・育児問題等に頑張ってもらいたいと思う。又、野党の女性議員の皆さんのはちまき姿の元気の良さには意気込みを感じたが、触ればセクハラだというのにはガッカリした。        
9月17日(木)曇り雨:
 福江365日+2:台風17号による災害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。小学生2年生の町の探検隊21名が、わが鳩舎を訪問に来た。2名ずつ1組になって質問を受けた。素朴の質問にわかり易く答えるには大変でしたが、子供たちの目は輝いていました。答えの中で一番受けたのは、皆さんと同じ年頃のとき、鳩を上着の中に忍ばせて学校に持っていったことを話すと大笑いで一番受けた話でした。雛を見たり、鳩の習性を話してやったり、飼っている鳩は公園や田畑にいる鳩とは別で優しく可愛い鳥ですよと話すとうなずいていました。皆さん少しでも理解してくれたのかな〜と心配ですが、最後は礼を言って次の探検に行きました。その後ブリコンを作動させ数羽カップリングを試みました。実に簡単で訓練モードはボタンなど押さず接続すればOKで実に簡単!!今週末行なわれる100Kで試験をやってみることにしました。どの機種もヨーロッパ見たいに1台のクラブシステムで何故?できないのかと疑問に思っているのですが、衰退していく今だからこそできるようにしてもらいたいと願う次第です。又連合会が統合したときなど機種が違えば当然担当者は大変です、好きだ嫌いだといわずに大好きな鳩レースを末長く続けるためにも、機種が統合できる環境になって頂きたいと切にお願いしたい。        
9月16日(水晴れ):
 福江365日+2:ブリコンのチップは本当に軽いのだが、昔ジャルマンが話したことがあったが、成るべく足に負担をかけたくないといっていた事を思い出す。今回のチップは脚管に外付けではめられるものがある、今秋ためしに使用してみたいと思います。家電でも車でもパソコンでもモデルの新しいものが良い、ブリコンも随分改良されているみたいで、特にパソコンは最近のモデルが使用できるソフトで使い勝手が非常に簡単で、一昔前のパソコンしか動かないソフトではないし、又、其のパソコンを探すにも苦労する事がなくなっただけでも大違いで助かります、ベルギーでは多くの愛鳩家が使っているいるので、価格等すべてにおいてコトロールできない共通があり、独占的なことはできない。チップの価格も良心的価格で、問い合わせ等の対応も易しいし、けして電話を切ったり、小ばかにしたような話方はしないし、お客さんに親身になって接してくれるのは、今まで対応していた私にはありがたい。世界的チャンピォンE・リンブルグ(ランブール)が推薦するブリコンです。さて、訓練も例年同様今年も落としに落としましたが、今日でひとまず終了、今週末から100Kが始まります。最近なんだかんだと忙しい事ばかりが続きその挙句、孫が風邪で保育園に行かなかったために子守が大変だったが、末娘が3人目の子を生むために産休となり少しは面倒を見てくれるのでおお助かりです。昨晩小学校の先生から電話が掛かってきて、17日は児童約20数名が我が家の鳩舎探検訪問だという、多くの子供たちが鳩に興味と関心を持ってもらい、レース鳩の事に理解してくれたらと思っています。鳩の世界をパソコン、ゲーム機等の世界で育った今の子供たちにとってどう感じてくれるか楽しみです。        
9月15日(火)晴れ:
 福江365日+2:昨日はアテスから、ブリコン1000羽用に変えました。アンテナは6台で日本では6台もつけている人はいないと思う。やはり時代とともに機械ものは日進月歩進歩するものでブリコンの自動入舎装置は素晴らしい。私が使用していた、アテスの区切のついた6羽用のアンテナ3台とトップUをを売ります。そんな訳で今秋からブリコンで、チップも脚管に外付けできるタイプがあるので非常に便利だ。アンテナの感知は最高!!、感知の状態を鳩の目が光るセンサーで確認できるのは便利です。欧州で多くの愛鳩家が使っているのが理解できます。ブリコンの2羽用のアンテナとスピーディー一式で下取りありで約36000円(税別)と格安なところが良心的で当連合会も私のほかに数人の方が変えられました。        
9月8日(火)曇り:
 福江365日+2:時代の流れには逆らう事が出来ないが、時代と共に変わりゆく姿は悲しい思いです。昭和13年に創業以来77年間も営業していた、おもちゃ玩具・雑貨等の卸問屋が廃業との知らせが来た。私は昭和43年からのお付き合いをさせて頂いた卸問屋さんで面倒見の良い親切な卸問屋さんでした、そんなわけで時代と共に消えていく業種も数ある中、鳩の世界も後何年と聞かれると切なくなります。訓練は順調です!!ご心配をおかけして誠にすみませんが、舎外が出来なくて困っています、其の訳は猛禽類に振り回されてマイペースに行かないからです、どこの地域の方々も悩みのタネかと思いますがこう猛禽類が出ると、こちらも引いてしまいます。何とか舎外が出来るように祈っています。もう早いもので9月中旬に成ります、今月末には富山県で11がつ1日頃RGで終了です。何だかんだと言いながら又歳をとる時期に成ります、あ〜〜〜〜あと何年?せめて孫の愛心の成人までと思うとゾートする88歳。A氏田んぼの中での出来事顔面刺され治りましたか?、逆に刺しておやりになればよかったのに?。今度は気を付けて又元気な姿を見せてください。        
9月7日(月)雨:
 福江365日+2:ここ数日周りでは訓練ラッシュで賑わっているのだが、あそこが悪い、此処が悪いと言いながらも励んでいる。又、本人はもとより鳩の調子も今一で緑便だの片目になったと相談に来るも、心配している私の気持ちなど気にしないで毎日&毎日に訓練に励んでいる。人のことなど心配するほどの頭は持っていないのだが、頭痛のタネになる。訓練に行くときは全てに注意して放鳩場所をしっかり決めて行ってももらいたいものです。友人が栗を50K拾って届けてくれました、またまた栗赤飯とゆでて食べよう、ありがと〜〜〜う。        
9月6日(日)曇り雨:
 福江365日+2:いよいよ天城越えだったが昨日の訓練には、ひやりとさせられた。7時15分に大潟で放すが同じ時刻頃、目と鼻の先柿崎でコンテナ車で放鳩したとS氏は言う。同じ方向の鳩なら良いが反対方向の鳩では帰還率が低下するに違いない。名立で放したS氏は何の心配もないので悩みもせずルンルンと帰路に、此方はだけどそうも言っていられない状態で心配で、遂には寄る予定の米山のパーキングではなく高速を降りてしまう始末、あわててユーターンで高速に乗るが1時間たっても鳩は来ない、その挙句鳩が来たと思ったら、後ろから隼が追っている。最悪の訓練をしてしまったわけで挙句の果て帰還鳩1羽さらわれてしまった。その後S氏に電話を入れるとすいすいとお休み状態で、帰還は抜群とほほららしげにに話したかどうか、電話では知る余地はないが1羽来ないだけの大成功と話す、良かったねと返事を返すが、心のうちは自分の鳩の事が気になってしょうがない。こうなったらとまたまた悪い癖が出で訓練に走った。仲間に電話するとその仲間たちも昨日に次いでニレンチャンだという、周りも良くやるもんでY氏曰く、毎日朝2時に電話が来て起こされ眠いやら稲刈りはしなくてはならないし、孫の面倒も見なくてはいけないと話す。ま〜〜尾神岳にはクマが出るというので十分気を付けて、道中の崖っぷち道路を軽四輪の狭い室内肩を寄り添って災難に合わないように登って下さい、と云う訳で仲間も頑張っている中、こちら2レンチャン中一日はさんで2レンチャンしたわけで次回は全て天城越です。頑張るぞ〜〜!!。マタンゴ!!。        
9月4日(金)曇り:
 福江365日+2:おはよう!・マタンゴ!!。今日はゆっくり寝ていようと思いや間違い電話が鳴る、おかげで目が覚めた!!何時と時計を見たらAM3時だ。目が覚めたついでに一発今日も走るかと思ったが、空は雨模様だ、昨日のダブルヘッターの疲れか、右肩が痛いし足も腰も痛い、肝心なところは廃業状態で年齢を感じる。70歳までに鳩の数を半分以下にしなければ、息子が管理できないもう1年半のうちに頑張らなくては、幸い友人が今手伝いに週一来てくれるので大助かり、今のうちにめどをつけなければザTHEエンドになる。夜の花や毒が蝶などの花の殿町など出歩いている暇などないが?息抜きにマタンゴでも聞きたいが、如何なものか?ニイハオのA・Sさ〜〜んたまにはどうですか?私はウオンチューを歌うから。そんなわけで今日の舎外は全面中止でお休みです。こんな時でもなければ孫の愛心と遊んでやれないし、今日は娘が早番なので保育園に送って行かなければならないが、最近は夜の子守りも頼まれる始末、ま〜〜いいか可愛い孫だからと思いや、またまた一番下の娘は逆子でどうやら切腹を10月23日頃するらしい。4人目となる孫と共に鳩レースをやろう、全員鳩舎を作ってやって孫対抗レースでもやれたら最高だ!!。そんな夢を見ている時が人生で一番楽しいかも知れない。雨模様で今日は稲刈り中止のW氏、今朝舎外をしたのだそうだが、猛禽類に追われるわどうにもならない状態だったと話す。あわててマタンゴに電話するが、電話に出ないとぼやく&ぼやく、多分マタンゴさんはおいで、おいでと鳩と会話でもしているんじゃないですか?家庭思いと仕事熱心のマタンゴ〜〜〜〜〜〜あっあっは。それにしてもAさん訓練結果は、連絡が来ないので上々だったに違いないと勝手に思います。チャンピォンさん、今春は頂点に立たれたAさん、今度は何時にチャンピォンカーで訓練に行かれるのですか?秋も活躍して頂いて、美酒としゃぶしゃぶを食べたいものです。それにしても仲間の皆さんには、何時も可愛がっていただき感謝&感謝です、特にGNに放鳩に行く時に餞別を頂く事は、全国でもめったにあり得ないことを仲間たちはしてくれるし、又、色々なところで私に気を使ってくれる、そんな私は幸せ者。何時も気を使ってくれたり、心配してくれる仲間感謝、感激です。今後も末永く共に頑張ろう。        
9月3日(木)晴れ:
 福江365日+2:え〜〜い!!今日も訓練だ、あわてて鳩をコンテナに積み込んで走る走る、小国の交差点でA氏とすれ違うも、そこでまた長話だ、先を急ぐので中途で御免!!、そのうちグルメでも食べながら会いましょうと分かれてひたすら山道を突っ走る。天気予報とは裏腹に最高の天気、634Mの頂上からGO!GO!。あ〜あ、634Mのところまで2時間もかかって上ったものの、鳩の帰還は35分帰り道が辛い!!。こうなれば明日は雨模様だし、後続の訓練も午後からいく事にした。明日は雨だ雨だと稲刈り真っ最中の友人にプレッシャーをかける。友人曰くそう雨だ!雨だ!と言わないでくれと嘆く。どうせ当分天気が悪くなるので6月生まれのピーピーの終わった鳩を一気にまたまた山の頂上で放した。1時間、2時間まてど帰ってこない、心の片隅でやってしまったか〜〜と思った時2時間半もかかって帰ってきた。之で今週末から全ての鳩を山越えできる、この先も慎重にいかなければ昨年、一昨年の3の舞になる。球を引き締めていかなければ成らない、帰りの道中またもやS氏とすれ違うが、きずかずしばらくして気が付いてユーターンして我が家に来て目を細めて、大分沙弥を引いていますねと?、マタンゴ娘状態で話す。訓練していないと言いながら今朝のブログは訓練の話が?と笑っているのか、怒っているのか何時もの目を細めてスマイル状態で話す。お〜〜い634Mの道中大木が折れて道をふさぎそうだし、クマには十分注意して崖道を上って行ってください、決してヘルプ&ヘルプと叫ばないようにマタンゴさ〜〜ん。        
9月2日(水)曇り:
 福江365日+2:又悪い癖が出た、天候が悪く我慢に我慢の任に耐えてきたが今朝目が覚めるとま〜ま〜の天候、すぐさま訓練に行くことに決めた、ついでに6月生まれの50羽も一回の訓練しかしていないけど不安満々だけど一緒に連れて行いく事にしたが、焦るあまり着替えもそこそこのパンツ姿で車に乗るがもうどうにもならない状態で発進!!。寄り道など出来るわけがないスタイルだった。空模様は米山に向っていくほど怪しい雲雲の状態だが、神様、仏様、観音様とハンドルを握りながら目的地に着いた、5分間休憩後に放鳩した。帰り道またまた今度は、観音様、仏様、神様と呟きながらの運転、40分たっても帰還なし、45分経った頃ほとんど一段と帰ってきたと連絡が入り一安心だ。之で遅生まれと二番子は、いよいよ山越えだし3群の6月生まれの選手鳩も秋レースに間に合いそうだ。期待しているのは6月生まれの3群で主翼2枚しか変わっていないので期待できる。今は強風が吹き荒れている、一歩間違えれば昨年と同じ結果に成ったかも知れない、神様、仏様、観音様!!。大雨注意報が出ていたと家内が話すが、大雨の気配はない。        
8月29日(土)雨:
 福江365日+2:昨日は、越後平野では稲刈りがいたるところで始まり、いよいよ秋だな〜〜と感じさせられる頃となりました。秋のレースも9月後半から始まり、連盟は10月半ばからで11月の初めに終わる短期決戦です。この夏ベルギーで久しぶりに持ち寄り風景を見ましたが、どこの持ち寄り場でもアテス、ブリコン、ユニコン、ビクトリー等同じクラブシステムで持ち寄りをし審査をしていました。各業者が力を合わせてソフトの開発をしたおこなったようですが、日本でも鳩界の発展のために難しいことではあるかも知れませんが、どのシステムでも対応できるソフトを業者が開発して頂きたいものです。簡単ではないと思いますが?。もう9月訓練開始スタート直前ですが天候が今一、明日はGNの祝賀会に招待されましたが、福島のK連盟長の祝賀会が先に入っていたため羽越ブロック連盟第一連合会のGNの祝賀会は欠席させて頂きますが、代わりに元実行委員会の競翔・放鳩委員長のS氏より代理出席をお願いしました、第一連合会H・K氏おめでとうございます、お祝い申し上げます。        
8月27日(木)曇り:
 福江365日+2:今年の春先、ひょいとした事で勝負の神様の茶碗を頂き神棚に祀っております。急に忙しくなりそうで訓練もままならぬ状態になりそうです。        
8月24日(月)晴れ:
 福江365日+2:孫には負けられません。昨日24時間テレビの新潟晩に、孫娘彩乃の絵画コンクール最優秀賞の表彰式が、アオーレ長岡(長岡市役所内)で行われた模様が放映された。今秋は私も表彰状と頑張りたいものです、今日は暑く少しフェーン現象気味ですが、調子を整えてGO!GO!。天候が安定したら訓練に励みたいが自分の調子とコンデションを整え無くては?。        
8月22日(土)雨:
 福江365日+2:昨日も雨、今日も雨天候が悪い日が続くが昨年、一昨年のように焦って訓練で自爆でもしたらあ〜〜無情のバカとなる。今年はのんびりと行こうと心に誓う自分だが、のんびりが気合が入らない時となる。天候が悪く晴れ間を見て舎外するが、猛禽類の攻撃で負傷鳩が続出する始末で近所の方々にご迷惑をお掛けする始末だが、ご近所の方々は快くご連絡を下さるので、誠にありがたいことだ。昨年まで3年間町内会長や町内ご近所の奉仕活動をして、現在も低学年、小学生の登校時の交通安全委員を引き受けているのだが、鳩で周り近所に迷惑をかけているのだからこんなことで済むわけないのだが、皆さんに少しでも理解をして頂きたいと頑張っています。それにしても選手鳩の調子が此処にきてダ〜〜〜〜ンしてきた。        
8月21日(金)曇り雨:
 福江365日+2:昨晩ギドから電話が来た、話の内容は帝王M&Gポリンとシャトローの話だった。話すギドも興奮気味で帝王M&Gポリンのベルジアン マスターの3位入賞で10000?を獲得した事を自分ながらのように話す、超長距離の男G・セイズをこれほどまでに驚かせたのは帝王M&Gポリン氏だけではなかろうか?。日本でいう500〜1000Kで断然強く、おまけにASピジョンも多数生まれているM&Gポリン氏の銘血ライン、日本でも通用する系統だと思う。ここ数年ベルギーで黄金時代が続くはずだ。現にM&Gポリン氏がナショナルイヤーリングで優勝したモントバーンナショナル成鳩部門優勝は二分の一M&Gポリン氏の系統でアゲンN2位の系統は100パーセントM&Gポリン氏の系統、極めつけはオランダのGコープマン氏センスNPO優勝鳩は50パーセントM&Gポリン系、之から欧州では多くの愛鳩家が帝王M&Gポリン氏から導入する事だろうし、鳩の価格も高騰すること間違いないしPIPA等のオークションも人気になるに間違いない。系統構成もしっかりして、他鳩舎で活躍し、委託鳩舎でも活躍し、ASピジョンはもちろんオリンピヤードベルギー代表鳩を数羽輩出し、中距離ブールジュ456Kからバルセロナ1093Kまで戦い抜くM&Gポリン鳩舎、今目が離せない鳩舎に間違いない。KBDBのセレモニーで昨年のE・リンブルグ氏に続きM&Gポリン氏から其のN優勝のメダルを頂きたいものだ。帝王M&Gポリン鳩舎の代表種鳩の中でも“12”B09−3091012号の直仔はリボルネN5020羽中総合優勝、サンバンサンN3045羽中総合優勝は“12”の孫、15年ベルジアンマスター3位は同じく“12”の孫”“12”B09−3091012の父は“ドルトマウンダー号”B04−3003154は09”ドイツで行われたオリンピヤードで2位(ベルギー代表)母はリモージュN優勝鳩の半兄弟鳩で申し分のない代表種鳩です。        
8月20日(木)曇り:
 福江365日+2:涼しくなったもので、あの暑さは何処に行ったのでしょう。もう稲は黄金色して田は黄金食一色の小判&大判の宝の山です。それにしても銘血、伝説を作る男帝王M&Gポリン氏の鳩の素晴らしさには目を覆う次第です。昨日行われたベルジアンマスターで総合3位他入賞で之もまた銘血ならでわの快挙と言えるでしょう。16坪ぐらいある部屋にめい一杯のトロフェー&カップが無造作に置かれている、この光景を見れば誰しも言わずと知れずその強さが分かる。今や、伝説の男なるM&Gポリンを知らない人はいないと思う。        
8月17日(月)雨:
 福江365日+2:盆も終わり、今日明日は地元高彦根神社のお祭りですが、昨年は雨の中のお祭りとなったが、今年もあいにくの雨模様で楽しみにしていた孫たちは、がっかりするだろう。孫の怜哉は空手の強化合宿で連日の猛練習11月に大阪で全国大会に出場というが、勝ち目のない全国大会に出場だが、娘は全国大会の雰囲気を味わらせたいと親の片思い、小学二年生の怜哉“へいあんにだん”の猛練習だ。娘は息子のために一生懸命だが、其の娘が高校生時代ソフトテニスで親元を離れ単身で県内では最強と言われる高田商業に入学したのだが、余りの親ばかで娘に応援に来るなと言われ最後の年、県代表で出場した高校総体しか娘の応援に行けなかったのだが、今娘は親の気持ちを少しは分かってくれたようで、11月に応援に行けばと行ってくれるのだが、今度はこちらが鳩&鳩で応援なんかには行けそうもない。私の人生とは鳩で始まり鳩で終わりになるのだろうし、鳩レースも楽しく、孫の空手の練習も楽しく練習をしてもらいたいものだ。そろそろ周りの方々は訓練を開始した、自分もお祭りが終わったら、元気良くどんどんバンバンと走りまくります。ベルギーのナショナルレースも終わりに近ずいてきました、最後の留めをゴメール氏からど〜〜と頑張ってもらいたいものです。今年は風の影響で勝ち負けが左右されたように思いますが、それも実力がなければどうにもなりませんし、日本でもいえることだと思います。勝負は風も味方にしなければどうにもなりませ〜〜〜〜ん。頑張るぞ〜〜〜〜〜!!。        
8月15日(土)晴れのち雨:
 福江365日+2:急に気温が下がってきた、この分だと訓練開始もマジかになったような気がする。今年は、福井300Kレースが10月11日からですので、焦らずゆっくりとのんびり遣ることにしました。人はお盆が過ぎれば涼しくなるというが、今年は正にその通りに成るかも知れない。今年は良くもスイカを食べたものです、スイカは体に良いと聞くけどそうなってほしモノです。ベルギーの今年の最大の話題は、やはり4冠というナショナルレースで偉業達成した、帝王M&Gポリン鳩舎ではなかろうか?。一見大柄で強面壮ですが、人柄はあっさりしていて最高に良い人で、人間誰しもひがみ妬みはあるもので、まして鳩を買えなかったらもうぼろくそにいうこの世界で生きていくには、精神的なストレスは沸騰状態ですが、良きサポーターがいるので頑張られます。今年は何処の鳩舎も鳩の調子は良いと聞いている、頑張らなくてはと思っても此の歳体がついて行かない、遣らなければという思う気持ちは人一倍だがどうにもならない、まして孫と遊んでいたら全てを忘れます。11月には又孫が一人増える、鳩の世話より孫との時間が多くなればもうレースなど考えられなくなる、そんな年齢になってしまった。        
8月11日(火)曇り:
 福江365日+2:連日の猛暑で、1日にスイカ半玉を食べ続け、今日まで大玉を何個食べたのだろうか?、今日もスイカを売りに来られたので1500円の大玉3個買いました。先日、祝賀会に出席した折、S氏より名品大玉のももを2箱頂きました、孫にというS氏御馳走様で〜〜〜〜す。又、全国の友人から名産品を贈って頂き心よりお礼申し上げます。        
8月8日(土)晴れ:
 福江365日+2:暑いせいか選手鳩の飛びがたるんできた、見るからには夏負けなどしていないように見受けられるが、毎日35度と馬鹿暑さにダメージは大きいみたいだ。之から先秋レースに影響が出るかもしれないし、最近の春レースでも天候の異常を感じます。昔は30度を超す日は月に2〜3日位だったはずだが、ここ最近30度を超す日が続くのは当たり前のようになったきた、鳩は話など出来るわけないのだが此の暑さは辛かろう。又、毎年やられている気流の変化に十分注意して訓練に取り掛かることにします。あ〜〜あ取り巻く環境は年々悪くなってくるが、鳩レースを楽しみたい。今日は之から祝賀会に行ってきます、30日も福島の連盟長の祝賀会に個人的に招待されていますのでお祝いに出かける予定です。        
8月7日(金)晴れ:
 福江365日+2:此処2〜3日、ベルギーからレース成績のメールが届く。昨日はデスブクワ鳩舎、今日はG・セイズ鳩舎のリブルネの成績だが、息子のレノ氏の成績の良さには驚いた。近い将来ナショナルシングル入賞するのではないか?。人の良いギドには大変お世話になっているのだが、之からも良好の関係を保っていきたい。3室目の遅生まれの舎外を開始したのだが、後もう1鳩舎残っているのでこの暑さと共に大変です。焦らずのんびりと行こうどうせこの秋には間に合わないのだから。        
8月5日(水)晴れ:
 福江365日+2:毎日暑い日が続く、鳩も大分この暑さには応えているだろう。先日ベルギーに行ったときデスブクワ氏より買って頂いた1本15000円もするサプリメントを与え始めました。かなりの高額の為もったいないような気がしますが、この暑さには変えられません。ここ数日興奮状態が続き、長岡祭りも終わりゆっくりくつろぎたいと思いますが、孫がこの暑さに耐えられないようで夜泣きはするやら、その挙句小学校が夏休みの為もう一人面倒を見なければいけません。何時になってもやぶように追われる毎日之では体が持つわけありませんし、追い打ちをかけるようにこの暑さどうにもなりません。選手鳩も大分ばて気味、訓練開始はもう少し暑さが和らいでからロケット弾でいきたい。鳩の状態を見てから10月のベルギー行を決めます。        
8月3日(月):
 福江365日+2:ベルギー史上始まって以来かと思われるナショナル4回の総合優勝!!、帝王モンスターM&Gポリン鳩舎。7月に訪問してその強さをまじまじと感じてきた矢先リボルネNオールド&イヤーリング両部門でナショナル総合優勝。今回も“CHハミルトン号”2010年KBDBW−VLミドルデスタンスエースピジョン1位の直仔でチュールN5976羽中195位、ツール291羽中7位の記録鳩やCH鳩の直仔を導入した矢先のリボルネナショナル両部門総合優勝、今回の旅は最高の旅だったに違いない。早々電話を入れると息子のグレート氏が非常に喜んでいる姿が会話の中から受け取られた。正に帝王の名にふさわしく伝説を作る人となった。ペルピナンN2位のM・デルバール氏同じくM&Dデスブクワ氏と合わせておめでとう!!。興奮して今夜は時差ぼけと合わせて眠れそうにない。だけどこんな旅、二度と味わえることはできないかもしれない。長岡祭りの大花火大会の日本一の3尺玉3連発の心に響く音が!!。10月欧州の旅はオランダのW・ミュラー鳩舎と近くのAA YERSEKEという町に住んでいる“ダックス号”で有名なPHステックティー鳩舎に訪問する予定です。PHステックティー鳩舎からは過去に“ダックスN2位”等のCH鳩等数羽を導入しています。“ダックス号”はオランダはもとより全世界で有名な鳩です。オランダの鳩はベルギーの鳩に比べて一部の鳩舎を除いて成鳩&若鳩も格安なので今回ダメもとで交渉しようと思います。PHステックティー氏との再会が楽しみです。山本リンダの歌の文句ではないがもうどうにも止まらない!!PIPAのホームページに紹介しているリボルネN(O)5020羽中総合優勝鳩“Joe”B10−3164068の直仔がもうすでに導入されて自鳩舎に在舎していた、何ともラッキーなことではないか、おまけに母親が“Joe”と姉妹の仔もいる、こんな幸運な時もあるかと思うと先が心配だ。        
8月2日(日)晴れ:
 福江365日+2:名門M・デルバール鳩舎(ミッキーデルバール父モーリス氏)ペルピナン・ベルギーN5271羽中実距離900K当日12羽中総合2位!!、自分ながらにちょう嬉しい。毎年バルセロナ入賞鳩&CH鳩を導入してきました、どこよりもM・デルバールについては負けないつもりで買いに買い捲っていました、其のせいか自分ながらに嬉しく思います。人に話しても高く評価されずその挙句馬鹿にされていましたが、高く評価してくれたうさぎロフト(大槻氏)と共にペルピナン持ち寄り3日前にM・デルバール宅を訪問してペルピナン参加鳩を拝見しました。私も大槻氏もこれは素晴らしいと共に感動しました。今年生まれの22羽の鳩も大槻氏曰く化けるよと話してくれました、記録鳩はペルピナン終了後に交渉ということで今回は見送りましたので次回の交渉です。依然購入した、M・ファンデンアベール氏のCH鳩“スーパー”“ペルピナン”等もデルバール系でG・カルトースなどと配合で同一鳩でNシングル入賞鳩が生まれています。驚いたことにR・レジェースト鳩舎もカルトース系やN・ペイレンなどの配合でアルジェントンTにシングル入賞しています。私がデルバールに拘るわけは“世界的銘鳩バルセロナ10A号”を導入したことから始まりました。“バルセロナ10A号”の孫で羽越GP総合優勝させて頂き全国各地&台湾でも活躍してくれました。当時台湾から“バルセロナ10A号”の直仔を買いに多くの方が私の自宅を訪れて頂いたことを懐かしく思いだされます。M・デルバール氏から頂いた自筆の配合表や資料、ミッキーから頂いた種鳩の写真と資料は膨大なものでR・コブーご夫婦の写真同様私の宝です。M・デルバール鳩舎改めてペルピナンN総合2位おめでとうございます。電撃導入2015年生まれ22羽9月半ばに日本に来ます、興味のある方はご連絡ください。        
8月1日(土)晴れ:
 福江365日+2:伝統と歴史、遂によみがえった、M・デルバール鳩舎、昨日行われたペルピナンNでシングル入賞か?。INでもベスト20に入賞か?。先日訪問した時バルセロナから帰還した素晴らしいBの雄を見せてくれたのだが、多分その鳩であろう。此処数年、M・デルバール鳩舎を追ってきたのだが正に正解でした。私の目に狂いのないことに確信しました。早々に電話を入れた、本人興奮状態だ!!私も興奮状態!!、9月には今年生まれが22羽入ってきます、興味や購入予定の方はご連絡ください。又M&Dデスブクワ氏より電話が入る、“マキシム号”が帰ってきたという、今回M&Dデスブクワ氏の持ち寄りに同行したのだが、ペルピナン参加した鳩はどれも素晴らしかった。帝王M・ポリン氏も大活躍!!今回も素晴らしい鳩が9月に来るので楽しみだ!!。リボルネとV・ゴメール鳩舎のブールジュN期待したい。デルバール鳩舎は友人と数年間CH鳩と種鳩等を約100羽位導入してきました、私のところでもバルセロナの記録鳩は3羽種鳩に使っています。バルセロナ入賞鳩や種鳩を数多く導入し種鳩し作出に専念してきましたので、今回のペルピナンNシングル入賞を記念して私のデルバール系を“越路デルバール系”と命名し全国品評会を目指します。や〜〜ブルードレギドからも電話がかかってきた、ペルピナンに2羽参加して2羽帰ってきたという、過去のアリカンテ1300Kの帝王の復活か?。又話の中で帝王M・ポリン氏も好成績、G・インブレックス氏も好調だが今回ペルピナンを最後に引退予定のH・ファンネステ氏は帰還しているようだが不調のようだ。ブールジュのV・ゴメール氏ナショナルシングルを祈っています。        
7月31日(金)晴れ:
 福江365日+2:今日も暑いですね?。とうとう我慢できず髪の毛をバッサリ切りました、テルテル坊主とまではいかないけれど随分短くしました、之で頭を水道口に充てて冷やすことが出来ますので随分楽になりそうです。今日から長岡祭りで“日本一大花火大会”が明日から行われますが、今回はゆったりと花火見物をする予定です。日本でもベルギーでも異常気象はありますが、ベルギーのレースの帰還率の良さにはびっくりします。特にナルボンヌとチュールのレースの時は午前中は大雨と強風で之で天候が上がって鳩が帰還するのかと心配しましたが、午後4時過ぎごろから天候が少しずつ良くなり鳩の帰還となったのには驚かされました。バルセロナの時など可なりの気温の上昇にも拘らず帰還率は8〜9割と何処の鳩舎も良かったようです。いよいよペルピナンとりボルネです、気合の入っているM&Dデスブクワ鳩舎に期待します。すみません、時差ボケで1日くるっていました。長岡祭りは8月1日からです。之だからお年寄りは困るよね〜〜。それにしてもぼけてきた〜〜。        
7月30日(木)晴れ:
 福江365日+2:昨日無事帰国しましたが、気温の差にぐったり来ています。あっという間の5日間でしたが、流石に帝王M・ポリン鳩舎はすごかった!!。2週連続N優勝!!モントバーンN&サンバンサンNのどの鳩も素晴らしかった。親友E・リンブルグ氏もナルボンヌNは好調で近いうちに大きなタイトルを取ること間違いない。同行の友人はASピジョンのNメダルと、M・ポリン氏からのトロフェーを頂き私もM・ポリン氏から楯をちゃっかり頂いてきました。G・インブレックス・M・デルバール・M・ポリン・G・セイズ親子・R・レジェースト・Rデズメットマタイス・F・ラビュー・V・ゴメール・J&Jエンゲルス・E・リンブルグ・M&Dデスブクワ・3Dと友人鳩舎訪問、今度は10月&11月2か月連続にベルギー&オランダの旅頑張るぞ!!。        
7月21日(火)晴れ):
 福江365日+2:今日は東京で明日はベルギーです。研修旅行も今回で3回目で勉強をしてきます。        
7月14日(火)晴れ:
 福江365日+2:実に昨日は暑かった!!フライパンの上で目玉焼き状態だ。ブロックの一連の行事も終わり鳩にせいを出す事が出来ます、16日は今西系の総本家Y氏と仲間たちで長岡の奥座敷蓬平温泉です。22日からは、うさちゃんたちとうさぎと亀のベルギー研修旅行です、東海のおっちゃんが俺も今度連れてと頼まれましたので次回の研修旅行は、神と亀の弥次喜多に成りそうです。研修旅行も程々にしないとレースに力が入りませんので、年4回が限度かと思います。365日+2;兵隊(選手鳩)も揃ったし何も考えることが無くなりましたので総合優勝を目指していけると思いますし、楽しくいきたいと思います。        
7月13日(月)晴れ:
 福江365日+2:よみがえれ!!V・ゴメール!!、如何した!!。22日からのベルギーの旅行に行く前に何とか形を作ってくれ。ブリーブN優勝のレミー バントーレ氏おめでとうございます。コルトレイクでレースをされていたときは、クラブの会長をされていて私が毎年其のクラブに記念品を提供していましたし毎年3〜4回会食をしていました。今年もアントワープのKBDBの表彰式に再開し機会があれば訪問の約束をしていました。昔からの友人が成績が良いと私も嬉しくなりますし、土産代金が膨大になりますが致し方ありません。それと共にファミリー3D頑張っているな〜〜。俺も頑張らなくちゃ〜〜鳩導入に。バルセロナ優勝のN・ペイレン氏は昔G・インブレックス氏の鳩を導入し一躍時の人となったのだが、今も其のラインの活躍は永遠と受け継がれている。時間があれば3年ぶり位になるかと思うが訪問してみたいが、前回大量の資料を頂いたり、ギャレー氏のベルギーの歴史の雑誌と多くの資料があるのだが?。ベルギーの父G・インブレックス氏には大変世話になっているし、其の力は絶大だし生きた化石と言われている。R・デズメットマタイス・ギド セイズは兄弟という仲である。之からも良好の仲間と多くの友人を作っていきたい、それも歴史と伝統の格のある仲間です。        
7月12日(日)晴れ:
 福江365日+2:もう如何にも止まらないこの勢い帝王M・ポリン&グレート氏、モントバーンNに続きサンバンサンN優勝!!、正にベルギー鳩界始まって以来の快挙であろう。ブリーブN成鳩のレミー バントーレ氏、数年前のタルべN優勝とコルトレークから今のところに住まいを移してからの成績は素晴らしい。昔はR・フレーカー氏の鳩を使っていたのだが、今は違うようだ。最近は御無沙汰をしているので機会を作って遊びに行きたいもんです。それにしてもゴメール氏如何したのだろうか?心配になってきた。        
7月11日(晴れ):
 福江365日+2:流石!!帝王M・ポリン&グレート先週に続きサンバンサンN優勝か!!。今年も帝王M・ポリン氏絶好調!!M・ポリン知らずしては恥ずかしいです。今日はブロックの表彰式と総会頑張って行ってきます、それにしても腰が痛ーい。        
7月9日(曇り):
 福江365日+2:欧州でのレースが毎週行われてここの所吉報が相次いでいるが、22日からのベルギー訪問のお土産をたっぷり買いすぎたようだ。ま〜〜友人2人には、スーツケースはパンツだけで良いよと言ってあるので土産を分散できるので安心です。今回、M・ポリン氏曰く、我々訪問を大歓迎だそうでM・ポリン氏からのお土産まで用意してあるという、何とも嬉しい話ではないでしょうか?。初めてのところに訪問に行くといつも聞かれるのが、日本、中国、台湾と問いかけられその国によって鳩の購入代金が違うようだし、中にバイヤーなどが入って居たら天文学的な数字になる。現地の人の購入金額なら低価格だし、送料・税金等を含めても経費は1羽15000円ぐらいだ。正しオークション等で高値の金額が付く鳩舎や、ナショナルレースで総合優勝・伝統ある鳩舎など一部別格の鳩舎もある。最近友達になったケビン3D氏よりメール来た、先のモントバーンN(Z)成鳩で優勝したとメールが届く、今回訪問予定になっているので楽しみです。鳩はけいば馬と同様、系統が第一であると感じているのだが、思うようにならない現状がこの世界だ。        
7月8日(水)雨:
 福江365日+2:昨日にも書いたのだが、帝王M・ポリン鳩舎、モントバーンN(Y)総合優勝!!おまけに同レースで成鳩の部でも二分の一のポリン系が総合優勝!!、何ともめでたい話である。今年2月と6月の2回も訪問したのだが、今月7月の訪問はチョ嬉しい訪問に成りそうです。やはり伝説を作る男に相応しいナショナル優勝!!。日本でも欧州でも最強と言われる男たちと肩を並べて話が出来る自分は幸せ者で、鳩の世界楽しくいかなければつまらないものでこんな人間を自己満足しています。決して裸の王様のように金さえあればという金額で満足するような人間にはなりたくはないものです。        
7月7日(火)晴れ:
 福江365日+2:こりゃ〜〜怪物だ〜〜。今年のバルセロナレースは過去20年来と言われる異常気象の高温の中でのバルセロナレースでした。そんな中オランダの、W・ミュラー氏は63羽参加、距離1134K帰還が悪いと言われた中、翌日11:30から記録し13:02、13:19、13:43、14:15〜22:03まで実に33羽記録、3日目は05:59〜10:45迄12羽記録トータル45羽、帰還率67パーセント!!という驚異的な帰還率と入賞を果たした。よみがえったW・ミュラー鳩!!ふと1999年のバルセロナを思い出した、バルセロナIN28095羽中総合6位、19位、29位、54位入賞した時代である。その後、W・ミュラー氏の系統でドイツ メネ鳩舎でバルセロナIN総合優勝、ベルギー ヘルモント鳩舎ではボルドーIN最高分速等、欧州でW・ミュラー氏のニュー アールデン系の大活躍!!。正に時の人になった、伝説を作る男に相応しい今年のバルセロナINの成績だ。いあーまいった!!、腰が抜けそうだ!!ベルギー鳩界の帝王 M・ポリン鳩舎モントバーンN(Y)総合優勝おめでとう!!。        
7月6日(月)曇り:
 福江365日+2:バルセロナも終了しましたが、以外と多くの鳩が帰還したようです。インブレックス鳩舎&デスブクワ鳩舎は翌日は余る良くないように見受けられましたが、インブレックス氏のメールを見ると8羽出して6羽も帰還している。騒ぐほどでもない例年並みのバルセロナレースでした。そんな中オランダのW・ミュラー鳩舎(約1150K))の翌日の帰還率の良さは抜群でした。早々に電話すると上機嫌の奥さん、小黒!!!スーパー&スーパーと叫んでいましたしミュラー氏も近年にない帰還率で上機嫌、早々にメールを送ってくれるという、楽しみです。10月に行くよと約束をして大いに導入したいと考えています。        
7月4日(土)曇り:
 福江365日+2:昨日は、成田空港迄鳩の引き取りに行ってきました。M・ポリン、M&Dデスブクワ、G・セイズの鳩の引き取りで8月にはR・レジェースト等を予定しています。昨日放鳩されたバルセロナは当日1羽で今現在其の1羽だけのようでかなり厳しいレース展開になったようです。だけど当日フランスに1羽で翌日もフランスなど近くの鳩舎に帰還が無いということは珍しい展開で、電話をしたらインブレック氏もデスブクワ兄弟もイライラしている様子。又今日は、インブレックス氏の誕生日、幸運の日になることを祈ってPIPAを見つめています。        
7月2日(木)晴れ:
 福江365日+2:もう7月です。今日も愚痴めいたことを書きますが、最近は物忘れがひどくきちんと整理したはどこにしまったか忘れてしまう、探すのにこい1時間もかかってしまう情けない出来事です。今月22日から友人3人とベルギー鳩見学の旅、その前に羽越の表彰式が、その後9日は森昌子の歌謡賞、16日は今西系の大家Y氏と長岡の奥座敷和泉屋旅館での親睦で今月も忙しい日が続きます。Y氏とは40年ぐらいのお付き合いをさせて頂いて鳩の世界の親的存在です。明日はバルセロナ&バルセロナです、ベルギー・オランダの友人の活躍をお祈りします。此処1週間はも孫の世話で大変ですが孫は可愛いもんです、11月には4人目の孫が!!。決めました!!来年の夏は家内とベルギーに行くことを決めました、バルセロナ見学に行くことです、一度は連れて行きたかったのですが、鳩を減らして息子に管理をお願いすることにしました。約50年ぶりとなるでしょうか?、そんな夢を見ながら頑張ります。じつげんできるかな〜〜。        
 福江365日+2:いよいよバルセロナ レースが迫ってきた。そんな中M&Dデスブクワ鳩舎はユーチューブに出た、正に自信満々で対応していた。さ〜て今年のバルセロナの勝利の女神は誰に輝くのか?楽しみです。        
6月29日(月)晴れ:
 福江365日+2:伝説を作る男たちの今年の活躍が始まった!!。6月27日アジャンINでは、帝王M・ポリン鳩舎が若鳩総合3位入賞!、同日アジャン(ボルドー)IN総合7位入賞!はM&Dデスブクワ鳩舎、極めつけは6月28日アルジェントンTN19931羽中総合8位入賞!の快速R・レジェースト鳩舎、全て種鳩・記録鳩合計24羽導入が決定して8月にきます。真坂R・レジェースト鳩舎がナショナルレースをやって居るとは思ってもいなかったので24羽の導入はラッキーでした。またまた楽しみが増えるようで、導入鳩の中に同じようなラインがいればと願う次第です。今回のR・レジェースト鳩舎の鳩の中には直仔がすでに日本に導入されていたり、兄弟の直仔が今年の東日本CHでベストテンに入賞、ダイレクトヤンセン兄弟の直仔の記録鳩等最高級の鳩ばかりです。欧州のレースは之から、W・ミュラー鳩舎・M&Dデスブクワ鳩舎・G・インブレックス鳩舎・M・ポリン鳩舎等のバルセロナを初めとする超長距離レースそしてV・ゴメール鳩舎・J&Jエンゲルス鳩舎・G・セイズ鳩舎・F・ラビュー鳩舎・C・ヘベレヒッツ鳩舎・H・ファンネステ鳩舎等の之からの活躍が楽しみです。        
6月28日(日)雨:
 福江365日+2:昨日は、夕方にかけて強風で大変でした。今朝M&Dデスブクワ氏よりメールが届いた、アジャン(ボルドー)INイヤーリングで総合7位に入賞した父親を6月に行ったときに私が購入したのだという。今回6月にデスブクワ氏宅を訪問した時、種鳩を♂5羽、♀5羽計10羽を紹介され金額的な面もあったのだが、何時もの悪い癖で購入した。だけどまたまたすでに遅し、友人に分譲してしまった後の祭りで、手元に残していればゆうに1万ユーロ以上はする鳩である。系統は父がバルセロナ4年間のエースピジョン“VALE・ANCUS”でデスブクワ鳩舎で超長距離ラインです。何時もながらベルギー&オランダの友人には感謝する次第でし7月にはアジャンで好成績のM・ポリン氏とM&Dデスブクワ兄弟との再開、G・インブレックス氏・ゴーメル氏等多くの友人との再会と10月にはゴールドウイング賞(ブルージュクラブ)のセレモニーに行かなければ行きませんが、今は思案中です。        
6月24日(水)晴れ:
 福江365日+2:今日も早く寝よう、最近孫の愛心が夜中に3回も泣くので毎日が寝不足です。最近何もすることが無く、孫と遊ぶ毎日ですがこの秋またしても一人生まれ4人の孫となりますが、もう少し早く生んでくれれば老体に鞭を打つことは無く、大いに遊んでやれるのにと思うと残念やら嬉しいやらで。舎外も順調に180羽の鳩は元気よく飛び回っていますし、1〜2番仔の一部も飛び始めました。今年は雨が少なくから梅雨になってくれれば順調にいくのですが、自然相手では如何にもなりません。今はアデノの予防薬等を投与しながらの舎外ですが、病気対策に力を入れて頑張ります。        
6月20日(土)晴れ:
 福江365日+2:昨日放鳩されたポーINレースは非常にスローレースになったようだ。中でもオステンドのギド セイズ氏の息子レノ セイズ氏はオステンド地区で優勝、父親負かせの息子だが、種鳩・系統は全て父親ギド セイズ氏の鳩である。今回其のギド セイズ氏の今年生まれの鳩がやってくる。10羽限定ですので予約はお早めにお問い合わせください。まいった!!、(仮)ポーIN優勝は、M&Dデスブクワ鳩舎が種鳩にしている“JOOST”B02−4051564の孫で此のラインはデスブクワ鳩舎でバルセロナなど長距離で大活躍しているラインです。あ〜あ記録鳩を含めて全鳩手放してしまった。今回の種鳩に使用していた鳩も数日前手放した〜〜〜。        
6月19日(金)晴れ:
 福江365日+2:梅雨時期ともいえない日が続きますが、やはり梅雨時期空気は湿っているように思われます。来月の半ば過ぎれば暇になるのですが、今のところなんやかんやと追われる日が続いています。G・セイズ氏作出鳩10羽、レオ・ヘルマン系10羽格安に分譲を考えていますし、R・レジェースト作記録鳩を分譲を致します。来月半ば過ぎには、3回目のベルギーです、之では秋レースはどうなるんでしょうか?。そして10月のゴールドウイング賞の表彰式と11月のKBDBで今年5回に成りますが、10月&11月はどちらか1回にしたいと思います。だけどブルージュクラブ(メンバーに登録されています)のバルセロナはメンバーだからどうしても行かなければならないし困ったものです。帝王G・インブレックスはナルボンヌのレースを観戦しれと言ってきた、あ〜〜〜あため息が出る。        
6月11日(木)晴れ:
 福江365日+2:来月の半ば過ぎ迄忙しいが、その後はまたまたベルギーです。最終のペルピナンの帰還を何処かで見学することに考えていますが?。その前には若鳩の舎外をきちんと終わらせていかなければならなく、毎日が忙しくなりそうです。昨年はベルギーに行く前に富山の訓練をして痛い目にあったので今年は慎重にやりたいと思うのですが、ここ最近は毎年大打撃をうけて、春のレース参加羽数が少なく思うようなレースが出来ないのが現状で、何とかこの状態から抜け出したいと思い初心に返り、一から頑張りたいと思います。先日協会で連盟長会議がありましたが、久しぶりに神奈川の連盟長のM氏との再会で小黒は何時も愚痴ばかりブログに書いているのを楽しみに拝見してるよと話されていました。M氏は今から45年前長岡に住んでおられ、一緒に連合会を立ち上げた親友で、神奈川に戻られてから、連盟の審査委員長そして現在は連盟長をされています。お互い歳をとり時間があれば昔の話をしながら鳩談義をしたいものです。        
6月10日(水)晴れ:
 福江365日+2:ヨーロッパから帰国して日本で2日間東京で滞在しての自宅に戻ったわけだが、何かとやぶように追われ、時差ボケもいまだ治らず体調不良の毎日だ。之から若鳩の訓練を天候と睨めっこしながら始めていきたいと思う。羽越GNレース入賞のカスリ・エスポワール号の系統は、胸を張って人に見せられる、G・カルトース氏の“リモージュ号”の直仔“798”にしろ”スカイ・ジェット号”の系統構成はR・コブー、H・フンネステ、A・リエタール氏のチャンピォン集大成です。自分が導入した系統を公表できる事は大変うれしいことで、苦労して導入したことを思い出します。G・インブレックス作記録鳩の直仔で“CHクラジュール号”のラインで桜花賞14−39は父バルセロナ・ペルピナン入賞、羽越GP14−57は父はサンバンサン・ナルボンヌ入賞、共に両親ダイレクトのインブレックス作、期待が持てますし来年が楽しみです。        
6月9日(火)雨:
 福江365日+2:十数日ぶりの自宅に戻ってきました、日本にいれども家に帰れず鳩の事が心配でしたが、家内と息子と仲間たちに手伝って頂き一安心しました。ベルギーは天候が悪くブールジュの放鳩には時間がかかって無事放鳩出来るかと心配でした。放鳩する関係の方の苦労が日本でもベルギーでも同じなんだと切実に感じました。リモージュ&ブールジュはV・ゴメール宅での見学となりました、大変勉強に成りおまけにワクチン接種の手伝いもしてきました。もう2015年の若鳩は100K〜120K程度の訓練をしていまし近年にない大羽数で驚きました。2日間ゴメール氏宅でお世話になり、その後は放浪の旅となりましたが、今年のバルセロナ参加の件についてインブレックス氏に尋ねたら参加羽数は10羽以下だと言っていました。元気のいいのはM・ポリン氏今年も頑張る事でしょう。今回の旅行でJ&Jエンゲルス宅にリノージュの前日に2月の訪問した時の心残りがあったので訪問したのですが、時すでに遅し178号の直仔の記録鳩はすでに分譲済みでガックリしているところに178号の孫がN優勝!!、追い打ちでした。だけどJ&Jエンゲル氏N優勝おめでとうございます。        
5月24日(日)晴れ:
 福江365日+2:昨日は長崎新聞社の記者の方からお礼の電話がありました。福江GNの記事がヤフーのトップ記事になったと喜んで話をされていましたが、地元ではヤフーのトップ記事の内容に中傷する人がおられました。福江GNレースの記事は、朝日・毎日・読売・西日本・長崎新聞の5社に掲載され、其の件の事を先日協会の編集長にレース鳩誌に紹介して頂くように話しました。1700M台での分速でもGNはGNです、帰ってくるのは3〜4割で超長距離の難しさが改めて再認識しました。365日+1で念願のGN入賞!!、来年はもう少し頑張りたいものです。放鳩をやって頂いたK氏は、電話の会話の中で良かった良かったと大喜びで私の心にジ〜ント伝わってきましたし、K氏は小黒さん来年も頑張りましょうと話されておられましたが・・・・・・・・・。此処に改めて競翔委員長の酒井氏にはご苦労さんと感謝の気持ちを贈ります。        
5月19日(火)雨:
 福江365日+2:何だ〜〜〜!!、息子が1日で勝てなかったのだから、今日から365日+2で頑張ったらというのだ。ま〜気の持ち方だから之で良しとすることにした。今年の桜花賞1番手は、純デズメットマタイス系で私がマタイス氏より多くのチャンピォン鳩を導入した鳩の集大成でした。2番手はインブレックス作配合の直仔、14FB00039B♂、は父はバルセロナ&ペルピナン入賞で“CHクラジュール”の息子で“ニコ・クラジュール”の半兄弟鳩、母は05−299バルセロナ2回入賞鳩の娘。GPレースは12羽参加で翌日までに12羽全鳩記録、1番手はインブレックス氏作配合の娘14FB00057B♀、父はモンテリマールN8232羽中219位、カオールN5441羽中672位89−010の息子、母は私が導入した“モンバントウ”の孫にあたる。今年はインブレックス系が全国各地で大活躍した年でした、極めつけは東海で地区N総合2位と羽越GNレースでダイレクトでインブレックス氏作の記録鳩の直仔で総合4位!!やはり生きた化石G・インブレックス氏の伝統と系統の素晴らしさを痛感した。今年はGP&GN多くの鳩が帰還し大成功で終了し之で私の役目は終った、今後は人の為ではなく自分のために鳩レースを楽しむことに決めました。参加された多くの皆さんの笑顔と喜びを感じ、大成功で終了できたことは役員の皆さん方のご努力の賜物です、どんな時も黒子となって頑張って頂いたGP&GN役員の皆さんのご苦労を心より感謝申し上げますと共に、今回のGP&GNレースで優入賞された皆さんにお祝いを申し上げます。“天下布武”をうさぎロフト(大槻氏)に託した私は、昨日の連絡を受けて一段と元気が出た。今年うさぎロフトは協会&・・・で入賞率が0.7〜0.8台という、ブロックチャンピォンはクリアーはしたが三賞に入れるか心配だ。彼に託して良かったと思い心置きなくベルギーに行ける。きっとデスブクワ兄弟やインブレックス&ゴメール氏等皆さん祝福をしてくれるに違いないし、一足早く私が祝福してもらうことを願う。        
5月16日(土)雨:
 福江365日+1:今春は昨年来の活躍鳩は成鳩4羽と14年生れの鳩でのレースになった。700K終了後は24羽で桜花賞、GP&GN終了時点で15羽残った。友達には今春は期待できないのでレース中の電話入らないと話していましたが、何故か?誤解された様でした。良くこの戦力の状態でま〜ま〜の成績で終わったのは上出来です。昨年はGNレースの帰還鳩がなく色々と中傷されましたが、人生真面目にやれば鳩レースに於いても報いられる感じがします。GNレース翌日入賞鳩は、超長距離GNのロマンに賭ける唯一自信作の“カスリ・エスポワール”12FO06828の鳩で父はG・カルトース“リモージュ号”の孫、母はヨーロッパ超長距離NO1のW・ミュラー作の“CHクレージー・ボーイ”号の孫“アールデン系”です。“カスリ・エスポワール号”安定した成績で500KRG698羽中総合124位、700K地区N588羽中総合76位、羽越GP429羽中総合99位、羽越GP433羽中総合131位、で今春も活躍しGN連合会3位!!。12年の雌ですので種鳩にして之から作出し今秋から楽しみです。        
5月15日(金)晴れ:
 福江365日+1:昨日は365日+1今まで溜まっていた疲れがど〜〜と出たと同時に、之で今秋&来年は行けると確信した。羽越GPレース12羽参加で翌日までに12羽記録、羽越GN4羽参加翌日1羽記録で又一つ前進!!、計画通りに進んでいることに手ごたえを感じ、現在13年、14年、15年生まれ合計約250羽の鳩の舎外に今は追われています。今年は当鳩舎を始めいたるところでG・インブレックス氏の系統が良く飛んでくれた、中でも仮発表の羽越GN総合4位鳩の父親はG・インブレックス氏の記録鳩の直仔だという、T氏心からおめでとうございます。当鳩舎は桜花賞&GPレースの入賞鳩はインブレックス氏作の記録鳩の直仔やインブレックスラインが大半を占めた。ま〜〜あおいおいと計画通りにいこうと思う。        
5月13日(水)晴れ:
 福江365日+1:今日朝6時にGN&GP放鳩した、365日+1日の今日は強風に見舞われてのレースと相成った。頑張ります!!。        
5月11日(月)晴れ:
 福江365日+1:昨日は、GN&GPの持ち寄りで朝早くからPM2時過ぎ迄大忙しでした。歳のせいか疲れが抜けなく限界を感じ、自分では若いつもりがいつの間にか高齢者、年々物忘れが激しくなってきた、自分ではレースが思うようにできなくなり、大きなことを言う訳ではないが“天下布武”をうさぎロフトや友人に託した。その結果うさぎロフトでは、昨日の初山別のレースで今朝4時過ぎに帰還GP同様うさぎロフトではトップで帰ってくれた、そして見事に3羽続けて記録した云う。大槻氏には感謝と早いかも知れないがおめでとう!!。私の代わりに“天下布武”をなしえたら、私は後はのんびり鳩レースを楽しみたいものです。今月末にはベルギーに行きます。今年は後約4回は行きたいと思います。        
5月8日(金)晴れ:
 福江365日+1:桜花賞もA・Kさんの圧勝で終わった。ミクロの世界を驀進するAさん、500KRG総合優勝の鳩が翌日自鳩舎1番手に帰還し一安心と話す。私のESPOIRスプリントのトップガンとファーストレディーの系統だと話す。今回もESPOIRの系統が絡んで鳩が活躍してくれたようだ。そっちがミクロなら俺は“ユニクロ”だし最近不調の自分の代わりに、私の作出鳩を友人に託して関東三大長距離に“天下布武”を目指す。        
5月1日(金)晴れ:
 福江365日+1:今日から5月。我慢に我慢した4月が終わり、とうとう待ちに待った長距離3本レースが始まります。1本目は桜花賞900Kに向け頑張ります、残った鳩は精鋭24羽ですが桜花賞には5羽を登録しました。今年はインブレックスが多く残り頼もしい限りで桜花賞らしく翔舞をしたい。        
4月24日(金)晴れ:
 福江365日+1:地区Nレースも終わりましたが、あいも変わらずそれなりの成績でした。29羽参加して翌日までに24羽と帰還率ではまあまあの気がしますが、人よりも20分も離されてくるようでは管理に問題があるのではないかと考えさせられます。今日から若鳩の舎外を始めました、総勢200羽強位いるかと思いますが6月までには半分以下に絞りたいと思っています、新たな取り組み中ですので之も仕方ありません。歌の文句ではないが“今に見ていろ僕だって!!”という気持ちで頑張ります。今年はとにかく私が作出した鳩が活躍してくれて大感激で、もしかして、もしかして?、“サンセバスチャン”“ルージュナタン”の孫が東海地区Nで私の誕生日に総合優勝したかもしれません、明日の発表が待ち遠しいです。“バースディー・ガール”誕生か?本人曰く小黒だから“ブラック・・・”でどうだいう、まずは吉報を頂きたい。明日は“うさぎ”とその仲間の皆さんとでのパーティーで、コンパ揃えて待ってます。        
4月19日(晴れ):
 福江365日+1:ベルギー最強!!、E・リンブルグ氏から頂いたゼネラルチャンピォンのメダルを目の前に飾って、今日は地区Nレースの持ち寄りです。参加予定羽数は29羽と之までにない羽数ですが頑張ります。長岡も桜が満開で今日は花見には絶好の日ですが、残念ながら横目で見ながら管理に汗をかいて弱気な気持ちぬいくぐって翔舞に。        
4月13日(月)晴れ:
 福江365日+1:昨日は、一足早く孫の怜哉の誕生日会の付録で、68歳の誕生日会をやって頂きました。いくら歳をとっても家族にお祝いをして頂けるのは有難いことです。又一つ歳をとったわけで、年々体力のおとろいを感じ、疲れが残ってしまいます。幸い鳩の管理の一部を仲間が手伝ってくれる事に成り、前よりは家内が楽になったように思われますし、仲間には感謝する次第です。昨日も書きましたが、我が友O氏の作出鳩の直仔がRGレースでベストテンに入賞したのだが、其の系統はデルバール&C・ヘベレヒットで作出者はM・ファンデンアベール氏作“スーパー・エスプリー号”でペルピナンN3位、ダックスN2位、孫はカオールN優勝!!、現在の日本鳩界で唯一の銘鳩です。大金を多く出した鳩が騒がれがちですが、自身と其のラインの活躍では“スーパー・エスプリー号”が、日本に導入された数多くのチャンピォン鳩の中でもナンバーワンだと私は思います。銘血M・デルバール皆さんはご存じでしょうか?。        
4月12日(日)晴れ:
 福江365日+1:最近はそれなりのレース成績しか出なくRGレースは1029羽中20位、過去の人となりつつ決して満足のいくものではありませんが、周りの仲間が自分の系統で優勝や好成績を上げてくれているので超満足です。茨城のうさぎロフトでGP連盟総合6位、三地区では総合8位(仮発表)、新潟地区連盟500KRG総合優勝、GPもRGどちらも“トップガン”&“ファースト・レディー”のエスポワールラインです。うさぎロフト(大槻氏)曰く今年は、RG、地区N、GPと例年になく入賞率が良いと大変喜んでおられました。日本の頂点にお金の金額ではなく、真の銘血で受賞して頂きたいものですし、又我が連合会のY氏RG1〜5位まで独占と一昨年から秋RG、春地区N、秋RG、春RGと総合優勝!!、昨日の電話で上位入賞鳩は“エスポワール系”が絡んでいる云う何とも涙の出るお話でした、有り難う御座いますと同時にRG総合優勝おめでとうございます。Y氏とはスタッサールクラブからのお付き合いですので17歳頃かと思います。家族同様のお付き合いをさせて頂いている親友ですし、長岡連合会を一緒に立ち上げてY氏には大変お世話になりました。今回のRG総合優勝はY氏が数十年前私の鳩“キャノンボール号”農林水産大臣賞全国優勝受賞以来、私に心に残る感動を与えてくれました。RG総合優勝おめでとうございます!!。うさぎロフト、我が連合会のY氏及び全国で“エスポワール系”を使用して頂いてる皆さんのご活躍をお祈り申し上げます。次回は地区N何としても過去の人には成りたくないものです。        
4月9日(木)晴れ:
 福江365日+1:鳥取湖南500KRGレースはAM6時45分に放鳩しました。どんなドラマが生まれるか楽しみですが、之から母上が施設から帰ってきますので忙しく昼は焼き肉をしながら帰還を待ちますが、その前に特製とんかつ弁当を食べることにしました。今日はじっくり孤独の戦いに挑戦です。放鳩地は微風の追い風と言っていますが?。        
4月8日(水)曇り:
 福江365日+1:冬に逆戻りしたように、昨日から寒くまたまた風邪をこじらせる事に成るかも知れない。持ち寄りも終わり明日を待つだけ、我が鳩よ、頑張ってくれることを祈ります。        
4月6日(月)雨:
 福江365日+1:今日は寒い、3月からの咳き込む風邪が治らず困っています、もう年なんですね?。500KRGレースの持ち寄りはいつになる事やら?。関東では、昨日多くの地域で持ち寄りがおこなわれたようですが、私の全ての親友、うさぎロフト(大槻氏)は、GPに100羽以上参加して鳩界のトップを目指します、RG総合2位、地区N総合優勝(3年連続)と合いも変わらずの強さには驚きます。仲間に励まされ、助けられている自分は幸せ者です。昨日は孫の怜哉が、燕市で行われた空手で驚くことに型で2位、組で優勝した。前日の夕方、私が頂いた桜花賞のカップを高々掲げて応接間に持ってきて飾った、明日の大会でこんな大きなカップを貰いたいと思ったのだろうか?。娘が撮ったビデオを見ると、右の拳が素晴らしく全ての5ポイントが足蹴りではなく拳でのポイントだった。またまた孫爺のバカがでてきそうな気配になってきた。表彰式では賞状とメダルを規律正しく両手でもらい、きちっと礼をした姿を見たら何故か?考えさせられる思いでした。孫には挨拶と礼儀だけは、人前でしっかり出来るようになってもらいたいと思うし、空手をあきらめないで、楽しんで続けてほしいものです。何故かというと?、娘には自分のいごで中学を卒業と同時に、親元から離れ一人で自炊しなければならない環境を覚悟の上、当時ソフトテニスの強豪の高田商業に入学させ、毎日が辛く泣きながらの生活だったらしく、今思うと大変苦労をさせてしまった。孫には楽しみながら自分の好きなことに、頑張ってもらいたいと思っているのだが、娘は何故か?、今は孫3人と之から生まれてくる4人目の孫の為にも、健康に留意して20歳を迎えるまで頑張りたいと思う。        
4月1日(水)雨:
 福江365日+1:今日から新学期が始まり、我が孫の愛心君は今日から保育園ではピヨピヨ組です。生後4ヵ月の愛心君、間違えてあいじんと呼んではいけません、あいと君と呼んでくださいと娘は保育園で話したらしい。それにしても、もう4月早いもので一年の三分の一を迎えます。今日は寒い中配合に精を出し5時まで昼飯抜きで頑張りましたが、まだまだほんのわずかで又、明日も頑張ろう気合を入れて!!。        
3月31日(火)晴れ:
 福江365日+1:アテスのチップトラブルが多くて困っていますが、当鳩舎は今秋からブリコンの変えます、連合会では私を含めて4名の会員がブリコン、アテスのデーターをブリコンに以降するのもスムーズに行われるようになり問題は何一つありませんし操作や感知の点に於いては最高ですし、ブリコンでは下取りセールをやって居ますので今がブリコンの変え返チャンスです。200K&300Kレース連合会連続優勝したもののまだまだという感じです、参加羽数は50羽と少なく慎重に参加していくことが第一かと思います。いよいよ500KRGレースが今週末に行われる予定ですが、今一天候が思わしくなく如何なる事やら?。此処にさん日暖かくようやく配合を開始しました。5月にはベルギーに行く予定ですし、7月バルセロナと8月と10月のゴールドウイング賞のセレモニーに行く予定です。5月には“キングM・ポリンの鳩が1羽55000円から分譲予定ですし、キングM・ポリン氏が特別配合したペアーも同時に入ってきますし、有名鳩舎&名の知れた系統を数多く格安で200羽位入荷予定です。今年も頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。町内会長を2年間やり今3月で退任しましたので、もう鳩&鳩で頑張ります。        
3月9日(月 曇り):
 福江365日+1: 早い、早いもので3月半ばに成ります。この秋から、自動入舎システムをアテスを辞めてブリコンに変更します。感知の良さと少しでも鳩の足に負担がかからない為にも軽いチップのブリコンに変更することにしました。2015年の春季レースの参加は50羽を予定していますが、訓練もままならぬ現状では先行き不安を感じていますが、関東の友人から総合優勝&総合優勝だ!、総合2位だ!等お電話を頂き自分も何とかメーンレースには格好をつけたいものだ。連盟も創設45年が過ぎ後5年もすれば50年という節目の年を迎える、元気で迎えられることを願う次第です。5月〜6月にかけてまたまたベルギーで楽しんできたいと思っています。さあ〜今週15日は高岡です、春の兆しとレースモードに成りつつ健康管理に留意して頑張ります。        
2月20日(金)雪曇り:
 福江365日+1:いや〜〜約1か月ぶりとなるかな?体調が今一と、ベルギーの鳩の祭典に行ってきました。あっという間に2月後半になり、今日から舎外開始ですが、まだまだ早すぎるようだとM・デスブクワ氏に言われたが、もうすぐに100Kの訓練が始まるのでそうも言っていられない状態です。M・デスブクワ氏がアデノの良い薬があると言っていましたので、レース終了後に5月&6月に行く予定で鳩の薬の良いものを聞かせてくれる言っていましたので勉強してきたいと思います。8月と10月にはゴールデン ウイング賞のスポンサーになっているのでどうしてもレース中ですが行かなくてはいけませんし11月にもいく予定です。2017年のオリンピアードはベルギーのブラッセルかアントワープで開催されるようです。今回はキングマルク・ポリン氏から格安にレート鳩を購入しましたが、まだ若いので5月までストックして頂きました、全て記録鳩の直仔で安いのには驚きましたが、今年もナチュラル社の作出鳩は65ユーロで販売されていましたし、有名な鳩舎でもレート鳩&若鳩は驚くような価格でした。再会を果たした、E・リンブルグ氏より昨年のビッグタイトル ゼネラルチャンピォンのゴールドメダルを頂きましたし、今年から、M・ポリン鳩舎ーG・セイズ鳩舎ーW・ファンデンマーレ鳩舎ーM・デルバール鳩舎ーG・インブレックス鳩舎ーM&Dデスブクワ鳩舎ーF・ラビュー鳩舎ーVSHファンブリュアーナ鳩舎ーR・デズメットマタイス鳩舎ーE・リンブルグ鳩舎ーJ&Jエンゲルス鳩舎ーV・ゴメール鳩舎に最近中距離にめっぽう強いアンドレ・モーネンス鳩舎や若手の鳩舎と交流をもつ機会に恵まれましたので順次紹介したいと思います。        
1月18日(日)雪:
 福江365日+1: M・デブクワ(デスブクワ)氏と友人のロニー氏との行動はあっという間の5日間でした。茨城・千葉・東京の関東一円の最強鳩舎の交流は心に刻み込めたかと思います。新潟の皆さんとの交流の中でデブクワ杯を出して頂きました、参加した皆さんは今年は燃えることと思います。来年も日本に来るというミッシェル氏は、今はブタペストのオリンピアード帰国後に私がベルギーに行く再開が楽しみです。ミッシェル氏の鳩学は、大変勉強になりました。今回の鳩の写真は“レオ”です。        
1月6日(火)雨:
 福江365日+1:新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。正月も終わったのに新年の挨拶に成りましたが、1月1日は恒例の新年会に東京に行って楽しんできましたが、その後は例年になく忙しい日が続き今日まで来たのですが、またまた、明日から東京でM・デブクワ氏一行を迎えに行きます。誠に残念なのはC・ヘベレヒッツ氏が母の入院でこれなくなったことです、期待して頂いた皆さんにご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。歓迎会は1月10日割烹中越で午後7時から行い、そのあくる日は協会の総合表彰式に出席します。雪が降らないことを願っています。今回紹介の鳩は14”秋RG総合6位の鳩で種鳩に落としました。”エスポワール系”の活躍に一役かってくれることを期待します。今年もあの壇上に上がれるよう頑張ります。        
12月23日(火)晴れ時々雪:
 福江365日+1:今回G・インブレックス鳩舎代表鳩導入に次ぎ、今回写真の鳩はM&Dデブクワ鳩舎の“DEN JHON”DC♂ M&Dデブクワ鳩舎作13”バルセロナN10685羽中137位、14”バルセロナN8764羽中952位、異父兄弟に“REMUS”バルセロナN227位、ポーN10位IN33位、、M&Dデブクワ鳩舎の代々長距離バルセロナ&バルセロナの系統だ。12月末には、M・デブクワ氏来日記念に、今年バルセロナ入賞鳩の中からデブクワ氏推奨鳩7羽が送られてくるので、特別分譲をすることになった。もともとM&Dデブクワ鳩舎は、父フレナンド氏がE・マテレヌ鳩舎の鳩とA・ゴーラン鳩舎(ステッケルボード系)の流れをくむ長距離系統で父の時代から超長距離のスペシャリストだったが、最近は中距離にも参加して大活躍を見てベルギーに於いて“オールランド”を目指している。来年ブタペストのオリンピアード超長距離部門でベルギー代表で世界の頂点を目指す。G・インブレックス氏といい、父から受け継いだM&Dデブクワ鳩舎、共にバルセロナ スペシャリストの二人のチャンピォン鳩を導入できる喜びを感じる。G・インブレックス氏から一足早い“メリークリスマス”のコールが来た。        
12月22日(月)雪:
 福江365日+1:昨日は、協会で全国品評会が開催されました。流石に美の祭典だけあってどの鳩も素晴らしい!!、大変良い勉強になりました。品評会審査中は、全国の参加された方々との話に花が咲きましたし、約45年ほどお付き合いある全国&東京の先生方2〜3名に鳩談義をお願いしたら快く承諾して頂き新春早々、エスポワール会主催で講師をお招きして鳩勉強会を開催をする運びになりました。最近は、勉強会等の集まりはしなかったのですが再活動をします。今回の写真の鳩は、二十世紀から延々と歴史を刻んで、今尚、第一線で活躍し欧州ではその名を知らない愛鳩家いない程だ。俺はジャルマン インブレックス!!、生きた化石言われる 銘系G・インブレックス氏作翔の左“ニコ・ナルボンヌ号”ナルボンヌF・C・W1819羽中優勝、N6933羽中9位、IN16098羽中総合9位、バルセロナ記録と右、“ニコ・クラジュール号”ソワソン670羽中優勝、オレルアン512羽中優勝、オレルアン1297羽中優勝、オレルアン946羽中優勝、オレルアン846羽中2位、シャトロー10719羽中67位、ビエルゾン2946羽中20位、スーラック189羽中優勝、N5667羽中179位、ツール118羽中優勝、5124羽中29位、カオールN8348羽中306位、カオールN8570羽中150位、バルセロナN8764羽中575位、と優勝6回!!、父親はG・インブレックス鳩舎スーパーブリーダー“CHクラジュール号”カオールBW優勝、N320位、ナルボンヌN134位、カオールN144位、ペルピナンN753位、ペルピナン169羽中優勝、N145位、IN317位、又異母兄弟に“ニコ・ブールジュ号”ブールジュN20172羽中6位、ノワヨン570羽中優勝鳩が居る“銘鳩アングレーム号”・“銘鳩フー号”・“銘鳩エスポワール号”・“銘鳩サンバンサン号”から延々と続く第二期黄金時代の代表鳩である。直仔、孫の活躍は数えきれない程多く、半世紀に及ぶ集大成の銘系統だ。すでに“ニコ・ナルボンヌ号”及び“ニコ・クラジュール号”の直仔は既にインブレックス鳩舎に於いて活躍し、G・インブレックス氏自身ナショナル優勝はないもののG・インブレックス氏から導入してナショナル優勝鳩は数えきれないし、特にバルセロナナショナル優勝鳩は4羽以上もいる、忘れる事の出来ないバルセロナ史上初当日N優勝・2位のE・ポシェ鳩舎だ。        
トピックス!!:
 福江365日+1:左の写真は世界的銘鳩”ニコ・ナルボンヌ号”B11−1513016 B ♂生きた伝説 G・インブレックス氏作 銘血インブレックス系、 ナルボンヌN6933羽中9位、ナルボンヌIN16098羽中総合9位、電撃導入!! 12月入荷予定、M・デブクワ氏&C・ヘベレヒッツ氏来日記念特別分譲!!!。100年の歴史、M・デルバール鳩舎、オールランド M&Dデブクワ鳩舎バルセロナ入賞鳩、生きた化石 G・インブレックス鳩舎、ローセンス後継鳩舎 L・マリット鳩舎など特別分譲&エスポワール ロフト作出鳩1羽10000円より歳末特別分譲中!!。        
12月19日(金)曇り:
 福江365日+1:昨日までは、雪かきや、雪下ろしなど毎日大変でした。家内曰く、我が家の玄関先は、何時も春先になるといいのだという。おやっと思ったが頑張るよりしょうがないと思い、歳を考えながらのそれなりの雪のけをいていた毎日でした。        
12月11日(木 雨):
 福江365日+1:町内会長をしていると、色々の出来事があるが今日も近所の方から、新築中の家の水道工事で勝手に道路を一日通行止めするのだという。建築当初からトラブルになっていたこの場所、大手だという”イシカワ”が受けてやって居るのだが”イシカワ”の現場責任者の呆れた対応には腹が立ったらしい。道路管理課に電話をして水道局の方が此の氷雨の中頑張ってくれたおかげで解決を見たのだが、それにしても一言もなくのうのうとしている“イシカワ”建築には呆れてしまう。今日一日つまらないことで終わってしまった。残念!!。        
12月9日(火)晴れ時々雨:
 福江365日+1:先週の週末は、異常なほどの寒波に見舞われ、寒さこらえて品評会の準備に追われました。主管新潟地区連盟で行われた羽越ブロック連盟の品評会は、雪国連合会の鳩会館で審査委員香取邦彦常任理事を迎えておこなわれました。“クイック スター”12DA50302 B ♂が総合3席に入賞したがその他部門1席が2つもありました。品評会は毎年開催することが一番で、来年も開催できるよう皆さんの御協力をお願いしたい。        
12月5日(金)雪:
 福江365日+1:今朝一番に雷が近くに落ちたらしく、大きな音が家に響いた。その後、白いものが降ってきました、之からが冬将軍の到来かと思うとため息がでる。戦前から始まり、シオン・ステッケルボード・デルバール・カトリス・ファンデルエスプト・ブリクー等の人達の交流から生まれた、優秀な銘血と言われる系統はそれらの人達の交流に交流を重ねて、多くの素晴らしい鳩が生まれ、その後永遠に語り継がれる素晴らしい鳩と鳩舎がレジェンドとなり現在に至っているのだと思う。おりしも私は、M・デルバール氏の息子ミッキー デルバール氏・ステッケルボードのフランシス ラビュー氏とは親友でベルギーに行けば、何時も歓迎をして頂いている。私が、900K羽越GP881羽中総合優勝し、分速日本新記録を樹立した“羽越号”は、父方はM・デルバール氏のバルセロナ10A号直仔×母方はステッケルボードの有名な“レミー号”の直仔の”ザーク号”とオスカーデフレンドの娘でした。ベルギーで訪問する鳩舎で故E・マテレヌ氏、故A・ブロンカールト氏等にこの話をすると、素晴らしいと絶賛して頂きましたことを今でも忘れる事が出来ませんし、E・デニス氏のホームページのヒストリーの中に私と“ザーク号”の名前を見る事が出来ます。私はそれ以来訪問する鳩舎に於いては、その鳩舎の根を導入することにしているし、私が日本でレースをしていることを教えることにしています。フランスのR・フェーベ氏からは、故R・シオン宅、G・セイズ氏からは、故ファンデルエスプト宅と故カトリス宅を数回(現役のときも2回訪問)、E・デニス氏からは故ヤン アールデン宅を私の勉強のために連れて行って頂きました。皆さんに感謝とお礼でいっぱいですし100年の歴史と伝説の巨匠R・フレーカー氏と今尚お付き合いが出来る私は幸せ者です。感謝。        
12月4日(木)雨:
 福江365日+1:週間天気予報によれば、今週は雪と雨まじりの予報だ。毎日毎日湿気の多い季節で鳩の管理には苦労するが、年を越して2月になれば舎外と訓練開始になるほんの束の間の冬眠に入る。前回のヨーロッパ旅行で約10か月ぶりに巨匠R・フレーカー氏にお会いしたわけだが、会うたびに年を取られた感じがした。今回も我々に合うのを楽しみにしておられた様で、自宅では最高級のシャンパンと湖畔のレストランに食事を誘って頂きました。今年で自宅からアパートメントに移られるそうで、会話の一つ一つに思い出を込めて話をされている感じがしました。R・フレーカー氏からは、思いでの賞状やトロフェーと記念の品を多く頂き、身に余る思いです。100年の歴史R・フレーカー氏の歴史を物語る1枚の写真がある、フランスのR・フェーベ氏から頂いた写真ですが、フランスのR・シオン氏と共に父とR・フレーカー氏とR・フェーベ氏がチャンピォン鳩の写真と共に収まっている貴重な1枚の写真を大切に持っている。巨匠R・フレーカー氏の後継鳩舎は今年超長距離ナショナル2位を受賞したし、其の銘血はゲールーウイナンツ氏や仲間たちにと受け継がれていくことだろうし、R・フレーカー氏が、100年の歴史の最後に、私に譲ってくれた最後のバルセロナ入賞鳩“CHコンソール号”の直系が当鳩舎で活躍することが、R・フレーカー氏に対してのお礼かも知れない。        
12月3日(水)雨:
 福江365日+1:東の山々はうっすらと雪化粧、今年は大雪なんでしょうか?。もう舎外は中止しtのですが、晴れ間があれば遅生まれの舎外だけはしたいと考えています。まだまだKBDBの表彰式の思いで話ですが、私たちの同じテーブルに、何処かでお会った事がある青年がニコニコと笑みを浮かべて私の方ばかり見るのです、はーて何処であったのかな〜〜と聞くわけにもいかず、只々考え込む私に話しかけてきた、100年を迎え昨年鳩界から引退された巨匠R・フレーカー鳩舎のハンドラー ゲールーウイナンツ氏だ、今は自分でレースをして今年の超長距離部門で2位に入賞したのだそうで、もちろんレースの腕は素晴らしいものを持っている青年で、使っている系統は全てフレーカー氏からの鳩だという。彼とは一度もフレーカー氏のところでは、一緒に記念写真は撮ったことがないので余り記憶に残らなかった。それにしても独立して早々KBDB超長距離部門2位とは恐れ入りました。おめでとうございます!!ゲールーウイナンス氏。        
12月2日(火)雨:
 福江365日+1:昨晩から、雨と暴風の日本列島の長岡、寒さこらえて頑張っています。M&Dデブクワ鳩舎のバルセロナ記録鳩を含めて20羽来るのだが、その中に2015年オリンピアード マラトン ベルギー1位“BOLLE WATTEN JUNIOR”B10−2155132の直仔も来る予定です、今ベルギーで飛びに飛んでる系統構成でメイク レジェンド、勢いを感じるデブクワ鳩舎だ。種鳩を導入する条件としてはその時代勢いがある鳩舎と飛び筋系統です。G・インブレックス氏は半世紀も経つ現在も活躍しており、生きた化石と言われています、其のインブレックス氏の源鳩はブリクー&シオンを主体としており、今尚、栗、シルバーなど色物は昔のシオンスタイルです。半世紀も経つがその遺伝子の強さが、レースに於いて好成績を現在でも残しているかも知れません。私の鳩舎はG・インブレックス氏の系統が源鳩で今尚導入し鳩レースの好成績と鳩の改良に取り組んでいます。先日、ある人と久しぶりにお話を出来る機会がありました、その話の中で種鳩導入は同じ鳩舎から1羽や2羽を導入しても結果が出るのは遅い、どうせ導入するなら同じ鳩舎から大量に導入して、その子を飛ばすことが簡明だと話をされた。私も同感でこれと思ったら多く導入することにしていますが、かぶれやすいのは自分だけではないようでした。もう12月そろそろ舎外も中止して冬眠に入る時期になりましたのでそろそろチーム作りに入りますし、来年度の配合を考え事にします。        
12月1日(月)曇り雨:
 福江365日+1:今、欧州でメイク・レジェンド、オールランド鳩舎、M&Dデブスクワ鳩舎、近年バルセロナでは断然強い男だと思っていたが、今年は何とオリンピアード マラトンベルギー1位に輝いた“BOLLE WATTEN JUNIOR”B10−2155132B雄 系統は今年度KBDBゼネラルチャンピォンに輝いた友人E・リンブルグ氏の最強系統です。E・リンブルグ氏もM&Dデブスクワ氏も20数年来の友人だ、此の2鳩舎の代表系統が来日記念に日本にやってきます。バルセロナN1〜2回上位入賞鳩・バルセロナN優勝直仔、オリンピヤード代表鳩直仔、エースピジョン鳩直仔等で20羽特別分譲です。又、来日記念に特別分譲も考えています。一昔、V・ゴメール氏は“クレスコップ号”等で中距離界で黄金時代を築きその後、中距離&長距離の二刀流をやってきた、バルセロナでの活躍はとても中距離で活躍した鳩舎には思えなかったのだが、数年前にまたまた中距離の世界、すなわちワンディーレースの世界に戻るや否や、その活躍は今や黄金時代を思わせるような勢いだ。ファンデンプール氏も逆で長距離界からワンディーレースの中距離界に転向するようだ!!。あのE・リンブルグ氏が言う俺はオールランドだと豪語するが、正にその通りで、其の後を追いかけるようにM&Dデブクワ氏が続くが、その二人は正にはたから見ても羨ましいほどの親友だ。時代の流れは変わってきた、ワンディーレースに欧州の人達は酔い渋れるのだろうか。        
11月30日(日)晴れ:
 福江365日+1:ここの所忙しい日が続いて、ふとカレンダーを見たら11月も今日で終わり、明日から12月で今年も残すところ31日となりました。11月14日に3250グラムの男の子の孫が生まれ名前は“愛心”君、娘夫婦が命名したので口出しは出来ませんが、名前のように育ってくれることを親として願っています。G・カルトース鳩舎のオークションが始まっていますが、良い鳩はカルトース氏の手元に多く在舎しているようで、前回のKBDBの表彰式にお会いしたとき2月に遊びに来れば分譲しますと私たちに話してくれました。現役の人がやるのは、所詮オークションはオークションでしかありません、何かと銘打ってやるのです、てっとりばやくいうと、不要な鳩の処分のようなものです。(ちょっと言い過ぎかな?、気にさわる人がおられましたらご勘弁ください)頑張るぞ〜〜〜。そして最近全盛期になりつつあるV・ゴメール氏の代表鳩の素晴らしさと、選手鳩の素晴らしさには驚きです。多くの鳩はゴメール氏の好みなのか灰の鳩が多く活躍しています、昔の“銘鳩クレスコップ号”時代が来る日も近いことだと感じました。ファンダイク氏と会場で話をすく機会がありましたので“デカプリオ号”の話をしたらもう雛が取れないようなことを話しておられました。次回のときに再確認をしてみたいと思っています。        
11月26日(水)雨:
 福江365日+1:おはようございます。KBDB(RFCB)の表彰式会場でKBDB会長Mr、ステファン氏を交えての記念写真です。KBDBの会長とは意気投合し、私ども日本からの表彰式&パーティー出席に大変喜んでいただき、親しみやすい紳士の会長ステファン氏です。来年M・デブスクワ氏が来日するわけだが、E・リンブルグ氏も同行できず残念がっていたが、2016年は日本に来たいと話しておられました。来年は、JAPANゴールド ウイング会なるものが設立できるよう頑張りたいし会長E・メイレン氏も日本に来て頂きたいものです。E・リンブルグ氏より自信作の3羽を特別分譲して頂いたので興味のある方はお問い合わせください。M&Dデスブクワ氏より来日記念に特別にバルセロナ1回〜2回入賞鳩を7羽等を分譲して頂きましたし、M・デルバール氏よりセレクトした鳩10羽入荷予定です。        
11月23日(土)雨のち晴れ:
福江365日+1:今秋は400KRG総合6位、9位に終わりましたが、若鳩連盟ASピジョン2位でした。ところが、またまた思ってもいなかったのですが新潟地区連盟最優秀鳩舎賞年間2位という思わぬ結果に驚いています。先日のベルギーでKBDBの表彰式の席上でまたまた思わぬことがおきました。ベルギーナンバーワンに輝いたE・リンブルグ(ランブール)氏より受賞したばかりのジャルナック優勝メダルを頂いたときは、周りの方々は驚きと同時に拍手を頂き感激とE・リンブルグ氏曰く小黒とは20年来の友人だと話す。昔導入した“ロードモッタ号”“タンメ号”等を今でも忘れないでいてくれる、そしてそのラインはKBDB長距離エースピジョン1位だという。表彰式終了後は二次会です、エリック、ミシェル、を始め多くの人達とアントワープの酒場で深夜2時まで踊りまくりが背の低い私は、山の谷間のようで女性の胸元だけが目に入り目が疲れました。今、ベルギー鳩界も時代の流れのように変わりつつあるように思われました。ベルギー鳩界も高齢化が進んで強豪、名門と言われたR・フレーカー氏・S・トーイ氏等の引退、近年若手の人達の活躍が目立ってきたし、ここ数年でガラッと変わるかもしれない。会場で長距離で有名だった人が、ワンデーレースすなわち中距離レースに変更するので長距離の鳩を全鳩買ってくれないかと話しかけてきた。日本でも同様なことが言えるかもしれないが時代は、ハイスピード時代に成って来ているのかも知れない。        
11月10日(月)晴れ:
 福江365日+1:最終400KRGは、28羽参加21羽の帰還を見ました。若鳩ASピジョンもタッチの差で連盟2位に終わり、明日はアジアの総会に出席して翌日ベルギーに出発です。前回は、ゴールド ウイングの表彰式でしたが、今回はKBDBの表彰式です。之で今年5回目のベルギーの旅となりますし、来年は2月&8月は友人と行く予定です。歳を取るごとに辛くなる11時間&2時間の旅ですが、歳に負けないよう頑張る次第です。11月11日(火)娘の予定日が今日まで過ぎてしまっている、ベルギーに行っている間に入院してしなければと言っている、心配なのだが仕方ない。娘が生まれる時も鳩&鳩の今思えばバカバカしいことで、病院にも行けなかった悔しさがあったが、今回の孫もいない間に生まれているかもしれない。何故か?人生同じ運命をたどる気がするが、たった一度の人生を悔やむことのないように生きていきたいものだ。G・インブレックスという男は欧州では、“生きた化石”と言われるほど鳩の世界では知らぬ人はいないし頑固者だが、又お人よしだ。今回も空港まで迎えに来て頂くのだが本当にありがたいことだ。        
11月8日(土)晴れ:
 福江365日+1:本日は、小浜RGレース:AM07時放鳩でした。長岡中央連合会は8鳩舎155羽参加で当鳩舎は28羽参加で当日19羽記録しました。連合会優勝はY鳩舎で分速は1156.750M、で1〜5位まで独占でした。私は6位、分速1156.210Mと9位1155.134Mで連盟では当連合会が上位独占に成るかもしれません。タッチの差は悔しいですが負けは負けでY鳩舎優勝おめでとうございます。今秋は、之まで9月、10月2回もベルギーに出かけレース処ではありませんでしたが、家内の頑張りで元に戻りつつあります、この調子でいくと元の自分のレースが出来ると思います。面倒なことは全部やめて、鳩レース中心の世界に入れればと思っています。今月の12日にはまたまたKBDBのセレモニー&鳩見学に出かけます、心配してくれているベルギーの友人に土産話が出来る喜びで今は家内に感謝しています。それにしてもY氏優勝と独占おめでとうございます、電話での会話したことの戦いはこれから始まります、来年は二人でお互いに切磋琢磨して目標となるものに向って頑張りましょう。今になって今春の悪夢を思い出すが、家内の体調が戻れば家を留守にしても安心ですし、何時も心配して下さっている茨城の大槻(うさぎ)氏には感謝申し上げます。来年の春の参加は少数になるかもしれませんが頑張りますし、今回の6位の鳩は“エスポワール系”で9位の鳩はA・シモンズの“ウエリー号”の直仔と美翔”の娘の配合で6位も9位も長距離ラインとのクロスの“エスポワール系”でした。        
11月5日(水)晴れ:
 福江365日+1:晴天の今日は絶好の訓練日和だ。後残すところRGレースのみとなりましたが、興奮さめやまぬところ、先日の隣の連盟の菊花賞総合優勝鳩の系統は、デルバール&カルトースの“エスポワール系”の系統だ。菊花賞総合優勝おめでとうございます。現在私も、インブレックス主体にデルバール・カルトース・デブクワ・ラビュー・ミュラーのラインに重きを置いて来年は作出しようと思っている。何とか自分自身の満足のいく鳩を作りたいものです。        
11月3日(月)雨:
 福江365日+1:祝い、祝い&祝いでした。昨日は自分ながらの感動と感激の一日でした。こんな日は盆と正月にも無い最高の一日で、5時過ぎに藤澤氏から、かすれ声で喜びの電話がかかって来た、天皇賞男藤澤先生おめでとうございますと電話越しにお祝いの一言、家内も電話でお祝いの一言を言う。何故か?胸騒ぎがしたのかもしれないが、息子と朝天皇賞は藤澤先生の馬だと家内に豪語話していたのだ。後方から一気のごぼう抜き、スキットする勝ち方に尚一層の感動で、興奮さめやまず状態で 寝床についたが、またもや400Kレースでぶっちぎりの総合優勝しましたと電話が入った。もう昨晩は、自分の事のように興奮と感激&感動で眠れなかった、長い夜でした。最近の自分は、不甲斐無いレースばかりで結果が伴わないことだらけ、もう忘れられてしまった存在で情けなくなります。だけど、うさぎさんや友人たちの活躍を聞くと、自分も頑張る力を頂いているようで張り合いが出てきました。今週はRGレースがあります、何とか恰好はつけたいものです。        
11月2日(日)曇り晴れ:
 福江365日+1:祝・第150回天皇賞4番スピルバーグ ごぼう抜きの1着!!、約1週間ぐらい前になるか、藤澤先生と電話で会話した矢先でした。藤澤先生に、最近新潟はめっきり寒くなったので朝の舎外のときは、藤澤先生からプレゼントして頂いたジャッケットを着て頑張っていますよと会話を交わした。藤澤先生も、俺も頑張るよと、先日話したばかりの調教師:藤澤 和男先生、天皇賞1着おめでとうございます。お見事!!。万歳&万歳。私も頑張らなくては。        
11月01日(土)雨:
 福江365日+1:最終レースが、今週実施される予定でしたが、天候不順の為一週間伸びて来週末となった。ここ数年秋は、天候が読めないためと経費削減のために、距離を協会の規定に合わせて近くして持ち寄り翌日に放鳩とした。之も会員の皆さんの御理解と役員、特に競翔・放鳩委員長のお蔭と感謝申し上げます。福井レースは、若鳩30羽参加しましたが、ま〜ま〜の分速で安心しましたし、帰還率も30羽参加29羽帰りました。今月も12日からベルギーで其の前にRGレースが開催されればと思っています。遅生まれも2回訓練が終了しましたが、かなりの舎外失踪と思われ、羽数は100羽を切っていますが、この中から30羽残ればと思っていますし春につながればと思います。        
10月31日(金)晴れ:
 福江365日+1:家内も最近はそれなりに調子が良いようで、昨晩は久しぶりの小学校の同級会に駅裏の“日本海”で再開を楽しんできた。幼馴染と再開は人生の中でも心に残るもの、鳩の世界でも幼いころ鳩&鳩で遊んだ友人とは、何時合っても思い出話に花が咲くもので少しの間バックフュチャー。もう冬ですね?、山々は紅葉、空気はすがすがしく今が一年で一番良いかも知れないし舎外も空気が軽いせいか飛びが良い。やはり夏場は、湿気が多く空気が重く飛びが今一になるが、今の時期は本当によく飛ぶようだ。そろそろ二番手の訓練開始となるが何羽残るか心配だが、春につなげる為にも1羽でも多く残したい。        
10月29日(水)晴れ:
 福江365日+1:東海のK氏、最終レースRGはベストテンに5羽入賞と大変喜んでおられた。小黒のお蔭と盛んに電話でお礼を言って頂いて真に恐縮したのだが、さらに追い打ちをかけるが如く、私はK氏にジョーク交じりで、大勢人のいる前で話してくださいと言ったら、話したら俺が負けるじゃないかと大笑いになった。やはりK氏も、又T氏も使っていた。其のK氏、協会の日本優秀鳩舎に上位入賞間違いないのだが、もう一人私の友人にも頑張ってもらわないことには如何にもならない。デブクワ兄弟・へべレヒッツ氏がお祝いできるように頑張って頂きたい。来月は、またまたベルギーで、巷の話を聞くとベルギーに行って、俺は何百万の鳩を買ったなどという話を聞くが、如何聞いても首を傾げる話が多い気がする。道楽の趣味だから金は出し放題、言いたい放題と他人の金を使う訳でもなく、自分の金で好きなことをするわけだから、これでいいのかもしれないし、自分がそれに酔い満足すればいいのかもしれない。人それぞれの考え方であるので如何のこうのと言っても始まらない。頑張っていこう!!。        
10月28日(火)雨:
 福江365日+1:要約自分の調子を取り戻した気はするが、油断大敵で気を引き締めて頑張っていこう。巷では餌を戻すなどという話は聞くが、適切な予防をしていればレースはには支障が無いと思うが?。私の仲間達には、適切なアドバイス等をしているのでそんな話は聞かないし、今秋も成績が良いので安心だ。ベルギーに行くたびに友人から適切なアドバイスを頂き、予防薬も購入してきているのでひとまず安心です。来月はアントワープで行われるKBDB(RFCB)の表彰式に出かけるが、N・パーセン氏にお土産でも持っていこうと思うし、V・ゴメール氏やE・ランブール(リンブルグ)氏のチャンピォン賞の表彰式にできたら一緒に立ちたいものだ。何と言っても先のバルセロナ グループ主催ののゴールド ウイング賞の授賞式の感動が忘れる事が出来ず又、E・メイレン氏からグループ名の使用許可を頂いたことは光栄の至りで、日本にてJAPAN・ゴールド ウイング賞なるものが E・メイレン氏を招待して行いたいためにも、今回のKBDBの表彰式は汗だくだ句になるかもしれない。1月にはC・ヘベレヒット氏、M&Dデブクワ兄弟、K・ローセン氏 等5名の方々を日本に招待した、これらの方々はベルギーの最強鳩舎でありトップを行くフライターでありジャーナリスト達で大いに日本で寛いで頂きたい。        
10月27日(月)雨:
 福江365日+1:昨日は、福井の菊花賞レースが実施されました。午前7時に放鳩され我が家には10時39分に一番手が帰ってきました。若鳩30羽参加、当日26羽、翌日2羽で合計28羽でようやく思った通りに 行った。度重なるベルギー出張で思うように管理できなかった自分だが、少しは良くなってきた家内の協力で9割以上の帰還率だ。この春は正直言ってもう鳩レースは限界かと思った時もあったが、こうして家内の協力を頂き最悪の状態を脱出できる時に来た。だけどRGレースまじかにベルギーに行かなくてはならない此処に来たらRGレースは是が非でもやりたいものです。日本人で初のゴールドウイング賞の表彰式の壇上に立ちバルセロナ レースの強豪たちと過ごせたことは思い出になるが、N・パーセン氏のゴールド ウイング賞を持ち上げた表情には感激の涙がうっすりと光って見えた。